胃癌日記

45歳で胃がん印環細胞癌ステージⅠa腹腔鏡下幽門保存胃切除

手術法の違いによっての違い

2016-10-13 18:54:48 | 日記
今日仕事で同じ病気の方と話す機会があった。

ほぼ同じ歳、同じ女性、
3分の2切除で私と同じ、
同じ病院で、先生も同じでした。

ただ私よりちょうど1年前に手術したとのこと、

話しを聞いて行くうちに手術法が違っていた。

私は幽門保存胃切除で
幽門を残して、3分の2切除する方法だった、
幽門を残した為、胃の中で食べた物が中々消化されず、つまりがちで量が食べれない、、

その方は幽門側胃切除で、
噴門だけ残して3分の2切除の方法、、
その方の場合は食べた物の出口がないから、一気に腸に流れるので、食べちゃいけないものを食べるとすぐに下痢につながるらしい、、、

私の場合は逆に便秘だ、、、

他にも私はラーメン食べても大丈夫だが、その方はすぐに下痢になるのでだめらしい、、

あと体重が私は5〜6キロ減ですが、
その方は10キロも減ってしまったとのこと、、

私の方が少しは長く胃に留まるので、消化されて少しは吸収しているらしい、、

私も手術の説明の時に手術方法をどちらでもいいと言われたが、幽門を保存する方法を選んだ。

今となってみると、どっちを選んでも、いい部分悪い部分があるな、、、

ただその方は1年経って、普通に1食食べれるとのこと(消化の悪いものだとすぐに下痢)

私も1年経てば1食分食べれるのだろうか、、、


でも今日初めて同じ病気の方とお話しが出来て、わかる〜〜‼︎‼︎って思う事も多くなんか嬉しかった。

また機会があったらお話ししたいな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今になって思う | トップ | 癌検診 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。