ロルフィング(R)のある生活。

走る!泳ぐ!蹴る!ロルファー リョウの身体的思考の記録。

また、本を読みました。

2016-10-19 22:56:00 | 日々の生活
 今度は、『人間と動物の病気を一緒にみる』です。

なかなか面白い章と、ちょっと集中力の途切れる章と、混ざった感じの本でした。
内容は、読んでもらうとして、気になったことが...

人がなんで食べ過ぎちゃうのかって、多くの人が思うことだと思うんだけれども、動物もそういう環境に置かれれば、食べられるだけ食べて、プクプクになるそうです。ただ、動物は、季節と共に生きているので、暖かい季節になれば、食べ物はたっぷりあって食べられるけれど、寒くなれば、食べ物を見つけるのが難しくなって、そんな風には食べられない。そうやって、自然と共に生きている(タオですねぇ〜)。
ヒトは、もう、いつでもそう環境にいることができる。そこが問題なんですね(全くタオ的でない)。近頃のように、野菜がとても高い値段になっても、他の種類のものは溢れてて、モリモリ食べられる。本当に幸せなことだと思うけれども、何かのルールに逆らっているんだろうなぁ、みたいに考えることもできます。

そんな話が、食べ物のことから、がん、依存、性、社会、発達などなど、動物のことを知ることでヒトの理解を深める、みたいな内容になってます。



9月末から10月にかけてのワークショップのコーディネートが無事終わりましたので、通常通りの営業をしています。
ロルフィングも楽しいですねぇ〜

rolfing-planet.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書、『病気にならない「腸... | トップ | ファスティング 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL