つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

生きもの津幡紀行。

2017年05月14日 12時53分57秒 | 自然
先日の「愛鳥週間(5月10日~16日)」に、今年も『ふるさとのツバメ総調査』が行われた。
「石川県健民運動推進本部」主導で、昭和47年(1972年)から続く、
県下小学6年生による自然観察運動である。
かつて、僕も参加した。

ツバメは、東南アジア~オーストラリアで越冬し、
遥々数千キロを飛んで春の日本へやって来る。
卵を産み、虫を追い、ヒナを育て、秋の声が聞こえるまで列島に留まるのだ。
その拠点になるのが、泥を材料にした「お椀型」の巣。
現在、町内各所で目にする事ができる。

小さな体を乗り出し、口をいっぱいに開け、
盛んに鳴きながら餌をねだる姿は実に可愛らしい。
一方、親鳥は大変だ。
いくら運んでもキリがない。
巣立つまでの20日あまり、てんてこ舞いが続くのである。

鳥の他には、虫たちも慌ただしい。
今朝訪れた「鷹の松墓地公園」の一角に咲く見事なツツジ。

樹の周囲を、何匹もの蜂が飛び交っていた。

ブンブンと羽音を鳴らし、花から花へ。
花弁の奥へ顔を突っ込み、花粉まみれになって蜜を吸い集めている。
カメラを向ける人間には割合無頓着。
まるで…「忙しいんだから、構っていられないよ」とばかりに、
収獲に夢中になっていた。

彼らと比べ、わが愛犬はのんびりしたもの。

きのうは狂犬病の予防接種をしたせいか、ややグッタリしていたが、
本日は元気いっぱい、散歩を楽しんだ様子だ。
『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街角タイムトリップ。 | トップ | 偶像多様化の具体事例。 ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。