飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞

●野党連携●原発廃棄●憲法九条遵守●ベーシックインカム制度を導入して少子化高齢化の安心を保証する福祉社会を樹立しまいか!

◆国難突破か 自己保身解散か/小池百合子の「踏み絵」/第三極は市民と野党 平野・早野・鈴哲の永田町フ~ゥン録

2017年10月08日 20時34分24秒 | ●政治と市民運動

国難突破か 自己保身解散か/小池百合子の「踏み絵」/第三極は市民と野党 平野・早野・鈴哲の永田町フ~ゥン録

. デモクラシータイムス
 お待たせしました!乱世の永田町なら、この3人組にお任せください。国会の裏に通じた平野貞夫、早耳の鈴木哲夫、横丁の隠居早野透。突然の解散は、議会政の根幹となる憲法の少数者の臨時国会召集権を否定した。もはや政権の独裁である。この選挙は、「国難だよ」平野のボルテージは上がる。さて、小沢と接触していた前原はある日を際に接触を断った。小池の希望の党の登場が安倍打倒戦略に動揺をもたらし迷走が始まった。小池と前原、二人を熟知する3人の人物評は辛辣。閉塞した状況を突破した立憲民主党、枝野と背を押したのは誰か・・。 みっちり中身の詰まった1時間。さあ、選挙にいこう!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ノーカット】党首討論会@日... | トップ | ★小池百合子の希望の党から上... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。