蓼科浪漫倶楽部

八ヶ岳の麓に広がる蓼科高原に、熱き思いあふれる浪漫知素人たちが集い、畑を耕し、自然と遊び、人生を謳歌する物語です。

銀座界隈‘17  (bon)

2017-04-20 | 日々雑感、散策、旅行

 一昨日、予報では午前中まで嵐が残ると言っていましたが、午前10時頃にはすっかり晴れ
て、日中は夏日になるなど大変良いお天気になりました。

 ランチの会の集合場所は、昨年オープンした、東急プラザ銀座2階の三菱電機大型映像
ルームで 昨年もこのランチの会で訪れたところでした。11:20厳守の時刻には、みんな
集まり、すぐにお昼に向かったのです。何しろ、銀座でお寿司、お得感抜群で、予約は出来
ない・・とあり、開店の 12時前に、入口に並ぶ必要がある・・ そんな、高圧?的な店に
到着すると、狭い入口にすでに先客7人も並んでいたのでした。

       みゆき通り
        

 

 その店の名前は「元祖343寿司銀座本店」といい、銀座5丁目の みゆき通り中程のビル
5階でした。10分待ちで、個室『上杉謙信の間』に通されました。 ここは、昨年5月に
開店した店で、本社は大阪にある「阪神食品㈱」(創立昭和56年)とあり、店舗は大阪の
大国町にもあるそうです。飲食店としては、この寿司だけでなく宴会などが出来るいろんな
店をチェーン展開している新進の会社のようです。

 この店の売りは、「日本初の二枚重ねのお寿司」といって、握りの上に、厚めに切った
刺身が乗って、刺身と寿司が二度楽しめる・・というのでした。何やら お店の宣伝みたいに
なってしまいましたが、店内は静かで、新鮮なネタは味もよく お値段も安いくらい?でした
から込み合う理由がわかりました。 昨年参加された九州のHさんから、丁度タイミングに
合わせたメールが飛び込んできたりの サプライズもあり、色んな話題に盛り上がり、食後の
コーヒーまでいただいて、1時間半も粘ってしまった結果となり、出るときには、入り口に
長い行列ができていました。

 二枚重ねのお寿司           入り口にはまだ列が・・
  
 

 ちょっぴり悪い気もしながら、満足して みゆき通りすぐを入ったところに、お箸の専門店
「銀座夏野」の古風な店内に入りました。 一面、お箸がずらりと並んでいて圧巻でした。
奥まったところには、高級なお箸が並べられ 中には10万円もの値札が付けられたものもあり
ました。 ㈱ビオネットという会社が運営していて、首都には青山、新丸ビルなど 5店舗あり、
全国各地の箸を厳選して仕入れてきたものばかり、1,400種類を超える箸と1,000種類
を超える箸置きを取り揃えるお箸の専門店なのだそうです。 輪島塗はもちろん、若狭塗、
会津塗、津軽塗などなど手に取ってみると、“たかが箸、されど箸”という感じが伝わって
くるのでした。 このような、お店が息づいているとは全く知らなかったです。

銀座夏野本店              店内(一部)
  
 

 見ているだけで、何やら豊かになった感じを抱きながらお店を後に、銀座4丁目の日産ショー
ルームへと向かいました。 火曜日の午後というのに、それは大変な人出に驚きました。
外国の人たちも多く見受けられ、リニューアルされた瀟洒なビル群と この人の流れに改めて
時代の流れを感じるのでした。

        銀座4丁目交差点(4/18 火 午後)
         
 

 日産ショールームでは、スカイライン誕生60周年記念特別イベント開催 ということで、歴
代スカイライン(3代目)と 60th Limited の最新スカイラインが並んで展示されていました。
比較してみれば、3代目のそれは、どこかアメ車のシボレーを思わせる姿があり、車デザイン
にもその流れが明確に表現されていました。最新スカイラインのボンネットを開けてもらい、
しばし、その中に見とれてしまいました。 いろんなパッケージに入った機能部品がまるで、
冷蔵庫にきちんと並べられて収まっているようで、もはや、懐かしいディストリビューターや
はては、バッテリーの姿も発見できませんでした。 外観デザインだけでなく車全体の進化を
目の当たりにしました。

 2階にも展示があり、こちらには未来型の真っ赤なスーパーカー(モデル)が展示されてい
たりして、SFの世界に入りそうな感じでした。 さらに上の階に上ると、ソニーショールーム
があり、もっぱらカメラ、ビデオなどのオンパレードでした。 数寄屋橋交差点の“ソニー
ビル”をリニューアルする2~3年の仮住まい?ということでしたが、最新の4K、100インチ
の超高精細画像に見とれながら、ここでも時代の先端に触れたのでした。

 銀座の柳も芽吹いて、やや暑いくらいの気温に さわやかな風を受けて大勢の人出は活気に
満ちていました。 私たちは、以前にも来たことがある三越9階のテラスラウンジで、ここでも
長々と談笑に花を咲かせたのでした。 中でも、最近とみに都内古跡散策に力を入れている
面々の調査結果や感動の話題に沸騰していました。 年に数回集まるお仲間のランチの会は、
食通(お店通?)の幹事による楽しい企画のおかげで、いつも新鮮で 新しい発見があり今回
も時間の過ぎるのを忘れてしまうほどでした。 17時が過ぎあわててお開きとなりました。

         三越9階テラスラウンジにて
           



 

 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  世界アマチュア無線の日  ... | トップ | 戦友との飲み会 ‛17  (bon) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。