つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

天気晴朗ニシテ、空高シ。

2016年10月15日 20時30分13秒 | 日記
今朝の散歩では、定番の立ち寄りスポット、
町中心部の「大西山」を訪問した。

度々述べているが、
ここには、平安末期から戦国時代にかけ「津幡城」があった。
現在は、城郭に代わって小学校のグラウンドと歴史博物館、
日清・日露・大戦の戦没慰霊を願い建立された「忠魂碑」が陣取る。
その一角で、小さな真新しい看板を発見した。

分かるだろうか? 画像右隅。
「津幡城跡 最高地点(物見)標高約16メートル⇒この先」とある。
早速、物見と洒落込んだ。

旧・街道を見下ろす丘陵地は「津幡宿」の要。
かつての標高は、今に倍する高さだったと伝え聞く。
さぞや見晴らしが良かった事だろう。
脳内で、目に映る景色に、藩政期の仮想グラフィックを重ね合わせてみる。
好天のお蔭もあって、しばし、時空を超える旅を楽しめた。

移動性高気圧が大陸から黄砂を連れてやって来る、春。
海で育ち、水蒸気をたっぷりと含んだ太平洋高気圧に覆われる、夏。
混ざりものが少なく濃い青に澄み渡った、秋の晴れ。
実に清々しく、気持ちが良いのである。

さて、天気晴朗なる秋、西から朗報が届いた。

「毒島 誠(ぶすじま・まこと)」、今季初のG1優勝。
レース詳細は割愛するが、実に見事な勝ちっぷりだった。
おめでとう!
なかなか結果が出ずに苦しんできたが、シーズン終盤で遂に萌芽。
グランプリへの視界、秋晴れのように良好だ。
さぁ、行こう!
艇界制覇まで、もうひと踏ん張りだ!
『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武と美を兼ね備えたヒロイン... | トップ | 機音(はたおと)が遠のいた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。