飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞

野党共闘して安倍政権打倒!「オリーブの木」市民連合政府樹立!改名した自由党!民進党に奮起を促す!

✖米軍、最強の非核爆弾を初使用 アフガンのIS空爆で US uses its largest non-nuclear bomb against IS

2017年04月14日 11時20分10秒 | ●政治・時事問題・野党連合
米軍、最強の非核爆弾を初使用 アフガンのIS空爆で US uses its largest non-nuclear bomb against IS

2017/04/14 に公開
米軍は13日、非核兵器では史上最大の爆弾とされる大規模爆風爆弾(GBU-43/B Massive Ordnance Air Blast)、通称「MOAB(モアブ)」を、アフガニスタンのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」施設に対し投下した。同爆弾の実戦使用は初めて。米国防総省が発表した。アフガン駐留米軍の声明によると、MOABは同国ナンガルハル(Nangarhar)州アチン(Achin)地区で午後7時32分(日本時間14日午前0時2分)ごろ、ISの「トンネル複合施設」に対し使用された。米空軍報道官のパット・ライダー(Pat Ryder)大佐によると、MOABは実戦配備された中で最大の非核兵器。また国防総省のアダム・スタンプ(Adam Stump)報道官は、投下したのはMC130特殊作戦機だったと明かした。アフガン駐留米軍を率いるジョン・ニコルソン(John Nicholson)司令官は、アフガニスタンのISが劣勢に追い込まれる中で即席爆発装置(IED)や壕(ごう)、トンネルで防御を強化しており、これらを排除し攻勢を維持するためにも、MOABは適切な兵器だと強調した。MOABは「すべての爆弾の母」を意味する「Mother of All Bombs」の頭字語でもある。2002~03年、米主導のイラク進攻の前後に開発が急速に進められた。

 映像は米空軍が2003年に行った大規模爆風爆弾の実験。(c)AFP

2017年4月14日

The US military drops the largest non-nuclear bomb ever deployed in combat, targeting an Islamic State complex in Afghanistan, according to the Pentagon.

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆Inside North Korea: VICE N... | トップ | ◎UPLAN 東京地裁103号法廷を... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。