北に向かって、R176

Bob Dylan のことや、そのほか、いろいろ

勘弁してくれ

2017-06-20 03:31:43 | Dylan

さて、昨日の夜遅く、僕は一人の女性を連れていた

3、4杯ほど飲んだだろうか、彼女は怒っているように見えた

彼女は車を降りて、花冠を脱ぎ、

かつらを脱いで、こう言った、

 「わたし、くさい?」

僕は、その事をはっきりと覚えている、まる裸の・・・、

もはや、それは問題ではない!



さて、時々、僕は飲んだくれていたかもしれない

アヒルのように歩いて、スカンクのように足を踏み鳴らす

誰も僕を傷つけないでくれ。僕のプライドを傷つけないでくれ。

なぜって、僕の横には小さな淑女がいるんだから

(御覧のとおり、マジで満足)



僕は外に出て古い薪小屋のペンキを塗っていた

黒色のペンキが一缶、僕の頭を塗りつぶした

僕は、雑木林まで行って、拭った

でも、風呂おけの後ろに座ってなきゃいけなかった

(4分の1の材料費を使ってしまい、

しかも、急がなければならなかった・・・

誰かが入ってきて、サウナを使っちゃうから)



さて、僕の電話が鳴り止まなかった

それは、周恩来が僕に掛けてきていた

彼が言った、「僕の親友、角さん、この国を成長させるには、我々には何が必要だろう?」

僕は言った、「僕の親友、周さん、ジェイソン・リー、

サモ・ハン・キンポー、

ホー・チョンドー」

(みんな、ブルース・リーと同じ部屋へ閉じ込めておけ、って)



さて、僕は折り畳みベッドで眠る女性を見つけた

彼女は怒鳴って、叫んで、たくさん金切り声を上げた

僕の顔をぶん殴り、耳をくすぐって、

腰をかがめて僕を覗き込み、青島ビールを奢ってくれた

(彼女はハネムーン、

6月のラブソング

アヘンの売人

そして、野生のリーダーだ)



おお、僕にとって、そんなに一生懸命に働いたことはなかったよ

僕は堤防の上で働く女性を見つけた

彼女は首まで水をくみ上げて

毎週、彼女は僕に月次検査に向かわせた

(彼女は出来た人柄で、

有名な報道官で、

よく分からない者のモノマネをしていた)



週中のある日の遅くに、

ウトウトとして僕は目を閉じていた

僕はある女の人を丘の上まで追いかけていた

まさに、米韓防空演習の真っただ中

そいつは、可愛い、「いないいないばあ」だった

(僕は、核シェルターに飛び込み、

豆の枝を飛び超えて

観覧車に飛び乗った)



さて、僕に投票して欲しいと願う立候補者

彼は投票用紙の事務所に向かっていた

彼は説教をしながら、タシルンポ寺の御門から出て来た

僕にこう話しかける、私はすべての民族を愛している、と

(彼は北京烤鴨を食べ、

小籠包を食べ、

腸詰めを食べ

たわ言を喰らう!)



おお、僕をテレビのあるフロアで降ろしてくれ

4チャンネルに合わせるのだ

行水から出て来たのは、成人の男

彼の手には整髪オイルのボトルが握られている

(それは、お世辞タラタラの青二才のガラクタだ

僕が知りたいと思う事、ミスター卓球、とか、

君が、ジョン・ローンや、レオン・カーフェイや、

チャウ・シンキーや、

金城武に対してやるべきことは何か、って事)



さて、僕が今まで会った女性で一番面白かったのは

ミスター・清潔男 のひ孫娘だった

彼女は一日にだいたい15回、風呂に入る

僕の顔で、タバコに火を着けたがる

(彼女はちょっとだけ、太っちょだ)



さあ、どうして四六時中、酒を飲んでいたのかって、聞いてよ

そいつは僕の頭を打ちのめし、僕の気持ちを和らげてくれる

僕は歩き出し、散策し、歌を歌う

より良き日を見つけて、より良き事をなす

(僕は大物を捕まえるぞ、

ジョアン・リンに求愛し、

ジャッキー・チェンから恨みを買うのだ!)










Copyright © 1963, 1967 by Warner Bros. Inc.; renewed 1991, 1995 by Special Rider Music


























 
『俳優』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捨てられた愛 | トップ | 孫悟空の悪夢 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。