Tokyo Diary

~よく食べて飲んで、旅に出ます~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海もお花もフルーツも!南房総の「道の駅」をゆく

2009年09月19日 | 

海ってホントに気持ちいいっ!
内陸の土地で生まれ育った私にとって、海はとても特別なもの。
大人になった今でも、海が見えるとやっぱり嬉しくなります。

夏が終わってちょっと涼しくなった浜辺もお散歩するにはちょうど良い季節です。
そんな初秋の海を感じに、南房総をプチっと旅してきました。
(TOP画像は、和田浦海水浴場)

房総って、昔は高速を降りた後の下道が長くて…館山や千倉など南端の方はすっごい遠かったですよね~。
ラブなシチュエーションだと、長いドライブでケンカになったりもしたもんです
でも、今はアクアラインでビュビュンと東京湾を渡ればあっという間に房総半島。
そして、接続する高速道路は、今や館山のちょい手前、南房総市の「富浦IC」までつながっています。
都心から富浦までは時間にしてわずか1時間半。
本当に房総は近くなりました。

 個性ある「道の駅」たち

ドライブ旅行に欠かせない「道の駅」は、旅先のあちこちで見かけるようになりましたが、南房総は個性豊かな道の駅が充実しています。
今回は、その中のふたつ「とみうら枇杷倶楽部」、「ちくら潮風王国」におじゃましました。


とみうら枇杷倶楽部 


とみうら枇杷倶楽部は、その名の通り名産の「房州びわ」に特化した道の駅です。
びわのシーズンは、5月中旬から6月にかけてだそうですが、1年中びわを使ったジャムやお菓子などのおみやげ物や、珍しい「びわカレー」などがいただけるカフェも併設されています。
そういえば、こちらの大先輩「びわパフェ」食べてましたね!


 


中でも名物がこの「びわソフト」。夏休みの時期は一日に1000本も売れる人気商品だそうです。
ミルキーな甘さの中に、びわのフルーティーな甘みや酸味もしっかり感じられます。

 


この道の駅は、同じ敷地の中にびわを加工する工場が併設されているというところもポイント。工場と販売する道の駅が密着してることで、ニーズを掴んだ様々な商品が生み出されてきたのでしょう。
ここは2000年に行われた「道の駅グランプリ2000」で最優秀賞を受賞された日本一の道の駅。
行ってみる価値は十分にあります。


千葉県南房総市富浦町青木123-1
TEL:0470-33-4611
休館日   不定休
営業時間 10:00~18:00 


ちくら潮風王国    


目の前は海!のロケーション。のんびり海を見ているだけで癒される「ちくら潮風王国」は、千倉の海産物が充実しています。
大きないけすを備えた市場のような雰囲気の中で、鮮魚や干物のお買い物が楽しめます。
併設されたレストランでは、炭火で焼く海鮮バーベキューが楽しめるお店もあるそうです。
この道の駅は2回目の訪問だったのですが、気持ちよくて、海産物のお買い物に便利なので、南房総では欠かせないところ。次回は、海を見ながら海鮮バーベキュー食べてみたい!


 


千葉県南房総市千倉町千田1051
TEL 0470-43-1811
休館日   毎週水曜(1月~4月は無休)
営業時間 8:00~17:00 (レストランは11:00より) 



今回訪れたのは、以上の2ヶ所でしたが、他にも魅力的な道の駅があります。

ローズマリー公園 

お花好き、ガーデニング好きなら外せないのが「ローズマリー公園」。ここは気になる!次回の宿題ですねー。
「ノット式ガーデン」と呼ばれる左右対称の通路や花壇が広がる美しい庭園です。
ローズマリーをはじめとするハーブや季節のお花が咲き乱れる様子は、キレイでしょうね。
園内のレストランで食べられる「ハーブカレー」も気になります!

千葉県南房総市白子1501
TEL 0470-46-2882
休館日 不定休
営業時間 9:00~17:00


「三芳村」鄙の里

地元の農産物や乳製品、地ビールなどの特産品販売が充実している「三芳村」鄙の里。
この道の駅の特徴のひとつが、施設内にあるオープンキッチンで、週末は郷土料理のお料理教室が開かれていること。中でも「太巻き寿司」が人気で、房総らしいお花の模様の太巻きの作り方などを教えてくれるそうです。アートな太巻きの技は習ってみたいです!
また、JR「びゅう」の企画で、「三芳村」鄙の里で新米おにぎりと秋刀魚バーベキューのランチがいただける日帰りプランがあり、こちらも魅力。
電車で行ってビール飲みながら秋刀魚バーベキューってのも惹かれますー。

千葉県南房総市川田84-1
TEL 0470-36-4116
年中無休
営業時間 9:00~18:00 
(10月~2月の間は、17:00まで)
 

 プチ情報1:南房総フルーツ狩りカレンダー
房総はフルーツ狩りが出来るのも旅の楽しみのひとつです。
「いちご狩り」だけじゃなくて、年中いろんなフルーツが楽しめます。
なんと、びわのシーズンには「びわ狩り」も楽しめるそうです!
意外だったのは、「みかん狩り」が出来ること。あまり市場に出回らない「房州みかん」」は、甘くて味のしっかりしているのだそう。みかん狩りはこれから秋にシーズンを迎えるので、ちょっと行ってみたいかも♪

・ いちご狩り・・・1月~5月
・ びわ狩り・・・4月下旬~6月中旬
・ メロン狩り・・・通年
・ みかん狩り・・・10月中旬~12月下旬

プチ情報2:南房総お花カレンダー
房総といえば、一番に浮かぶのは、一面に咲くポピーや菜の花。お花は「春」の印象が強いですが、実は1年中いろんな種類が咲いています。
今の季節は、ピンクのかわいらしいコスモスの花が沿道を彩っています。

・ 菜の花・・・12月~3月
・ キンセイカ・・・11月~4月
・ グラジオラス・・・10月~11月
・ ポピー・・・12月~4月
・ 水仙・・・2月~4月
・ 金魚草・・・10月~6月
・ コスモス・・・8月~9月


南房総へのお出かけイベント情報などはこちらに続々UPされています!
南房総いいとこどり~観光コンシェルジュ~

海とお花とフルーツと…、そして房総はお魚ですよね。
次は、お魚料理編に続きます!

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根の秋のおもてなし☆「箱根... | トップ | 南房総の食文化体験、そして... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。