サッカールーの何でもござれ パート2

シドニー在住者のサッカーについてのざれごとです。

浦和v清水

2017-05-20 19:39:00 | 日記
今日のJリーグ第12節、浦和v清水は3-3の打ち合いで面白い試合だった。興梠のハットで本来ならば浦和の完勝のはずだが、森脇がいないせいか、槙野の寄せが甘いのか2-0からオープンな打ち合いになり、終わってみれば3-3のドロー。浦和にしてみれば勝ち点3を取らなければいけない試合である。

浦和は攻撃力はあるが守備が脆い。3バックが機能していないのか、CBのレベルが低いのか、GK西川が衰えてきたのか、とにかく今日のような試合を勝てないようではタイトルは取れない。しかしライバルの鹿島も怪我人が続出して負けだしたので浦和と鹿島以外が勝つかも。

さて興梠は絶好調である。ボデイバランス、ゴール前での嗅覚、フィジカルの強さなどなどさすがに現在の得点王だけある。代表にぜひ呼んでほしいものだ。

清水のチアゴ・アウベスは非常にいい選手である。クロスの精度、シュートの正確性など彼のクオーリテイは今季の外国人選手の中でトップではないだろうか。第10節から3試合連続で先発して3試合連続ゴールである。久々にレベルの高いブラジル人選手をみた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遼寧宏運 | トップ | U-20 WC 日本v南ア »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。