つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

まだ、過去ではない。

2017年03月11日 11時06分41秒 | 日記
東日本大震災、11日で6年=避難なお12万人―残る原発事故の影響

僕の体には、東北の血が流れている。
亡き祖父が、福島出身なのだ。
人は、誰しも先達からのバトンを受け継いで生まれる定め。
その意味で、6年前、大震災に見舞われた彼の地は、僕のルーツと言えるだろう。
所詮、人生は一代限り。
自ら望んで選ぶ事のできない血脈に縛られる必然性はないが、
縁ある福島に対して、少なからず愛着を抱いているのは確かだ。

復興は道半ば。
東北で、あるいは、あの日を機に東北を離れ、喜怒哀楽の日常を生きる人達が、
「復興は成った」と踏ん切りを付けられるのはいつになるのか。
きっと、その基準とタイミングは置かれた立場によって様々だろう。
いずれにしても「3・11」は、まだ「過去」ではない。

さて、近年、度重なる災害を経験した日本では「防災」への意識が高まった。
防災とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。
被害の拡大を防ぐ努力や、被災からの復旧も含んでいるだろう。
具体的には、緊急地震速報や津波予測、異常気象の注意喚起基準の見直し。
ハザードマップ整備、避難訓練、食料備蓄など多岐に亘る。
先日の散歩中、そんな一端が目に留まった。

近所の「住吉公園」沿いに設置された消火ホース格納庫。
生け垣よりも高く突き出た、塩ビパイプが分かるだろうか。
小さなパウチがぶら下がっていた。

水源までの距離と位置を記した案内プレートである。
いざ必要になった時の現場は、おそらく混乱しているだろう。
速やかに手当てをするための配慮である。
些細だが、大切な拵えだと感じた。
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬と春がせめぎ合う津幡町。 | トップ | 津幡町の忠犬伝説、再々考。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。