蓼科浪漫倶楽部

八ヶ岳の麓に広がる蓼科高原に、熱き思いあふれる浪漫知素人たちが集い、畑を耕し、自然と遊び、人生を謳歌する物語です。

鉄道の日  (bon)

2016-10-15 | 日々雑感、散策、旅行

 昨日(10月14日)は、鉄道の日で、記念日の一つです。もともと、鉄道省によって、大正
10年(1921年)10月14日に「鉄道記念日」として制定されたのでした。 日本初の鉄道が
開業したのは、明治5年(1872年)9月12日に、新橋~横浜(現、汐留~桜木町)間29kmであり、
式典では、明治天皇のお召列車が区間を往復したとあります。この日が、新暦で10月14日に
あたるのと、大正10年のこの日に、鉄道開業50周年を記念して東京駅に鉄道博物館(初代)が
開館したことを記念して、鉄道記念日が制定されたのでした。

 しかし、新橋~横浜間の鉄道は、既に明治5年5月7日(4か月前)に仮開業という形で1日6~
10往復で運行されていました。 明治3年頃より、具体的な鉄道建設の測量が開始され、工事
を経て実際に蒸気機関車がレールの上を走る“陸蒸気”(おかじょうき)に、人々は大変な
驚きと新時代到来を感じたことでしょう。
 開業時の全区間の運賃は上等が1円12銭5厘、中等が75銭、下等が37銭5厘であったそうです
が、下等運賃でも米が5升半(約10kg)買えるほど高額なものであったといいます

          浮世絵に描かれた開業当時の鉄道(横浜)
           (ウイキペディアより)

 

 1949年には、日本国有鉄道が出来、記念日はそのまま国鉄の記念日となり、民営化(1987年)
後も引き続きJRグループの記念日として祝われてきましたが、1994年には運輸省により、より
広くすべての鉄道事業者が祝う記念日として「鉄道の日」と改称されたのでした。 
 第1回鉄道の日には、当時102歳の長寿双子姉妹きんさん・ぎんさんが一日東京駅長を務め、
東北・上越新幹線ホームで新潟行き「Maxあさひ309号」の出発指示合図を行ったとありました。

 今も、この日を前後して、全国的にイベントが開催されていますが、日比谷公園では、今年
10/8~9に 第23回鉄道フェスティバル が開催され毎年大賑わいだそうです。

 

 そもそも、イギリスのジェームズ・ワット(1736~1879)が蒸気機関の改良型を実用化し、
産業革命の進展に大きく貢献し、それが蒸気機関車として1825年、イギリスのストックトン -
ダーリントン間で貨物鉄道の運行が開始され、その5年後にリヴァプール - マンチェスター
間に旅客鉄道として開業したとあります。日本人がこれらのことを知ったのはそれから10年
後の1840年代なのだそうです。 
 そしてさらに、10年以上経った、1853年にロシアのプチャーチンが長崎に来航した折に、
船上で蒸気機関車の鉄道模型を日本人に見せたのが始まりで、翌年にはペリーが2度目の来航
をした折に、大型の模型を幕府に献上したそうです。日本の役人を屋根に乗せて時速約20マイ
ル (32km) のスピードで走ったとの記録があるそうです。 これらに刺激を受けて、田中久重
(からくり儀右衛門)が全長27mのアルコール燃料で動作する模型機関車を完成させているのです。
 それやこれやで、鉄道熱はますます盛んになり、明治2年(1868年)には、北海道の炭鉱で、
鉄板で補強した木のレールを使用し、牛馬で運行した鉄道?がありました。その後、本格的な
鉄道敷設計画が提案されますが、具体的になったのは明治維新後間もなくであったとあります。
それでも、当時、欧米列強諸国による植民地化が進んでいることもあり、慎重論もあったそう
ですが、国民の近代化に向けた動きから、鉄道の建設は本格的となったのです。 そして、
首都東京と港のある横浜の間、29kmの敷設が明治2年に決定したのです。

 鉄道発祥国のイギリスの技術力を評価し、イギリス人技師を建築師長に据えるなどお雇い
外国人を招き、本格的工事が始まったのでした。 枕木などは、経費、工事の点から木材製
とし、橋梁も木製と決め、軌間は当時の輸送量を勘案し、費用削減、カーブの多い状況な
どから狭軌が採用されたのだそうです。 日本の築城技術が、これら敷設工事に高い評価が
あったそうです。

 また、ちょっと奇異に思えるのですが、鉄道が当時の日本人にとっては未知のものであった
ことから、線路を敷設することに、多くの反対運動があり、結局、薩摩藩邸などがあった芝 -
品川付近では、築堤を海上に築き、その上に線路を敷く方法がとられたりして、全線29kmのう
ち、1/3にあたる約10kmがこの海上線路になってしまっているそうです。

 幾多の困難を克服して、線路工事が完成し、停車場などの整備も順次進められ、明治5年5月
7日の仮開業にこげつけたのですね。機関車など車輌はすべてイギリス製であったそうです。

         開業時に輸入された1号機関車(後の国鉄150形)
            (ウイキペディアより)


 明治5年といえば、その12月2日(旧暦。新暦では12月31日)に天保歴が廃止され、新暦に
変更されたために、開通(10月14日)して間もなくの鉄道の発着時刻の対応を迫られることに
なったのです。 大変な混乱だったでしょうね。 その後、鉄道は急激に発展し、列車本数が
増える他、明治29年には急行列車が導入されるなどによって、“列車ダイヤ”の必要性が生じ、
ここでも、イギリス人技師「ページ先生」の出番となるのです。(ページ先生、当ブログ
2011.12.30ご参照)

 鉄道の日 から、ちょっと深入りしてしまいました。 鉄道ファンの方には、まだまだ物足
りない内容ですが、日本の鉄道は、1906年に、鉄道国有法が可決され、大手私鉄17社を買収し
翌年国有化が完了したのです。その後も、鉄道は目覚ましい発展を遂げ、東海道新幹線をはじ
め 日本中に新幹線が開通し、1987年の民営化後は、列車そのものも快適さが増し、豪華列車
なども登場しています。 今国会では、自民党議員の質問に、“日本中の新幹線網構築につい
て、持論を展開していました。すなわち、先の北陸新幹線を延長し、山陰、四国を中心とした
網構想が提案されていました。”さらに、リニア―へと夢はまだまだ広がって行くのでしょう。


 記事アップの時刻が、遅くなったおかげ?で、夕方東の空に大きなお月様を見ました。
旧暦9月15日の月で、一昨日は“十三夜”だったのでした。満月は、明日です。

         旧歴9月15日のお月様 
             
                    (2016.10.15、17:40頃 東10度)

 

 

 

 

 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 収穫祭準備´16  (bon) | トップ | 川越まつり  (bon) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
A 列車で行こう (mak)
2016-10-18 08:01:12
bonの投稿記事には、いつも気の利いた音楽が張り付けられてます。Take the A trainは我々が生まれた1939年に作曲されたジャズ。列車といってもNewYorkを走る地下鉄のこと。こんな昔にNew Yorkには地下鉄が走っていたんですね。
ところで、JR九州でも熊本発の「A列車で行こう」と名づけられた観光列車が走っているらしいです。
ネット社会では、一つの記事から、いろんなことが簡単にわ
かり、楽しみがひろがります。有難う。

You must take the "A" train
To go to Sugar Hill way up in Harlem
If you miss the "A" train
You`ll find you missed the quickest way to Harlem
Hurry, get on, now it`s coming
Listen to those rails a-thrumming
All aboard, get on the "A" train
Soon you will be on Sugar Hill in Harlem

https://youtu.be/BJ_4cRG8B1g

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。