真実を探すブログ(肉眼の奥に眠る心眼を啓きましょう!)

21世紀を迎えた愛の星ガイヤ地球!この星の次元上昇・地上天国実現に向け真実情報を看破・発信していきます!

米国戦争勢力が親露・トランプを無力化できないのは、プーチンがケネディ暗殺や9.11偽旗テロの秘密を握っているから?:

2016年10月13日 | 政治・世界情勢

日本は北方領土返還の名目で口止め料3兆円をロシアに払わされるのか

<button class="favEntryBtn favEntryOff" data-rapid_p="2">記事をクリップするクリップ追加</button>

新ベンチャー革命20161012日 No.1507
 
タイトル:米国戦争勢力が親露・トランプを無力化できないのは、プーチンがケネディ暗殺や9.11偽旗テロの秘密を握っているから?:日本は北方領土返還の名目で口止め料3兆円をロシアに払わされるのか
 
1.米共和党を根城にする米国戦争屋はアンチ・トランプであり、米民主党所属のヒラリーを支持せざるを得ない状況に追い込まれた
 
 本ブログ前号にて、トランプvsヒラリー対決の次期米大統領選について取り上げました(注1)
 
 今は、オクトーバー・サプライズ(注2)の真っ最中であり、何が起きても、オクトーバー・サプライズで片づけられる傾向が米国にはあります。そして、今、米マスコミ(米国戦争屋の配下)は猛烈に、対トランプ・ネガキャンを展開し始めました。
 
 さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、彼らの悲願は何と言っても、ポスト・オバマの次期米政権の奪還です。2009年より8年もオバマ米民主党政権(アンチ米戦争屋政権)が続いていますが、米戦争屋は米共和党を根城にしていますので、2017年の新政権は何としても、米戦争屋政権にして、米国を戦争国家に引き戻したいのです、その結果、米国民は再び、戦争に引き摺り込まれるのは目に見えています。
 
 このような米戦争屋の正体に米国の一般白人層はすでに気付いています。そして彼らは、米戦争屋が当初、傀儡化していたジェブ・ブッシュをまったく支持せず、結局、トランプが米共和党指名候補に生き残ってしまったのです。
 
 ところが、トランプは米共和党から立候補しているのに、非米戦争屋系であり、米戦争屋はトランプを非常に嫌っています。そのため、オクトーバー・サプライズの一環として、露骨にトランプおろしを始めました。
 
 ちなみに、ヒラリーは元々、米民主党に放たれた米戦争屋のエージェントですから、彼女を米戦争屋の傀儡大統領にするのは簡単ですが、あいにく、ヒラリーは米戦争屋系ではない米民主党所属なのです。にもかかわらず、米戦争屋はやむを得ず、ヒラリーを支持せざるを得ない状態です。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.トランプを強く嫌う米国戦争屋はなぜ、トランプの無力化ができないのか
 
 米国の軍事覇権のみならず、米国の官憲すべてを闇支配している米戦争屋は、彼らにとって不都合なトランプを無力化することはいとも簡単です。露骨に暗殺しなくても、事故死や病死を偽装して無力化することも彼は易々と実行できます。
 
 そこでネットでは、トランプ暗殺説が登場しています(注3)
 
 さて米戦争屋はその配下に、CIAなど謀略工作部隊をもっており、彼らに不都合な要人無力化工作を得意としています。だから、彼らにとって不都合なトランプはかつてのケネディ兄弟のようにみせしめの暗殺をしなくとも、トランプが大統領候補から撤退せざるを得なくなるようなトランプ無力化工作を仕掛ければよいわけです。ところが、米戦争屋はなぜか、トランプ無力化作戦を現在まで実行していません。そして今はオクトーバー・サプライズの時期ですから、トランプ無力化作戦を実行するのにもってこいの時期に入っているのです。
 
 にもかかわらず、なぜ、米戦争屋CIAネオコンはトランプ無力化作戦をいまだに実行していないのでしょうか、否、それとも、近未来、それは実行されるのでしょうか。
 
 本件に関する本ブログの見方では、トランプは上記のリスク(無力化されるリスク)を立候補前から、想定しており、すでにその防御対策を講じています、それは、もし万一、トランプの身に何かあったら、露プーチンがケネディ暗殺事件や9.11偽旗テロ事件の真相を示す証拠をばらす手はずが整えられているのです(注4)
 
 ところで、この世に怖いものはない無敵の米戦争屋にとって唯一、アンコントロラブルな対象、それは露プーチンその人なのです。
 
 現在、無敵の米戦争屋に真っ向から対峙できている人物は世界で露プーチンただ一人と言っても過言ではありません。
 
 そこで、米戦争屋はもし、プーチンが米戦争屋の秘密をばらすと第三次世界大戦を起こすと言って露プーチンを脅すため、米戦争屋ボス・デビッドRFの名代・キッシンジャーをモスクワに派遣してプーチンと交渉しています(注5、注6)
 
 しかしながら、今のところ、この工作だけでは不十分のようです。
 
3.ケネディ暗殺や9.11偽旗テロに関する米国戦争屋の秘密をばらさないよう、彼らの属国・日本が対プーチン口止め料3兆円を払わされるかもしれない!
 
 露プーチンにケネディ暗殺や9.11偽旗テロの真相を暴露する証拠を公開させないようにするため、米戦争屋が企んでいるもう一つの手は、米戦争屋のATM属国に成り下がっている日本の安倍氏をそそのかして、露プーチンを口止めさせるのに、莫大な口止め料を払わせようとしているのではないかと、本ブログでは疑っています。
 
 その証拠に、安倍氏はこのところ盛んに、露プーチンに接近させられています。
 
 そして今、安倍氏と米戦争屋のポチ・外務省は、北方領土返還と引き換えに、最大3兆円をロシアに支払うよう交渉させられているようです(注7)
 
 ちなみに、今年12月、安倍氏はプーチンを山口県に招いて日露会談を計画していますが、本ブログでは、これはすべて、日本を乗っ取る米戦争屋の指図ではないかと疑っています(注8)。要するに、プーチンへの口止め料をATM属国・日本に支払わせる魂胆でしかないのです。
 
 さらに言えば、常識で考えて、北方領土4島に3兆円も支払う価値はありません。しかも、ロシアは北方領土を日本に売却しなければならないほど財政的に困っていません。むしろ日本の方が、1000兆円の国家負債を抱えて、財政的に困窮しているのです。
 
 ちなみに、戦争したくてウズウズしている米戦争屋は今、米露戦争を仕掛けています、その証拠に、シリアでは、米軍機がロシア機になりすまして、シリアを空爆してロシアを怒らせています(注9)
 
 このように米露が戦争突入寸前なのに、米戦争屋の属国・日本が、ロシアと本気で握手することを、あの凶暴な米戦争屋が許すはずがないのです。したがって、安倍氏と外務省が北方領土問題解決のため日露会談をやろうとしていることになっているのは、必ず、何らかのウラがあると観るべきなのです。
 
注1:本ブログNo.1506日米のマスコミからバッシングされているトランプはそもそも、なぜ、米国大統領選の指名候補に生き残ったのか、日本ではさっぱり報じられない!』20161011
 
注2:オクトーバー・サプライズ
 
注3:ザウルスでござる“ヒラリー・クリントン(9)トランプ暗殺計画?”20161011
 
注4:本ブログNo.1320ケネディ兄弟暗殺事件と9.11事件の闇を暴露しそうなトランプ氏は暗殺される危険を察知して、それらの証拠を露プーチンに預けているのか』2016219
 
注5:本ブログNo.1323米国寡頭勢力のフィクサー・キッシンジャー氏、米国大統領選立候補者・トランプ氏と仲の良い露プーチンを唐突に訪問:第三次世界大戦が始まると恫喝した?』2016223
 
注6:本ブログNo.1392米国を私物化する人物の名代・キッシンジャーがトランプ抱き込み作戦開始:9.11事件の総責任者をブッシュ・ジュニア元大統領に押し付けるようトランプは説得されたのか』2016524
 
注7:ジャパンビズ“2島返還6,000億円、4島返還3兆円で決着か?北方領土返還、対ロ経済援助”2016105
 
注8:本ブログNo.1476次期米大統領が決まる今年12月、安倍氏は露プーチンを地元・山口県に招待する?常に暗殺の危険に晒されている露プーチンは安倍氏が米国の反露勢力の傀儡であることを百も承知201693
 
注9:RICHARDKOSHIMIZU OFFICIAL WEBSITEロシア軍機になりすました米軍機がシリア無差別殺戮。”20161012
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神界に佇立される大塚寛一先... | トップ | オバマ10月サプライズ、声明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL