STIと駆ける

愛車WRX STIとあちこちを駆け巡ります。

ヴェルファイアで温泉へ 後編

2017-03-19 13:44:17 | ドライブ(中国地方)

前編からの続きです。
ヴェルファイアで本日のお宿に向かいます。


お世話になるお宿は「季譜の里」というところです。
※ここから3枚は以前撮影した写真です。


あまり大きくないお宿なのですが、かなり居心地が良く料理も美味しいので以前はよく行っていたのですが、最近はなかなか時間が取れなくて数年ぶりの訪問になりました。
以前お邪魔したときはまだ愛車がISだったころだと思います。
嫁さんも大好きなお宿です。

こんな可愛らしい看板が立っています。

駐車場の係りの方(専属の駐車場の管理人の方がいらっしゃいます。)が「お久しぶりです。」と声をかけてくれたのは凄く嬉しかったです。
「いい車ですね~」ということで特別にマイクロバス用の大きな駐車場に案内してくれました(笑)
ここで私の運転業務(?)は終了(笑)

ヴェルファイアもお疲れ様。

まだチェックインの時間まで少し時間がありましたので、ロビーでくつろぐことに。
ロビーにはおひな様が飾られています。

こんな立派なお雛様を見るのも久しぶりです。

そしてロビーではフレッシュオレンジジュースを頂きました。

やはり直接絞ったオレンジジュースはたまらない美味しさです。

そしてチェックインの時間になったのでお部屋に入り、そのまま温泉に入りに行きました。
嫁さんはちょっと散歩してくるということでちょっと別行動です。
やはり大浴場、そして露天風呂は気持ちいい!
ちなみに夜は貸切露天風呂を予約していますのであまりのぼせすぎない程度に(笑)

帰りに売店でアイスクリームを買って部屋で頂きました。

食べ終えて部屋でうとうと昼寝をしていると嫁さんも帰ってきて温泉に入りに行ってくるとのこと。
やはり私と同じく帰りにアイスを買って帰ってきました(笑)

ちなみに右のプリンは私がお願いして買って帰ってもらった物です。
さっきのアイスもプリンも本当に美味しい!
まさに「命の洗濯」という感じですね。

それから部屋でのんびり昼寝をして気づけば午後6時。
お待ちかねの夕食の時間になりました。

お食事処の前にはしだれ梅が咲いていました。

 

お品書きです。

 

嫁さんは「御前酒 美作」を。

 

私は下戸なので「自家製 ジンジャーエール」を頂きました。
さすが自家製ということで甘さが控えめで、凄く料理の味を引き立てるような美味しさでした。

 

前菜です。
どれも凄く丁寧に作られていて味が濃厚。

 

お造り。
どれもまるで口の中で蕩けていくような食感でした。

 

桜蒸し。
ふたを開けた瞬間、凄く良い香りが漂います。
また餡がすごく美味しくてこれだけでご飯のおかずになりそうです。

 

瀬戸内の春魚と山菜の旬菜焼き。
お肉とお魚以外は特製の味噌につけていただきました。
もうこのあたりから私も嫁さんも「美味しい~」「幸せ~」という言葉しかなくなります(笑)

 

和牛ロースの石焼きステーキ。
これも口の中に入れた瞬間溶けていくような食感がたまりません。

 

あまりにも美味しかったので特別にステーキを注文しました。
「至福」とはこういう時のことを言うのでしょうか?(笑)

 

天麩羅。
生麩を揚げたとのことですが、これがまた美味しかったです。

 

私は飲み物が無くなったので、「ペリエ」を注文。
やはり炭酸水は欠かせません(笑)

 

てっぱい。
ちょうどいい酸っぱさがいい箸休めになります。

 

穴子飯。
良く味のしみこんだご飯と、これまた蕩けそうに焼いた穴子が最高です。

 

お漬物も味の濃厚さが全然違います。

 

デザート。
桜アイスクリームというアイスですが、良い香り、そしてほどよい甘さが最高でした。

 


そして黒豆甘豆富が美味しかったです。
数年ぶりにお邪魔して前回も凄く美味しかった覚えがありますが、さらに今回は美味しく感じました。
私も嫁さんも大満足というしかない最高の夕食でした。

そしてその後は貸し切り露天風呂へ。
その後、売店で特製サイダーとジェラートを買って部屋へ戻りました。
部屋でのんびりした後、私も嫁さんもいつもよりかなり早く眠ってしまいました(笑)
かなりのんびりできたんだと思います。

翌日の朝食は朝8時から。
ということでその前にひとっ風呂浴びてくることに。

宿の中庭です。
本当に凄く綺麗にお手入れされています。
お風呂に入った後はお待ちかねの朝食です。

昨日と同じ席で、席からしだれ梅が綺麗に見えます。

 

朝食は和洋から選べますが、もちろん2人とも和食(笑)

おかずも言うことなしの美味しさですが、白いご飯が凄く美味しい!
ということで私も嫁さんもご飯をおかわりしてしまいました(笑)
そしてその後はチェックアウトの11時まで部屋でのんびり。

チェックアウト前にロビーで嫁さんはアイスコーヒーを・・・

私は特製ソフトクリームを頂きました。

 

宿の車寄せの前でパチリ。
本当に居心地のよいお宿でした。
また時間ができれば夏にも行ってみたいですね。

さて復路は嫁さんが運転手です。
私は後席でのんびりくつろぐことにしました。

帰りは与島PAで小休止。

 


アヤシイ人影は私です(笑)

そして帰りはいつものところで手洗い洗車をお願いしました。

以前STIで凄くお世話になったので、お土産も持参(笑)

 

ピカピカになりました。

そして帰りにスバルのディーラーにも立ち寄ってお土産を差し入れてきました。
家に着いたとたん、心地よい疲労感に襲われその夜もあっという間に眠ってしまいました。
ということで「ヴェルファイアで行く温泉旅行」はこれで無事終わりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴェルファイアで温泉へ 前編 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。