LAZINESS LIFE

Administrated by Hirom 絶賛迷走中

蠢動

2016-12-28 | WEBLOG
最後に発作が起きました。
 
 
 
今の現場着任したばかりの頃。
 
仕事で使う為に貸与されたパソコンはノート型なので、周りの正社員や外注の先輩方は皆USBキーボードを繋いで使用している。
(IT企業ではよくある光景。言ってしまうと、そーゆー文化の職場。)

確かに、打ちやすさで言ったらUSBキーボードの方が当然打ちやすいので、俺もUSBキーボード使いたいと思い・・・



俺「Aさん、皆さんが使ってるUSBキーボードって余ってないですかね?」

(即答で)
A「あ~無いですね~ 申し訳ないけど自分で調達して下さい」
 (要は「自前で買え or 自社から調達してくれ」
  俺以外のプロパーさん外注さんは貸与してもらえてる)

俺「そ~ですか、無いんじゃ仕方ない」

※Aさん→現場正社員で俺の教育係と面倒見る係みたいな位置のヒト



まぁ外注の身だし、最低限のモノしか貸与されないのは仕方ない。
PCと同時に貸与された外付けモニターもフルHDじゃねぇし・・・今時見辛いわ。。。

自社で仕事してた時の方がパソコンの環境はよかったな。
ま、こんな事は珍しい事ではないので慣れっこですわ。

自社にも使えるキーボードが余ってなかったので、結局安い奴を自前で買った。
 
で、
着任して3か月経とうとしている最近。
 
A「Hiromさんが使ってるキーボードって使いにくくないですか?(Aさんが俺のを使う機会があった)
  ウチ(現場会社)からキーボードもらえなかったんですか?」
 
俺「・・・(あ"?)」
 
俺「そーすね(イライラ) 在庫がなかったのか、もらえなかったんで自分で買いました(イライラ)」
 

 
別に、外注であるが故の微妙スペックなモノを貸与されるだとか、
在庫があるはずのモノを当事者の適当さによって有耶無耶にされるとか、
そーゆー小さい事でわざわざ不満の声を荒げるつもりなんざ全くないんですよ。



大抵の事は気にせず笑ってやり過ごすスキルは身についてるつもり。

今回みたいな事でちょっとイラってきちゃうのは、やっぱストレス溜まってんのかねぇ。。。



・・・なんて記事を書いちゃうと、
これを読んでくれた方々からは大抵「俺なんて私なんてこんなに酷いんだよ」なんて苦行合戦に突入したりもしちゃう。

それくらい、この程度のストレスなんて皆が当たり前のように抱えてるんだよなぁ。
もうアラフォーって歳もあって、仕事に限らず色んなモノを抱えてる。。。

今回の事をキッカケとして、少~し今置かれている自分の状況を振り返って考えてみた。



結局、全ての原因は「自分」。
こーゆー答えになっちゃうのよな。



そこそこ有名な大企業に外注として潜り込めた事は良い事。
辛い分だけ得られる経験値はそれなりな気がする。

前回のプロジェクトから引き続き、今旬の「クラウド」って奴に関われているし。



その部分以外は?



俺は外注で働く事に嫌気がさしてウンザリしたから、転職活動したんだよ。
今自分が所属している自社へは「自社勤務です」って話だったから、という理由が大きい。


確かに自社勤務だった。そのプロジェクトに参画している間は。

プロジェクトが終わった途端、会社からは「じゃ外で働いてきてね」と。


自分が浅はかだった。当然だ。
前の会社を抜けたい気持ちが強すぎて、今の会社から運良くもらった内定にすぐに飛びついてしまった。

それに加え、給料の安い事。
入社したばかりの頃よりは多少あがったけど、いくらなんでも大企業の新卒と大差ない金額ってのは勘弁して欲しい。
偏差値じゃ負けるかもしれんが、仕事はそいつらより全然できるっちゅーねん。

モチベーション下がるっての・・・


でも不満タラタラだった前会社を抜けられた事は事実。
結局、外注として苦しい状況にあるものの、何度も書いてる様に経験は積める。

この転職が正解だったのか失敗だったのか。
プラスもマイナスもトントンで判断はつかないな。。。

結局、さっきも書いたけど今いる位置が俺のレベル。



所詮は大企業のヤングメンにコキ使われるオッサンな訳よ。

どんなに抗おうが、それが俺の実力。



なんてこった。
俺の安泰はまだだった。

さてどーなる俺の人生。
ヨメさんもいるので俺ヒトリの問題でもなくなった。

上を見たその先の、その位置に自分は立てるのか。


・・・なんて言いながら、ただ文句言うだけで何もしない奴にだけはなりたくない。
何かしら、状況を変える為の「何か」は始められる様にしたいね。

単純に「また転職するのか」と思ったヒトもいるかもしれませんが、答えはそれだけじゃないはず。
色んなパターンの「変える方法」を模索していく事にします。



自分を鼓舞する意味を含めて、こんな発作めいた記事を今年の最後に書き綴るのでした、っと。
久々の長文で疲れた。。。

2016年お疲れさんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つるとんたん(六本木) | トップ | 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

WEBLOG」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL