気楽にとり(鳥&撮り)歩き

2015年夏にデジイチを購入して本格的に鳥見をはじめました。近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

ヨーロッパトウネンの幼鳥でした!

2016年09月15日 | シギの仲間
先日、『もしや?ヒメハマシギ???』のタイトルで投稿したシギが、ヨーロッパトウネンの幼鳥と判明しました。
http://blog.goo.ne.jp/romeo135bb/d/20160913

『シギ・チドリ類 ハンドブック』(氏原巨雄・氏原道昭/著~ 文一総合出版)
の著者・氏原道昭さんに判別をお願いしたところ、ご親切な回答を得ることができました。

氏原さんによると 
「トウネンよりやや小さめで、雨覆の軸斑が黒くて羽縁とのコントラストが強い等の特徴がよく出ています。
 ヒメハマシギはもう少し嘴が長くてややハマシギに似た顔つきで、
 三列風切先端からの初列風切の突出はこれより短く見えます。」
とのことです。

『シギ・チドリ類 ハンドブック』によると、
「ヨーロッパトウネン(写真左)は全長12~14cm トウネン(写真右)は全長13~16cm」 
  大きさの差がしっくりきますね。
「数少ない旅鳥または冬鳥。トウネンより越冬する傾向が強い。干潟、河口、水田、湿地などに分布」するそうです。


氏原道昭さん、ご多忙な中、未熟で不鮮明な画像での判別と丁寧な回答を頂き本当にありがとうございました。

氏原巨雄・氏原道昭 鳥と絵のpage
http://www23.tok2.com/home/jgull/

「決定版 日本のカモ識別図鑑」日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述
 欲しくなってしまいます(^^ゞ
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 獲物をねらうコサメビタキ | トップ | サンコウチョウの若鳥 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆ (どんぐり)
2016-09-15 18:01:55
ロメオさんの野鳥に対する
探求心には頭が下がります。
わずかな違いを見く観察力は流石です(*^-^*)

ところで、千鳥はどのぐらいの種類がいるのでしょう?
想像が尽きません(*^^)v
Unknown (ソングバード)
2016-09-16 07:58:21
おはようございます。
ヨーロッパトウネン、初めて見ました。
シギの群れの中にもこんな珍鳥が混じってる事もあるんですね。
私なら見過ごしてるかも・・・流石です。
それにしても、すごい探究心ですね!脱帽!!
これからもいっぱい見つけてください。

↓のコサメビタキのホバも綺麗に撮れてますね。
コサメは私も好きな鳥で、可愛い目がなんとも言えません。
キビタキも、入ってきて渡りの鳥も賑やかになってきたようですね。これからしばらく、目が離せません。
どんぐりさん (ロメオ)
2016-09-16 08:39:41
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。

野鳥撮影には不向きな入門カメラで撮っているので、少しでもきれいな画像を…と選んでいます。
手間はかかりますが、おかげで鳥の違いに気づくことができました(^^)

シギとチドリを合わせてシギチと呼ぶそうです。
どのくらいの種類がいるのか、調べようと検索して、こんなHPを見つけました。
私も、じっくりよんで勉強したいと思います(^^)

http://www3.famille.ne.jp/~ochi/bird/shigi-chidori.html
ソングバードさん (ロメオ)
2016-09-16 08:45:02
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
ヨーロッパトウネンと分かってスッキリです。
いろいろとお世話をかけて、お騒がせしてすいません。
今回は4羽のトウネンが飛来して、一羽がオジロ、もう一羽がヨロネンという幸運に恵まれました。

5年ほど前から別の趣味でtwitterを活用していますが、
野鳥関連のプロの方々も多数ご利用されていて、手軽に写真を見て頂くことができました。

これから日増しに野鳥が増えてきて楽しみな季節ですね(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL