夢への道筋

青臭いけど、人が夢の実現のために発揮できる力って無限。夢を実現するための方法論について徒然なるままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

起業家が大切にしなければいけないこと

2011-04-03 21:15:58 | ちょっといいはなし
今回の震災は、日本の歴史的転換点になったんだろうと思います。

そんなことを考えながら、久々にブログを更新しようと思いました。

「起業家」について最近感じた3つのエピソードを。

(1)カルチャーについて

母親と久しぶりに話したのだが、超名門校に通っている三男の弟について話をしていたときに、その超名門校は「人のレベルが違う」という話をしていた。
どんなに勉強を頑張っても浮くことはないだろうし、勉強をやらなければいけないという気持ちになる環境なんじゃないかと思うと言っていた。
三男が超名門校に入学した時点で良かったなあと思っていたが、いい校風の学校に入って本当に幸せなことだなあと改めて感じた。

それを聞きながら、会社について考えてみた。

会社って、戦略も大事、お金も大事、提供している製品・サービスも、営業も大事出し、人も大事なんだけれども、やっぱりカルチャーって大事だなと思った。
素晴らしいカルチャーを持った会社は仮に一時的にお金がなくなっても復興できるが、その逆はないだろうなと思う。

思うに、ビジョンがカルチャーを作り、カルチャーが人を作り、人が戦略を作り、戦略が事業を作り、事業がお金を生み出すのがいい循環だと思う。

その会社のカルチャーを統治することが、起業家=創業者にとって結構大事なことなんだと思う。

おそらく、会社の歴史が長くなればなるほど、会社の規模が大きくなればなるほど、カルチャーは効いてくるし、変えるのが難しくなると思うので、何を許容して、何を許容しないのかをカルチャーに植えつけられるかどうかは結構大事だと思う。

起業家の日常的な行動・言動・判断、つまるところ起業家の人柄そのものがその会社のカルチャーに小さくない影響を与えることを自覚する必要がある。

自分が思うに、会社によっていろんなカルチャーがあっていいのだけれども、そのなかでも世の中に必要とされる会社のカルチャーとして普遍的に大事な要素が二つある。

それは、当たり前と言われるかもしれないが、「勤勉」と「倹約」。

いろいろ大事なことは局面局面であるが、会社のカルチャーとして大事なことをつきつめていくと、この2つが本質的に遂行されている会社が生き残り続ける可能性は結構高い。
後は、他の要素は、異文化融合をして多様性を持たせていくのが、会社を長生きさせる秘訣だと思う。

起業家は自分が「勤勉」と「倹約」を身を持って実践しているのかどうか日々問いかけながら、生きていく必要がある。

(2)即興性と計画性

自分でいくつか事業をしてきて感じたことは、成長性に必要なことは計画性(計画立案力・計画進捗管理力)であるが、生き残りのために必要なことは即興性(変化力)であり、この2つは相反する方向のベクトルなんではないかという仮説を持つようになった。

言葉を代えると、成長には、自分たちが伸びる市場に参入し、この方向でいけば右肩上がりになる勝利の方程式(変数とその相関関係)をある程度見極めた上で計画を作り、計画通りに物事をすすめることが大事だ。その道筋さえ見えていれば、後は資源の量(ヒト・モノ・カネ)を投下すれば、だいたいにおいて事業は成長する。(Happyになれるかどうかは一旦おいておいて)
これには、おそらく左脳的な力が重要だ。

一方、生き残れるかどうかは、上記の話とは関係はない。だいたいにおいて事業が死ぬときは、指揮官が想定していない事態がどこかで発生してしまっているからなのだ。その変化に早期に気づければまだいいのだが、だいたいにおいて、すぐに気付けず、気づいたときにはもはや手遅れの時が結構多いのではないか。事前に想定されている事態であれば、組織力でなんとでもなるのだが、想定外の事態が起きたときは組織は脆い。

だから、「いろいろな事態をちゃんと想定しておこう」というのも一つの真理なのだが、もう一つ、想定していない事態に対応できる力も必要になる。

それが「即興性」だ。こっちは右脳的な力だ。

感覚的には計画性は正規軍が得意とし、即興性はゲリラ部隊が得意とする。海軍と海賊とも言い換えられる。

ゲリラ部隊では成長は難しい。というか、無理がありすぎる。しかし、ゲリラ部隊はしぶとい。

起業家は得てして即興性には強い。しかし、計画性に長けている人は限られている。それが、成長し続けられる会社が少ない一因だ。また、創業者が第一線から退いてダメになっちゃう会社もある。それは大きな組織では、時代の変化に対応する即興性が出しづらいからだ。

起業家は、「計画性」軸は人に任せちゃうのがいいのだと思う。その代わり、即興性が必要なシーンでは自分が組織を担保すべきだ。

こういう観点で自分の会社をしっかりと見ることができるかどうかが、起業家がその会社に必要とされ続けられるかどうかの分かれ目だろう。


(3)ゼロの状態を知っているかどうか

起業家が会社をはじめたときはゼロの状態だ。今ではどんな大きな会社もその道を通ってきている。

ゼロの状態を知っていることは、組織の方向性を判断するときに非常に重要だ。

なぜならば、何かをやめる判断をするときは、ゼロの状態よりもプラスになりうるのかそれともプラスには絶対になりえないのかで判断できるからだ。
言葉を代えると、原点をしっているかどうかになる。原点があいまいになると、たいてい組織は迷走する。

明治維新の修羅場をくぐった人たちが引退した日本政府や軍は迷走したんだと思う。戦後の焼け野原で創業した人たちいなくなった会社も同じようなものだろう。

アメリカがすごいと思うところは、アメリカ合衆国の独立宣言が今もアメリカ人もしくは世界の人々が大事にしていて、共感しているからだ。

自分は、自分が立ち上げた事業・サービスがゼロだったときをいつも思い浮かべる。そして、自分たちが世の中を幸せにしている(もしくは幸せにできる確信がある)限りはいいのだが、原点と比較して、その確信が持てなくなると事業・サービスの存続について真剣に考えてしまう。

おそらくそれは経営者的な観点とは違うのだろう。

ステークホルダーの利害を最適化しながら判断するのが経営者だとすると、起業家は自分が事業を立ち上げる前のゼロの状態と比較しての判断力が必要とされるのではないだろうか。
常に原点をアクティブな状態にしておくことが起業家には求められる。


今回の震災でが、いろいろな人達の原点になるのではないかと思う。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

起業家としての戦い方

2009-12-13 22:39:58 | ちょっといいはなし
時代を先取りし過ぎて負けるのは起業家らしい負け方だ。時代に追いつけず負けるのは起業家ではなくなってしまった瞬間だ。

時代を先取りするにしても最低限のルールがある。それを板倉氏の
「社長失格」を読んで学んだ。

①外部資金に依存しない(コントロールできる範囲しか調達しない)
②市場規模を無視した予算(特に売上計画)をつくらない
③顧客、従業員を軽視しない(VC、銀行、證券、メディアばかりに時間を割かない)

この3つさえ出来ていれば、あとは自分の信念を世に問うために邁進するのみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経営と仕事の違い

2009-12-12 04:15:03 | ちょっといいはなし
今日はタクシーの運転手からのいい話を聞けた。神の啓示かもしれないと思った。

このタクシー運転手は、資産家で、年に3本ぐらいの設計の仕事をしていて、家族5人のガソリン代だけで毎月25万円ぐらい使っていて、奥さんはジャガーに乗っているらしく、彼は仕事をする必要がないのだが、2年ぐらい遊んでいたら、人間がダメになってしまったので、毎日仕事をする必要性を感じ、タクシー運転手をしていると言っていた。

彼は、自身はITのことは分からないが、ITの会社の経営をすることは出来る自身があると言っていた。彼自身は、設計の仕事をしていたときに、設計の仕事は良くできたが、経営がその当時出来たかというと、経営はできていなかったと言う。


彼は、「仕事」と「経営」の違いに気づいたという。

僕は彼に「経営とは何ですか?」と思わず本気で聞いてしまった。
彼は、「ヒトをつくることとヒトを使うこと、それに人間性を磨くこと」だと答えた。思わず僕は「深いですね。」と言ったら、彼は「これは当たり前のことで、実は浅い話だよ。」と返されてしまった。

「孫さんや三木谷さんと同じぐらい堀江さんは頭がいい人だったが、人間性では彼らの方が上だったんだろうね」と言っていた。


そして「仕事ができる社長は多いが、経営が出来る社長は少ない。」とトドメの言葉をもらった。

要は「ヒトをつくることとヒトを使うこと、それに人間性を磨くこと」のはずなのだ。

今日は、何だか原点を改めて考えさせられるきっかけをもらった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事業の質

2009-11-15 22:58:22 | ちょっといいはなし
システムをつくるときには、提供する機能が同じだったとしても、同時アクセス数や会員数によって、難易度が大きく異なる。

少ない同時アクセス数や少ない会員数では発生しなかった問題が大規模なサイトでは発生するし、気にもしていなかったことを気にしなければならない。システムテストの内容も異なる。かかわるプロジェクトメンバー数も多くなる。


小ないユーザー数ではシステムがうまく回っていたとしても、ユーザー数が増えた途端にシステムにいろいろな隙がみつかってしまう。インデックスをはり忘れたり、apacheの設定が甘かったり、ロードバランサーの設定も大雑把過ぎたり、テーブルレイアウトがもう少し工夫できたり、そのコードはそうは書かないだろうという細かい実装の問題だったり。。。

そうしたシステムは、たとえビジネスとしてその規模の想定している範囲内においてうまくまわっていたとしても、ユーザー数が増えるとともに隙をつぶして進化し続けたシステムに比べると結局のところ質はよくない。



最近これって事業にもあてはまると感じることが多い。

売上・案件数が少ないうち、クライアント数や社員数などかかわっているステークホルダーの数が少ないうちには気づかなかった問題が事業が成長するとともに、いろいろ発生してくる。


まったく同じ機能を提供する事業だったとすると、売上1億をまわしている会社と売上100億をまわしている会社では、社員数やクライアント数の違うため組織設計や業務設計はそもそもおおきく異なるだろうし、それだけでなく、クライアントに対するコミットメントや社員に対する期待値も結構大きく異なることが多いと思う。

一概に売り上げの大小で決まるとも思わないが、一般論として売上1億の会社よりも売上100億の会社の社会的責任はかなり重いからだ。


No.1になるためには、その事業領域で最も責任意識の強い会社にならなければならないと思う。No.1になるためには最も強い意識を持たなければ顧客の絶対的な信用は得られないだろうし、No.1の会社に対しては顧客もより厳しい要求をする。

これを乗り越えられてこそ、高い「事業の質」になると思う。

この責任を果たす覚悟がない会社は、事業の質は上がらないだろう。

価格を下げることで多少のミスには目をつぶってもらおうという意識を持ち、それがさらなる価格の下落につながってしまう状態は、極めて低い事業の質だと思う。そんな事業は持続可能ではないというのが競争原理なんだと思う。



自分のやっている事業が2倍・5倍・10倍・100倍になったときに、どのような「事業の質」が求められるのかを真摯に考えて、着々とそれを実現するための準備を進めていくのが事業の責任者のあるべき姿なんだろうなと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の気になる数字

2009-11-15 22:18:03 | ちょっといいはなし
最近、新聞やWEBのニュースで気になる市場数字をクリッピングしていたのですが、その一部を列挙してみます。

■今週の日経新聞で気になった数字

<11月8日(日)>
ホンダ国内生産の輸出は08年5割超→2割まで減らしたい(伊東社長)

<11月10日(火)>
上位10車種販売台数シェア 07/10:30%未満→09/10:40%以上

中国自動車販売台数1月~10月累計1089万台(年間1300万台突破見通し)

<11月11日(水)>
車・電気10年3月期費用削減約5兆3600億(従来の120%積み増し)

10月工作機械-42.6%(昨年同月比)国内-55.8%/海外-32%

09年9月時点スタバ1.6万店(うちUS1.1万店)

インスタントコーヒー市場210億ドル(世界)21億(JP) 6億(US) (シュルツCEO)

<11月12日(木)>
全国コンビニ店舗数4.5万
 セブン 28%
 ローソン 22%
 ファミマ 17%
 サークルKサンクス 14%
 ampm 2%

マツダ09年度中国販売18.5万台(昨対比37.5%)

インド10月新車販売16.8万台(昨対比33%)4-10月累計105.2万台
ベトナム0月新車販売1.2万台(昨対比103%)

<11月13日(金)>
ソニー連結売上の2%程度が情報システムに投じており保守や運用にかかわるコストは年間1000億円を上回っている。
HP:05年に売上高の4%だった情報システムの運用コストを08年には同2%以下に抑えたという。

電報:市場規模は現在520億円 (ソフトバンクが参入)

<11月14日(土)>
全上場企業4-9月売上199兆(-22.6%)経常利益5.4兆(-60.8%)
※業種別では「医薬品」のみプラス
全上場企業09/04-10/03月売上423兆(-12.0%)経常利益12.0兆(1.4%)

コンビニ都内店舗数
 セブン 1650
ローソン 1250
 ファミマ 1150
 ampm 550
 サークルKサンクス 650
「コンビニは5万店舗で完全に飽和」(ファミマ上田社長)
電博ネット関連の売上高
D 9年3月期1500億→14年3月期2500億
H 9年3月期600億→14年3月期1200億

<11月15日(日)>
冬のボーナス 736,453円昨対比-14.04% 夏比0.67 平均年齢38.3
08年度ホンダ二輪車地域別販売台数
 アジア 752.3万台(昨対比13%)
 日本 23.2万台(昨対比-25%)
 北米 32.0万台(昨対比-29%)
 欧州 27.6万台(昨対比-12%)
環境関連VC投資09/1-3月 11億ドル 09/7-9月17億ドル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加