ロマソ派.web

思いついた。思い出した。そうだ、私には日記があった。
ただ、パスワードが思い出せない。

社会人生活①

2017-04-20 22:54:21 | 日記
私は2008年に社会人になり、銀行に置かれる機器のアップグレード、新規設置を担当していた。
研修時代から「銀行関係だけは嫌です。」と言っていたのだが、まったく反映されないところを見ると、
コミュニケーション能力が無いのか、人事に嫌われていたことが伺える。

就活の時は、経済学部だからと言って銀行、とパソコン好きだからってシステム系を受けていた。
当時から今でもそうだが、花粉症がけっこうひどくて、就活中は鼻水との戦いでもあった。
序盤に受けた銀行系は、花粉症のせいで、グループディスカッションでは鼻水かんでて何も話せず。
その後の単独での面談でも挽回はできず、全滅でした。

だから銀行はヤダ、、、子供か。

で、結局銀行の機器なので、お客さんは銀行さん。私を落としたあの銀行にも、あの銀行にも行きました。
思っていたほど悪い人では無かったし、むしろいい人たちでした。愚痴が多かったけど。

日本各地の銀行に行った。出張族だった。1月に15日間くらい出張の日があって、残りは荷物取りに事務所行く生活。
昼間移動して、夜は作業して、深夜にご飯食べて、寝て次の日にまた移動する。
この出張ってのを若い年齢にできたって事が、実は良い経験だった。
こんな辺境の地に来たんだから、外に出ないとって思います。
別にグルメじゃ無いから、高い食事を取ろうとしない。
変なとこで飲んで、レンタカー借りてどっかに行く、出張のついでにそんなことをするようになった。
1人でやるのは少し億劫だけど、2人なら全部大丈夫。
たまたま同僚も同じ年代だったから、早く仕事終わりにして飲みに繰り出す。なんて遊びを覚えていった。
次の日は二日酔いで起きれなくって、お客さん先に遅刻しそうになって、
タクシーの中で「道がすごく混んでてですね。」なんて言い訳ばっかうまくなって、あ〜楽しい。

でも、この仕事は私らの会社的には、あまり稼げない(社員の単価に比べて、収入が少ない)らしくて、
今では他の会社に任せるようになっちゃった。
確かに、楽しい時間ではあったけど、何か技術が身についたかというと、そんなことはなくて。
ちょっと身についたのは、お客さんに本当と嘘を織り交ぜて話すクソ度胸と、技術なくてもどうにかなるもんだなっていう自惚れでしょうか。
技術は無くても言うだけは言う人になっちゃって、その割にはこの業界に気の小さい人が多かったから、それで困ら無かったんですよね。
気の小さいおじさんを怒りながら励ましながら仕事するのは、なかなか気分のよいものだった。
中には「大丈夫かこいつ!?」みたいな人もいたけど、適切な指示するばちゃんと動いてくれるって分かったし、
この色んな年代の人に指示を出すってのも、若いのによくやったもんだ。

こうして、仕事するうちに自分の力の過信と、多いなる自惚れ心が大きくなっていったのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分が思いもつかないような... | トップ | 白か黒かは重要ではない。0... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL