気楽にとり(鳥&撮り)歩き

2015年夏にデジイチを購入して本格的に鳥見をはじめました。近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

ツツドリではなくカッコウ!

2016年10月09日 | カッコウの仲間
梅の木にツツドリが止まっていました。
飛んで逃げてしまうのでは・・・とドキドキしながらシャッターを切りました。

※ソングバードさんからコメント欄で「カッコウの幼鳥では?」との示唆を頂きました。
≫光の具合で変化するので分かり難いのですが、光彩が黄色に見えます…
≫本来ツツドリの虹彩は淡い橙色(オレンジがかった黄色)
≫ただ、光の具合で黄色っぽく見える時もある…
≫腹の縞模様の具合はツツドリのように見えるのですが、
≫カッコウの幼鳥の後頭部には白斑がある…
   ・・・以上、ソングバードさんのコメントから抜粋させて頂きました。


今朝、さっそく撮影した画像を確認してみた所、ありました。
カッコウの幼鳥の特徴である後頭部の白斑の名残。小さな白斑ですが、何枚もの写真にくっきりと写っていました。
ツツドリではなくカッコウの若鳥のようです。
  
ソングバードさんいつもありがとうございます。
埼玉からの助け舟に何度救われたことか。感謝の言葉もありません。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


タイトルと記事の一部を変更し、再投稿いたします。
ツツドリとムシクイに関しては次回の記事で改めて触れてみたいと思っています。

少しずつ近づきながら撮影しましたが、逃げも隠れもしません。


カッコウはマイペースで虫を探し続けています。
(この写真の後頭部にも白斑が写っていますね? てっきり光の加減かと思っていました(^^ゞ)


カメラを見つめ返してきます。
このカッコウは、あまり人間を怖がっていないようでした。

カッコウは、オオヨシキリ、ノビタキ、ホオジロ、モズ等の巣に托卵することが多いそうです。
東日本では、オナガへの托卵も確認されているとか。


お馴染みの野鳥たちを利用して子育てさせるカッコウ、恐るべし・・・。
育ての親となる鳥の大半は、全長がカッコウの半分くらいの小鳥です。
子どもの頃によく歌ったカッコウワルツののどかさとのギャップに、戸惑ってしまいます。


じっとカメラを見返してきます。
いま止まっているのは桜の木のようですね・


ツツドリカッコウ、なんだか不思議な目をしていますね。


この前日、別の場所で見つけたツツドリはカラスにモビングされて逃げ回るので、苦労したのにうまく撮影できませんでした。
その翌日、よく似た仲間の格好をこうして近くから楽々写すことができる・・・
つくづく野鳥の観察・撮影は運次第だなぁ、と感じます。


カッコウ(郭公) 全長約35cm
参考 ツツドリ(筒鳥)全長約33cm

さらに近くに飛んできて、大きなイモムシを捕食する場面なども撮れたので、また後日、掲載します。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムシクイ、エナガの群れに… | トップ | カッコウとツツドリ、覚書き »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚き! (とみー)
2016-10-08 18:33:43
どひゃー!また驚かされました。ツツドリも初見です。
怖そうな鳥ですが、こんな鳥までも写真に収められる環境下にお住まいで羨ましい!
好みの問題でしょうが、私は腹を見せている絵の方が好きですね。
それにしても凄い鳥ですね、焼き鳥にはならないいんでしょうか(笑)
こんばんは (ホロホロ)
2016-10-08 21:24:49
ツツドリ、至近距離から見られたのですね。
なんと形容していいのか、怖いというのも少し違うし、本当に不思議な目をしていますね。
遠くからしか見たことがないので、こんなにはっきりと目まで見せていただいてありがとうです(^^)
前ブログのムシクイ、動きが早すぎて撮るのに大変だと思いますが、綺麗に撮れていますね。たいした腕ですね。
こんなに小さいムシクイに鳩ほどの大きさ?のツツドリが托卵するとは驚きです。
Unknown (ソングバード)
2016-10-08 21:59:46
こんばんは。
良い所に出てくれてよかったですね。
若鳥でしょうか?
ちょっと気になるのが、虹彩の色なんです。
この写真では、光の具合で変化するので分かり難いのですが、黄色に見えますが、いかがでしょう!
腹の縞模様の具合はツツドリのように見えるのですが、本来ツツドリの虹彩は淡い橙色(オレンジがかった黄色)。
ただ、光の具合で黄色っぽく見える時もあるので何とも言えないのですが…・
迷わせて、御免なさいね。
カッコウの幼鳥の後頭部には白斑があるようなのですが、他の写真で確認してみてください。
間違ってたら御免なさいね。
大きく (てっちゃん)
2016-10-09 00:02:18
撮れましたね~。
それも前後左右からバッチリです。
本当にドキドキものなんでしょうね。
これだけの至近距離で出会ってみたいものです。
鳥運をわけてほしくなりました。
おはようございます。 (みやまさ)
2016-10-09 04:46:25
スッキリした枝被りのない所にとまってくれてバッチリ
撮られましたね。

僕は今季は撮れなかったです。
ロメオさん撮られたので堪能させてもらいます~~(^^♪
とみーさん (ロメオ)
2016-10-09 10:16:53
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
ツツドリではなく、よく似た同族のカッコウでした。
記事を修正したのでお時間のある時にでも見て頂ければ(^^ゞ
不思議でちょっと怖い顔立ちの鳥ですよね。
お腹の模様が見える写真も何枚も撮れたので、次の機会にカッコウとして投稿しますね(^^)
ホロホロさん (ロメオ)
2016-10-09 10:22:53
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
大先輩からの示唆を頂き、ツツドリではなくカッコウと判明しました。
でも、至近距離から撮影と観察ができたので、あの時のドキドキ感は本物ですね(^^)

ムシクイは、特に単体ではすぐに暗い場所、高い場所にとんでしまいますよね。
私もムシクイだけでいる時は、見るだけで撮りません^^;
エナガやヤマガラ、メジロなどおなじみの鳥にまぎれていることが多いので、そこを探すとけっこう撮りやすいです。
きれいに写っているのはすべてその状況下でした(^^)
ソングバードさん (ロメオ)
2016-10-09 10:27:29
おはようございます。いつも大きな助け舟を出していただき本当にありがとうございます。
今朝、コメントを拝見してさっそく画像を見直し、自分でもいろいろ調べてみました。
カッコウの若鳥で間違いないようです!記事を訂正して加筆しましたので、お時間のある時に読んでいただければ(^^)

前日にみたツツドリとあまりにも似ていたので、よく調べずに同じ鳥と思い込んで投稿していました。
ツツドリの時は、他のCMさんが何人もいて現場でツツドリと確認し合ったので^^;
野鳥の識別に思い込みは禁物だと、再確認しました。
本当にありがとうございました。
未熟者ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
てっちゃんさん (ロメオ)
2016-10-09 10:31:41
おはようございます。コメントありがとうございます。
ツツドリやカッコウはもう通り過ぎてしまったと思っていましたが、もう一度念のためにポイントに行ってみたら遭遇できました。
しかもこんな近くで、イモムシを獲るところも見られて幸運でした。
でも、車で2~30分走ると野鳥が多いエリアに行けるので環境も恵まれているようです。
要するに、田舎なんですけど…^^;
みやまささん (ロメオ)
2016-10-09 10:33:59
おはようございます。コメントありがとうございます。
ツツドリではなくカッコウでした。
ツツドリのポイントに最後のつもりで確認に行ったら、格好の幼鳥に遭えました。
それだけしょちゅう探鳥に出かけている、とバレバレですね^^;
近くに野鳥が多くいるので鳥好きには嬉しい環境です(^^)

コメントを投稿

カッコウの仲間」カテゴリの最新記事