GPX250 Ninja:バイクと猫とサンフランシスコの雑記

Kawasaki GPX250でベイエリアをまったり走る…バイク通勤 in San Francisco

天気が良いからBodegaBay。追記--ついに牡蠣ゲット。

2016年10月08日 | 日記
Bodega Bayへの道筋、Marshallにある牡蠣の店…前回記事にも書いた様に店の前は通るもののタイミングが合わず「今日はいいや」が続いていたけれど、ついにカキをゲットしに行って来ました。焼き牡蠣はその場で食べるけれど、今回ゲットしたのは殻にはいったままの生のカキ。

平日だったので人通り(車の通り)もめったにない一号線。町と呼ぶにはあまりに小規模で霧が出て来るとなにやら侘しさすら漂う…。オイスターの看板が出ているけれど外から見ると「ホントに営業してるのか?』と思う程人がいない。とりあえず入ってみる。


中に入ると、アラ、普通に人がいるじゃない。休日のように賑わってはいないけれど、観光客が数人オイスターを楽しんでいる。ここはカキの養殖と卸がメインで、小売りやレストランは派生ビジネスなのよね。だから平日午後の遅い時間(5時過ぎ)に来ても人がいないのは当然ですわね。ここは7時に閉店だし。


カウンターでカキを注文します。バーベキュー、生ガキ、その他色々ある。殻付き生ガキは大袋(50個入り)でなきゃ1ダース単位で売っている。カキの大きさはミディアムとエクストラスモールの2種類。パシフィックオイスターは大きい牡蠣で、ワラジみたいなのが出て来るからミディアムでも結構大きい。今回はエクストラスモールを1ダース注文してみた。


1ダースで15ドル(実際は15個入っていた)。牡蠣の準備が出来るまで店内で待つ。今日は霧で寒いからデッキに出る人はいない(てかこの天気で外に出る物好きはいないだろー)。デッキではアルコール御法度です。カリフォルニアは「往来でアルコールを飲むべからず」という法律があって、外では基本的にアルコール飲料は飲めない。よく知られている抜け道として紙袋に入れてアルコール飲料だと解らない様にラベルを隠して飲む、という方法がある。戸外と一口に言っても許可されている場所とそうでない場所があるし、公園や海岸でバーベキューしながらビールを飲むのは皆やるし…実に曖昧なんだけどね。ここはダメらしい。


入り口近くにはコーヒーのための砂糖やクリームが置いてある。レストラン稼業は「つけたし」感モロに出てます。本来ここは生け簀から上がったばかりの生の牡蠣を売る店で、朝早く袋詰めにしたカキを買うレストラン関係者が牡蠣の準備を待つ間コーヒーでも飲んで一息入れる場所。ここでカキを食べる事は可能だけれど、カウンターの向かいのイートインエリアしかない。言ってみれば片瀬漁港の魚販売所の横にイートインがある様な感じネ。


5分程待つとビニール袋に入った牡蠣を渡してくれた。氷が詰め込んである。厚手のビニールだから水漏れの心配は無いけれど気になるなら保冷剤持参で行って氷はいらないと言えばよろし。外はこんな感じでどんより…。晴れていれば素晴らしい眺めだけれど、晴れの日はめったに無い…大概夏は霧でこんな感じ。ちょっと陰鬱だねえ…。


全く残念な事に、カキの写真を取り忘れた。牡蠣は家に帰ってから殻を外し、酒、醤油をひとたらし、酸っぱく無いマヨネーズを上に載っけて焼いてみた。辛口日本酒とバッチリ相性がいいですヨ。ワインももちろん合うけれど、この料理には日本酒の方がオススメですね。日本のマヨを使うと酸味が強過ぎるから、ベストフーズのマヨで。

エクストラスモールは生ガキには良いけれど、このテの焼きカキには少々小さすぎた。ミディアムサイズで良かったかも知れない。


「その1」〜「その3」もよろしく。
天気が良いからBodegaBay。その3:Point Reyesのアワビアート!?
天気が良いからBodegaBay。その2:牧場地帯をひたすら走る
天気が良いからBodegaBay。その1:渋滞GGB入り口はショートカットで回避

↓ランキングに参加していますので下のアイコンをクリックして下さると有難いです。
バイク ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログへ  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ  にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気が良いからBodegaBay。そ... | トップ | DIYスモーカー2号機ついに完... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。