お散歩日記 復興の日目指して

写真付きで見たことや日々感じたこと、震災に遭い今感じていることなど、記録にとどめたい。

ちょっぴり 怒り 震災5年と7か月と 死刑廃止論に反対

2016-10-10 22:11:06 | 日記
先日ニュースで、弁護士会の一部から死刑廃止論が出されたと聞きました。

えっ。驚き。死んだ人の人権は誰も守ってくれないのだ。殺された人は何も怒りを表す方法がないのだよと、怒り心頭。
人が人を裁くのに間違いもあるし、難しい問題はあるけれども、死刑廃止したら殺人を犯してみたいと思っている人間は、ますます抑制が効かなくなるでしょうが。

津波に遭いもう少しで死にかけた私は、なんでこんな形で死ぬのだろう。今死んだら悔しくて、悔しくてたまらないという思いが沸いた。
だから、2万人以上も震災で亡くなられた方は、死んだ今もきっと私と同じで、どうして、どうしてという悔しさでいっぱいだと確信します。

ましてや、殺人となれば その何倍以上の恐怖と悔しさと、犯人に対する憎悪の激しさは想像できます。それが死刑にもならず、生涯私たちの税金で生き長らえるとは。

今のこの災害は、この世に悔しさと憎悪を残した彼らの怨念なのです。
人間の精神と自然は一体です。慈しみあい、穏やかに暮らしている国は、災害が少ないです。憎しみ合ってばかりいる国は、自然だって怒りを表します。

熊だって人間に住まいを奪われ、自然の食べ物を破壊されたから、人を襲う。当たり前です。

首都東京の醜い姿も、大国アメリカの互いの罵倒試合も、未来の世界がいかに不安だらけか予想できます。

 未来の果を知らんと欲せば、現在の因を見よ。です。だから、未来が見通せるのです。誰でも。未来はまた努力で、だからこそよいものにも代えられるのです。
ジャンル:
東日本大震災
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋色 もろもろ | トップ | オリンピックのおかげ。登米... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koyuko)
2016-10-13 09:07:25
ごもっともなご意見です。
殺人を犯したら、自身も殺された人の恐怖と悔しさを味わうべきだと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。