つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

賭けたり、競ったり、旅したり2017夏。~湖国遠征記

2017年08月13日 23時59分51秒 | 旅行
世間は夏休み期間中、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
僕はといえば、1泊旅行で滋賀県に滞在中。
東近江市のルートインホテルでキーボードを叩いています。
目的はもちろん「旅打ち」。
現在「びわこ競艇」にて、開催中の
「G3 オールレディース ビーナスちゃんカップ」で勝負するためやって来ました。

朝7時前に津幡町を出発し、北陸道~名神を飛ばして大津まで。
インターを降りたら、琵琶湖沿いを国道161号線を走り、10時10分前に到着。
勝手知ったる場への道。
もはやナビなし、ペース配分も効率よく辿り着けるようになりました。

開門前からファンの列。
お盆とあって、ファミリーやカップルも見受けられる。

中に入ると、また列ができていた。

どうやら、選手のお出迎えらしい。
福井支部「今井美亜」、広島支部「村上奈穂」、山口支部「山本宝姫」。
3人とも小柄で可愛らしい。
みな、ご贔屓と会話を交わしたりサインをもらったりしていた。
女子戦らしく、華やかな雰囲気である。

…いやぁ~やっぱり何度来ても本場はいい!
夏空の下でモーターの爆音が轟き、レースコースの外を客船が往く。
非日常の空間だ。
誰一人顔見知りのいない場所で、ひたすら推理に明け暮れるのは楽しい。
で、肝心の収支だが、ややマイナス。
今節の流れは、きのうは荒れ気味、今日は本命決着が多かった。
小波乱を期待して張るも、少々ズレる。
しかし、まだ小手調べ。
生き残りを賭けて選手たちがシャカリキになる明日、予選最終日が勝負。
高配当を的中して、一気に挽回だ(笑)。

・・・ということで、宿への道すがら、東近江市の岩山に建つ「阿賀神社」に立ち寄る。

何しろここは、勝運授福の神・・・
正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を祀る。
息を切らして、急勾配の長い石段を登り本殿へ詣で、手を合わせた。



どうか、我が身に幸運と閃きがあらんことを!
二礼二拍一例の作法に従い祈願を終えて振り返ると、そこには美しい風景が広がっていた。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過日の夏の面影。 | トップ | 賭けたり、競ったり、旅した... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。