つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

機音(はたおと)が遠のいた平成。

2016年10月16日 23時59分02秒 | これは昭和と言えるだろう。
津幡町・庄、県道59号線沿いの工場に、
見慣れない看板が掲げられている事に気付いたのは、先週だった。

同社のHPを覗いて判明。
先月「株式会社ダイイチ」から「未来コーセン」への商号変更が行われた。

昭和32年(1957年)「第一撚糸工業株式会社」として創業。
昭和42年(1967年)社名を「第一繊維加工株式会社」に改称。
平成4年(1992年)社名を「株式会社ダイイチ」に改称。
翌年、新社屋完成。
平成26年(2004年)「前田工繊株式会社(福井県・坂井市)」の100%子会社化。
平成28年(2016年)前田工繊の子会社「テクノス株式会社」と合併、「未来コーセン株式会社」発足。
沿革は以上の流れになるが、一つ一つの節目には悲喜交々があったものと察する。

糸をねじり合せ撚りをかける事、または撚りをかけた糸の事を「撚糸」と呼ぶが、
日常生活でしばしば登場する表現、
“腕によりをかける”や“よりを戻す”は、この「糸の撚り(より)」が語源だ。
日本人にとって、いかに密接な産業であるかが分かる。
しかし、近年は縮小の一途を辿っているという。

…思えば、昭和の頃は、身近に沢山の撚糸工場があった。
学校の行き帰りに傍を通ると、規則正しく細やかに動く自動撚糸機の音を耳にし、
建物に人が出入りする様子を目にしたが、今は昔。
町内では静まり返った「跡地」が目立つ。

また、現在、墓地公園になっている高台に、かつて「養蚕」の関連施設があった。
正式な名称は記憶にない。
しかし、登り口に墨文字の木製看板が掲げられた急坂を、
オート三輪がゆっくりと上がっていく様子は、何故だか覚えている。

『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気晴朗ニシテ、空高シ。 | トップ | やっておしまい!アラホラ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。