真実を探すブログ(肉眼の奥に眠る心眼を啓きましょう!)

21世紀を迎えた愛の星ガイヤ地球!この星の次元上昇・地上天国実現に向け真実情報を看破・発信していきます!

次期米国政権をなんとしても奪還したい米国戦争勢力は、結局、選挙不正でヒラリーを強引に勝たせるかもしれない:

2016年10月14日 | 最新時事情報

我ら日本国民は第三次世界大戦を覚悟するしかない

新ベンチャー革命20161013日 No.1508
 
タイトル:次期米国政権をなんとしても奪還したい米国戦争勢力は、結局、選挙不正でヒラリーを強引に勝たせるかもしれない:我ら日本国民は第三次世界大戦を覚悟するしかない
 
1.米大統領指名候補・トランプの無力化にてこずる米国戦争屋
 
 今、米国では次期米大統領選が近づいていますが、米国を闇支配する米国戦争屋は配下の米マスコミを使って、猛烈な対トランプ・ネガキャンを展開中です。米戦争屋にとって、どうしてもコントロールできないトランプを簡単に無力化できないのはなぜか、本ブログ前号(注1)にてすでに分析しました。なぜ、無敵の米戦争屋はトランプに手を焼いているのでしょうか、そのワケは一言、トランプの背後には、米戦争屋にとって唯一、コントロールできない、あの露プーチンが控えているからです。
 
 万一、トランプの身に何かあったら、露プーチンが米戦争屋ボス・デビッドRFの秘密、すなわち、ケネディ暗殺や9.11偽旗テロの真相をばらす算段ができているのです。米戦争屋にとってもっとも困るのは、米国民の最大関心事であるケネディ暗殺と9.11偽旗テロの真相がばれることです。もしばれたら、米戦争屋は米国民の敵となってしまいます。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.米国戦争屋はトランプを敗けさせるために、大掛かりな選挙不正をやるだろう
 
 米戦争屋はトランプを無力化できないまま、米大統領選が予定通り行われることを想定して、かつてブッシュ・ジュニアを勝たせたときのように、今回の大統領選でも大掛かりな不正を実行する準備を整えているでしょう(注2)
 
 米戦争屋は米国官憲すべてを配下に収めていますから、選挙不正をやっても、官憲から手入れされることは決してないのです、要するに、米戦争屋の認めた違法行為はまったく摘発されません。
 
 したがって、選挙不正が通用しないくらい、トランプが圧倒的に集票しない限り、トランプは選挙で勝つことはありません。
 
 ところが、あれだけ、米マスコミがトランプのネガキャンをやっても、実質的にはトランプ支持が圧倒的という結果がネット投票で出ています(注3)
 
 したがって米戦争屋は、選挙不正しなければトランプが勝つことをすでに承知しているはずです。だからこそ、彼らは大掛かりな選挙不正を実行してでも、トランプを勝たせないよう手を打つということです。
 
3.米国戦争屋の目論見は、ヒラリーを選挙不正で勝たせて、米露戦争に突っ込む戦略か
 
 米戦争屋は2000年の大統領選の際、彼らの傀儡・ブッシュ・ジュニアを勝たせるため、大掛かりな選挙不正をやっています(注4、注5)。このときは、今と違って、当時のブッシュとゴアは僅差で競り合っていました。だから、選挙不正疑惑が表面化したのは、ブッシュ弟のジェブが州知事をしていたフロリダ州だけでしたが、結局、ゴアは引き下がっています、なぜなら、米戦争屋ネオコンから猛烈な恫喝が行われたからではないでしょうか。
 
 この当時の米戦争屋ネオコンの戦略は、彼らの傀儡・ブッシュ政権の下で、イラク戦争、イラン戦争を実行して、中東産油地域をイスラエル支配下に置くことだったのです。そして、イラク戦争、イラン戦争に米国民を引き摺り込むため、彼らは9.11偽旗テロを引き起こしたのです。
 
 このとき、米戦争屋ネオコンは、9.11テロの実行犯をアルカイダに仕立てたのですが、後に、アルカイダは米戦争屋の属国・サウジアラビアから闇支援されていたことがばれています。ちなみに、アルカイダは米国戦争屋の敵役傀儡武装集団であることをヒラリーが米議会でポロともらしています(注6)
 
 さて、今の米戦争屋ネオコンの企みは、彼らの傀儡・ヒラリーを次期米大統領にして、イラク、イラン、リビア、シリアなどの中東産油地域を広域イスラエル領にするべく、米軍および、その傭兵軍・日本の自衛隊や韓国軍をこの地域に派遣して軍事的に占領することです。
 
 ところが、彼らの戦略を阻止するため、ロシアもこの地域に進軍しています。そこで、米戦争屋ネオコンは、シリアを含む中東産油地域にて、米露戦争を引き起こすことも辞さないつもりです。
 
 近未来の米露戦争を想定して、ロシアは地下鉄の核シェルター化を準備しています(注7)
 
 また、ローマ法王は、すでに、米露の軍事衝突による第三次世界大戦の危機を警告しています(注8)
 
 いずれにしても、米戦争屋ネオコンの傀儡・ヒラリーが選挙不正でも勝てないほど、トランプが圧勝しない限り、近未来の米露戦争は回避できず、日本の自衛隊が巻き込まれる事態も回避できそうにもありません、ヤレヤレ・・・。
 
注1:本ブログNo.1507米国戦争勢力が親露・トランプを無力化できないのは、プーチンがケネディ暗殺や9.11偽旗テロの秘密を握っているから?:日本は北方領土返還の名目で口止め料3兆円をロシアに払わされるのか』20161012
 
注2:逝きし世の面影“米国には「二重投票」する有権者が100万人!?”20161012
 
注3:J-CASTニュース“米大統領選TV討論、ネット世論はトランプ氏「圧勝」 クリントン優勢はCNNだけ”2016 928
 
注4:2000年アメリカ合衆国大統領選挙
 
注5:ブッシュ対ゴア事件
 
注6:You Tubeヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った”2012524
 
注7:In Deepロシア非常事態省が「モスクワのすべての市民を地下シェルターに避難させる用意ができた」と発表したこと。そして、大地震の前の上空の電子数の変化が地震予知に使われるかもしれないこと”2016930
 
注8:本ブログNo.1446イルミナティの使者に貶められたローマ法王が第三次世界大戦勃発を宣言させられた:安倍政権の独裁を許す日本国民の犠牲は免れないが、自業自得と知れ!』201681
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米露開戦御魔吊りで、暫定大... | トップ | 精神と物質の分かれる前の「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL