つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

リターンエースをねらえ!~ マリア・シャラポアと岡ひろみ。

2017年07月16日 09時01分20秒 | 手すさびにて候。
ほんの手すさび、手慰み。
不定期イラスト連載、第五十弾は、2人のテニス・プレイヤー。
「マリア・シャラポア」と「岡ひろみ」。

日本時間2017年7月16日未明、ロンドンのウィンブルドンセンターコートにおいて
「全英テニス選手権大会」にて女子シングルス決勝が行われ、
スペインの「ガルビネ・ムグルサ」が初優勝を飾った。
熱心なテニスファンではない僕は、彼女の事をよく知らない。
門外漢にとっては…正直、「妖精カムバック」の方の関心が高い。

「マリア・シャラポワ」は、身長188cm、体重59kg。
恵まれた体格を生かした強烈なサーブとストロークが身上。
ウィンブルドンをはじめとした四大大会の女子単全てを制覇した実力者。
加えて、麗しい容姿にも恵まれた人気者。
「アオーン!」「ウォーン!」と雄叫びをあげながらボールに食らいつく猛々しさと、
コートを離れた時に見せる笑顔のギャップに萌える。

彼女は、去年受けたドーピング検査で禁止薬物の陽性反応が出て、
当初2年間の出場停止処分を言い渡された。
その後、15ヶ月に減刑され、今年・4月にツアー復帰。
批判が多く、風当たりは厳しいと聞く。
ご意見は様々あるだろうが、個人的には活躍を期待し応援している。

そして、「岡ひろみ」である。
1970年代を中心に「週刊マーガレット」で連載されたスポ根漫画
『エースをねらえ!』の主人公だ。

高校のテニス部へ入部間もなく、いきなりレギュラーに抜擢。
嫉妬する上級生たちからはイジメの標的になり、
コーチからは想像を絶するスパルタ特訓を強要される環境下。
しかし、持ち前の根性で苦難を克服しながら、
ウルフカットの美少女は、やがて一流のプレイヤーに成長してゆく…。
いやぁ、萌えますな。

脇を固める面々も個性的だ。
JKなのに「あたくしは~じゃなくってよ。」とおっしゃるお嬢様で、
金髪縦巻きロールの「お蝶夫人」こと「竜崎麗華(りゅうざき・れいか)」。
男子を凌駕するパワープレイヤーの「緑川蘭子(みどりかわ・らんこ)」。
ニヒルな長髪のコーチ「宗方仁(むなかた・じん)」。
やたらと爽やかな「藤堂(とうどう)キャプテン」…。
息苦しいくらいに濃密なキャラを彩る、アニメ版の出崎演出も秀逸でした。

…ふと思う。
現在の「シャラポア」は「ひろみ」にならないといけないのかもしれない。
業界の逆風を跳ね返すタフなメンタルを発揮し、真摯にトレーニングに打ち込んで、
結果を積み重ねてゆくうちに、周囲の喧騒は消えてゆくだろう。
それは、ロング・アンド・ワインディングロードだ。
♪コートでは 誰でもひとり ひとりきり
 わたしの愛も わたしの苦しみも 誰もわかってくれない♪…である。

「マリア、苦しい時こそエースをねらえ!」
『イラスト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落とし穴は、日常と人の心に... | トップ | 祝、初戴冠。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。