つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

見えている世界と見える世界は違うかもしれない。

2016年12月28日 23時51分20秒 | 日記
人間の目は、角膜⇒眼房⇒瞳孔⇒水晶体⇒硝子体⇒網膜の順で光を受け渡す。
網膜に映った像を視神経が脳へ送り、その情報を処理する事で外界を認識できる。
視覚世界は目と脳の組合せで作られているのだ。
つまり「見る」のは「目ではなく脳」だと言っても間違いではない。
…という事は、脳の情報処理によっては、
稀に現実とは違った視覚世界を目の当たりにできるのである。
先日の散歩中、それは突然やって来た。

この画像は、パチンコタイガー津幡店の駐車場で撮影。
通りすがりに気が付いた高札には、こう書かれていた。

<中橋遺跡>
中橋遺跡は、平安時代中頃から室町時代にかけて営まれた遺跡である。
発掘調査により、二棟の掘立て柱建物、六基の井戸が検出され、
遺物では十世紀代の土師器(はじき)をはじめ、
中世期頃の珠洲焼(すずやき)や中国製の青磁器天目茶碗などが出土している。
井戸が多く検出されていることは飲料水が豊富で、
生活を営むうえで適した土地であったことを示している。
居住者層は河北潟や津幡川の水運に深く関わり、かつ河北潟縁辺を開拓した
開発領主層が想定される。 
【※原文ママ(  )内加筆。
  土師器…古墳時代~奈良・平安時代まで生産された素焼きの土器。
  珠洲焼…石川県能登半島の先端・珠洲市周辺で生産された中世の焼き物。】

開けた駐車場スぺ―スを凝視しながら、高札の文字情報を反芻するうち、
ぼんやりと往時の景色が現れた気がした。
無地無着色の麻製の丈の短い上着をまとい、やはり麻のズボンを履いた小柄な人々。
足元はせいぜい草鞋か素足。
水辺の傍だけに稲作と漁業を生業とし、質素ながら充実した暮らし。
僕には、そんな風に見えた。
『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連邦のキレイどころ。~機動... | トップ | 2016、最高潮寸前。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。