つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

賭けたり、競ったり、貢献したり。

2017年02月12日 11時58分14秒 | 賭けたり競ったり
度々申し上げているとおり、僕は「競艇ファン」だ。

競艇は、競輪・競馬・オートレースと並ぶ「公営競技」の1つ。
ファンは、レースの勝敗を予想し、いくばくかの銭を張る。
上記4競技における売上金の行方は、いずれも概ね同じ。
全体の75%が的中者へ払い戻され、残りの25%が胴元の懐に入る。
その25%は、自治体の収益金や、賞金・経費などに充てられる他、
一部が、社会へ還元される。
わが津幡町で散見した実例をご覧いただこう。

まずはコレ。

「住吉保育園」前に停まる幼児送迎車。
車両右後方側面には「(財)中央競馬馬主 社会福祉財団助成」とある。
JRAの馬主さんたちが競馬賞金の一部を拠出して設立した団体で、
昭和45年(1970年)から、助成金の交付を行っている。

続いてはコチラ。

津幡町福祉センター前で撮影した検診車両の列。
これらは「競輪補助事業」によって賄われている。
最近は、同じ二輪車競技・オートレースと一緒に、
「笑顔の輪(わ=RING)」を広げる「RING!RING!プロジェクト」と題して、
様々な取り組みを行っているようだ。

そして、わが愛する競艇。
2015年8月9日の投稿では、
元締め「公益財団法人 日本財団」から贈呈された車両を紹介した。
その際、車両の横や後ろに貼り出されたステッカー「ありがとう競艇」を、
できるなら、散財している我々への配慮を以て「ありがとう競艇ファン」にして欲しい。
…と書いた。
…ありました。

本津幡駅の駐車場に停まった福祉車両に、別バージョンを発見。

これでいいのだ(笑)。
心置きなくレース予想に励みます(笑)(笑)。

さて、本日より「桐生競艇場」では「第62回 関東地区戦選手権」が開幕する。

群馬、埼玉、東京各支部のトップ選手52人が、
優勝賞金と、3月開催の「SGレース」への出場権獲得を目指す。
個人的にエールを送る「毒島 誠(ぶすじま・まこと)」選手も参戦。
去年はグランプリ出場が途切れ、目立った結果も残せなかったが、
ここから巻き返して欲しい。
先日、津競艇で行われた「匠シリーズ 第9戦」で優勝を目撃した
「柴田 光(しばた・ひかる)」選手も出場。
今節は、地元・群馬支部の2人に注目したい。

頼んだぜ、ご両人!

(※2015年8月9日
 ※2017年1月28日/31日に関連投稿アリ)
『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュブナイル・フィクション... | トップ | 地蔵物語。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

賭けたり競ったり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。