笑うかどには福きたる

日常生活で見たこと、聞いたこと、感じたことを牧歌的にのんびりと書いています。

「真田丸」 ~あぁ、これが「ロス」なのね・・・

2016年12月24日 23時18分28秒 | テレビ

真田丸、終わっちゃいましたね~。
毎週日曜日の放送が楽しみな大河って、ホント何年ぶりでしょう。
これまで真田一族ノーマークできた私にとって、現地に行ったり本を読んだりと、本当に楽しい一年でした。

さてさて、今日の再放送もしっかり見たし、30日の総集編もしっかり見るし(^_^;)
クリスマス前夜、大晦日前夜と、もうしばらく真田丸ワールドに浸っていたい2016年の年の瀬でございます。

単騎で徳川の陣に突進する信繁に「初めて自分で選んだ人生に突き進んで」いく、まさに主人公の姿を見ましたよ。
最終話のそれもほんの10数分、堺信繁がようやく物語の中心に立ったのです。
腹の底から野太い声を出す堺さんにもシビれましたわぁ。

目指すわぁぁ、家康のくびぃぃ、ひとぉぉぉ~つ!

という訳で、先ほどワタクシ自宅PCのスクリーンセイバーを「真田丸」夏の陣・騎馬武者仕様に変更。でもって、来年また真田祭りに行こうかなぁ、などと思ったり (ドラマ館ないけどね)。

ところで信繁は打ち取られたというのが通説のようですが、あちこちに供養塔はあっても墓所はないようですね。なのでドラマのように佐助が(その首を)持ち去り、しかるべき場所に埋めてしまってもいいわけです。

信繁の最後は、ただ静かに安らかに終わらせてあげたい。

そんな終わり方にした三谷さんの信繁への愛情を感じたと同時に、佐助の年齢55歳には「わはは。三谷さん、最後の最後にこんな風に自分を突っ込んできたか」と(^_^;)

そして信之の六文銭の音。信繁が最後に信之に呼びかけた「兄上」という声に聞こえました。。

堺さん、皆さん、一年間本当にお疲れ様でした。
そして素晴らしい作品をありがとうございました!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お悔み ~グレッグ・レイク | トップ | 「ちゃんとご飯を食べたほう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL