つばた徒然@つれづれ津幡

いつか、失われた風景の標となれば本望。
愛犬と町を歩き、記録し、記憶する。
私的津幡町見聞録、時々イラスト。

女王、無念。~もえのあずき。

2017年01月03日 21時45分09秒 | 手すさびにて候。
ほんの手すさび、手慰み。
不定期イラスト連載第三十弾は、第4代・5代 爆食女王「もえの あずき」。

あっけない幕切れだった。
大食い世界一決定戦・決勝、日本 対 アメリカ。
1勝1敗で迎えた第三戦は、ドクターストップでアメリカの不戦勝。
「もえあず」の突発性過呼吸症によるリタイアだった。

僕は、決してグルメではない。
味を問わないわけではないが、食事における最重要は「腹が満ちる」こと。
口いっぱいの食べ物を咀嚼する時の快感は他に代え難い。
モリモリと飯を喰らっている最中に、時々思う。
このまま、満腹にならなければいのに…と。
しかし、やがて終わりが訪れ、
ため息と共に箸を置く際、一抹の寂しさを禁じ得ない。
だから「大食い選手」たちが羨ましくて仕方がない。
あれだけ食べられたら、さぞキモチイイだろうなと思う。

彼女が飲み込んだ記録は、常人を遥かに上回る。

オムライス10皿(4キロ)。
とんこつラーメン12杯。
炭火焼きエビ192尾(6.4キロ)。
味玉チャーシューメン13杯。
バナナ139.5本(ほぼ7キロ)。
とんこつラーメン21杯強。
ローストビーフ丼12杯(4.8キロ)。
チーズ豚骨ラーメン18杯。
卵かけご飯35杯(7キロ)。
キングフィッシュカレー12皿(6キロ)。
マカロニチーズ17皿(5.1キロ)…etc。

大食いに対して、ご意見は様々あるだろう。
贅沢の極みと眉を顰める方もいるだろうが、僕は拍手を贈りたい。
一線を越えた途端、楽しみは苦行に変貌する。
それでも箸を止めない大食い選手たちは、一種のアスリートだ。
『イラスト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津幡短信vol.26 | トップ | らしくないぞ、冬。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

手すさびにて候。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。