つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

公営競技に春到来。

2017年03月20日 06時01分46秒 | 賭けたり競ったり
本日・2017年3月20日は「春分の日」。
春彼岸の中日(ちゅうにち)にあたり、かつては先祖供養の皇室行事にちなみ、
現在は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として、国民の祝日に定められた。
暦の上では、いよいよ春なのである。

こうした日の巡りや、様々な自然風物に加え、
公営競技ファンにとっては、賞典がシーズン移行の目安となる。
例えば、競馬なら4月の「桜花賞」。
競輪なら、5月の「日本選手権」。
競艇は、本日最終日を迎える「ボートレースクラシック」などがそれだ。

そして、北陸では冬季休業明けの「再開幕」は、季節を分ける節目である。
…きのう「金沢競馬場」のダートに蹄の音が帰ってきた。

待ち望んでいたファンが開門前から行列。

騎手たちも総出でお出迎え。

賑やかな場内に身を置いて(仕事だけど)、春到来を実感した。
『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩で感じる七十二候。 | トップ | Saturday in the Park. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。