ぽわわわっわーん

精神疾患です。薬でおちついてます。日常のことまとめたい時に書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親という存在と集団になりたがるところ

2017-06-29 00:53:06 | 近況
私は精神疾患があるので、親に頼りきりだった。


どーしても、一人で住む勇気がなかった。


やっと、半年前に独り暮らしを始めた。


ものすごく、楽になった。


親が躁鬱で目まぐるしく気分が変わるのが、負担になってたのだ。


独りになり、激しい感情の人と付き合わなくてよくなって、落ち着いた。


実家に帰ると30分でねをあげたくなる。


でも、親って気になるのだ。


落ち着いてる時は、まともなこと、いうから、どういう印象をもっていいか、わからない。


とんでもないこという、時もある。まともに、受け止めると、どうかなりそうな時もある。


でも、話をしてて、気になるのが、親なのだ。


考えようによっては、やっかいな存在ですね。


私も、話し相手みつけて、頼らなくてもいい関係をつくらないと、いけないですね。


話をきいいてもらう相手として、頼ってるとこあります。


就労移行支援で、友達をつくりますか。


でも、友達いうてもね。何がしたいわけでなし。難しいです。


求めてるわけではないんですね。でも、喋りたい人というのは必要で。


集団になりたがる、本能なんでしょうね。


猿の群れみたいなものです。


でも、もう40代なので、友人とか、みつけにくいです。


あー、難しい。


家族とか、お酒やめて感覚が普通になって、欲しくなってるんでしょうね。





ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この1年の病気に対する、自... | トップ | 今考えると、お酒ってそれだ... »

コメントを投稿

近況」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。