窓際日記・福島原発

窓際という仕事の雑感

テスト飛行に成功した「電動飛行機」

2017-04-24 04:08:50 | Weblog
・テスト飛行に成功した「電動飛行機」<--リンク

これは「電動飛行機」ではなく「エア・カー」ですよ!

まさか生きている内にエアカーが見られるとは思っていませんでしたがね


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

核融合炉

2017-04-21 14:46:52 | Weblog
核融合

高速増殖炉(もんじゅ)を「夢の技術」とするならば、核融合炉はさしずめ「夢の技術」X「夢の技術」でありましょう。

その技術たるや、いったい何時になれば実用化できるのか、全く見通せない技術であります。

・1億度超えるプラズマ生成 核融合研、重水素実験で<--リンク


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

自動翻訳

2017-04-08 11:54:56 | Weblog
とうとうここまで来た、、、という感じです。

予想していた時期よりは随分と早かったですね。

・Skypeが日本語の音声リアルタイム翻訳に対応 10番目のサポート言語に<--リンク

・Skypeの1対1リアルタイム音声翻訳機能が日本語に対応<--リンク

・リアルタイムで発声してくれる「Skype翻訳」を試してみた 外国人と会話はできる?<--リンク

PS
ご参考までに。

・バベルの塔<--リンク

PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・コンピュータ囲碁大会とワールド碁の結果・

2017-03-24 11:22:13 | Weblog
第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会

結果は以下の通りです。
優勝  :Fine Art(絶芸)
2位   :DeepZenGo
3位    :Rayn
4位   :AQ
5位    :Crazy stone
6位    :Aya
7位    :CGI Go Intelligence
8位    :DolBaram

新手が上位に食い込んできました。

これはアルファー碁が開いた道筋の革新性・汎用性の高さを示すものであります。

特に優勝した絶芸は中国のテンセントという会社が10人のエンジニアX1年で開発したそうであり、このソフトが一日の長があると思われていたDeepZenGoを破った事は特筆されるべきことであります。

以上、詳細記事はこちらを参照ねがいます。<--リンク


第一回 ワールド碁チャンピオンシップ

井山六冠、最下位でした。

DeepZenGoが3位。

優勝は韓国の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(24)。(賞金3000万)

2位が中国の羋※廷(み・いくてい)九段(21)。(賞金1000万)


そういう訳で、鎖国日本はやはりだめでした。

仲間うちだけでやっているのは心地よいのでありましょうが、やはり進歩は遅れます。

日本の囲碁界はさて、今後はどの方向に向かうのでありましょうか?

・井山、AIにも負ける 韓国の朴九段が優勝<--リンク

PS
・トップ棋士の一力七段も囲碁AIに連敗 「本当に強い」<--リンク

囲碁には大局感が必要でCOM君にはムリ、、、と言われていたのは、つい一年ほど前の事でした。


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

・放射線量コントロール42 ・継続情報フォローアップ

2017-02-22 13:15:02 | Weblog
2017年 スタート

・福島第一原発2号機の圧力容器下を初撮影<--リンク

今回のように放射性物質の取扱いにミスが生じると、その復旧には恐ろしく時間と費用がかかります。

さあそうしますと、最終処分場にトラブルが生じた場合は、考えただけでも気が遠くなります。


・福島第一原発、廃炉の現実<--リンク

気が遠くなる作業が続きます。

かつて原発の夢を語った人たちの目にはこの現実はどのように映っているのでしょうか?


・柏崎 刈羽原発 免震棟、利用断念に不信感 東電二転三転、知事「説明求める」 /新潟<--リンク

東電のいいかげんさ!!

こういう体質が原因で福島の事故も起きた可能性が大であります。


・福島県4町村の避難指示、一斉解除へ 3万2千人が対象<--リンク

「半径5km以遠は屋内退避が基本」とかしたり顔でいっていたのはどこかの委員長さん。

じっさいは30kmまでは人が住めない場所になってしまったというのが現実。

まあ「見たくないものは見ない」という気持ちも分からないではありませんけどねえ。

でもそれでは「科学者としての誠実性」が疑われてしまいますよ。


・放射能への不安、残ったまま 前例のない除染事業完了へ<--リンク

終わりましたか。

それじゃ帰りましょう、、、などという「お人好し」はそうそうおりますまい。

そうは思いませんか、安倍さん。


・高浜原発、再稼働へ 大阪高裁、停止の仮処分取り消し<--リンク

「絶対に安全である」という主張は「安全神話」と呼ばれるものです。

それで、今回の高裁の判定は「合理的である」というものでした。

但し 
・新規制基準が避難計画などの原子力災害対策を規制対象にしていないのは不合理ではない
とのこと。

そうして事故が起きれば「その当時の科学技術の判断ではいたしかたなし」と言うのですね。

そうやってまた「事故による様々な困難を周辺住民にしわ寄せする」のでしょうか。


・自主避難は「本人の責任」 今村復興相が発言<--リンク

つい本音が出てしまったようです。

そうして、これが国の本音でありましょう。

こうやって「弱者きりすて」が行われていくのであります。

原発立地県の住民の方々はこう言う事実を忘れてはいけませんぜ。


・原子力規制委員長に更田豊志代理が昇格 田中俊一氏退任へ 政府、国会同意人事案提示<--リンク

田中さん、100点満点とは言いませんが、なかなか渋いかじ取りで、合格点は差し上げても良いのでは、、、と思っております。


・復興庁、自主避難の質問打ち切り 今村氏の発言以降制限

国の姿勢が問われていますぜ、安倍さん。


PPS
「放射線量コントロール一覧」はこちらから入れます。

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・竜王戦 失われたもの

2017-01-10 11:31:22 | Weblog
プロ将棋の世界がめちゃくちゃになりました。

これがスマフォにプロ棋士より強い将棋AIが載ったことの結末です。

スマフォに強いソフトが載るであろうことは数年間にすでに予測可能でした。<--リンク

そうして、ソフトカンニングの例はすでにチェスの世界で発生していました。

連盟は、プロ棋士たちは結果的にこれらの事を自分たちの世界に反映する事が出来ませんでした。


竜王は「プロ棋士の世界を守るために」という大義を立てて行動したと聞き及んでおります。

しかしながら、それは「大義」とよべるようなものではなく、とても近視眼的なものであった様です。


自分たちがどのような世界に生きているのか、どのような世界で仕事を、対局をしているのか、それを理解する努力をしませんでした。

なるほど、村の中に閉じこもって従来のやり方を継続していけば生きてゆけるように見えたのでしょう。

しかしながらそれは幻影でした。

その事がはっきりと示されたのが今回の一連の騒動の結末であります。


スマフォに乗った将棋AIがこの結末を招いた一つの要因である事は確かなことです。

しかしながら、それは時代の進歩そのものの事でもあります。

スマフォAIを否定することは時代の進歩を否定することと同じであります。

それは出来ない事。

それを理解するのがいやで、頭だけふとんにつっこんで見ないふり、聞かないふりを続けました。


将棋AIと闘ってきた電王戦。

村の外側に「敵対する者」としての将棋AIが存在していた時は、村は一致団結していました。

しかしながら、村の中に将棋AIが入り込んでくるとその状況は一変した模様です。

それを使って研究するものが現れます。

そうしてその有効性がしだいに理解されひろまっていきます。

ついには「研究」ではなく「実戦につかう」という事が可能であることも分かってしまいます。

そうなると「村の団結」は内部から壊れていきます。

実際に、内部から壊れていきました。


それでもそれらの状況を村の中だけに隠しておければ、外部に漏れないようにできたなら、まだ外見上はなんとかなったのかもしれません。

しかしながら、今の時代でそのように情報をコントロールすることは不可能なことでありました。

そうしていまある状況、プロ将棋の世界が混乱の極みにあるという状況が世間に知れ渡ってしまいました。


将棋AIと向き合ってきたかのように見えた電王戦。

残念ながら「対局はしてきた」のですが「将棋AIとは向き合うこと」はしてこなかった様です。

将棋AIの持つ意味、将来はどのようになっていくのか、そうして自分たちはどうそれに対応していくべきなのか。

そういう事がすっぽりと抜け落ちて、そこにあったのは単に「強くて便利な道具」という認識だけだったようです。


自分たちが最強である。

この事が成立しなくなった現在、そのように歌っていた団体の行く末がどのようになるのか、しっかりと見届けなくてはなりますまい。<--リンク

PS
現状では三浦九段は実質、何の補償もされておらず、名誉回復に向けた連盟からの「三浦九段は白」という公表もありません。

そうして、プロ棋士達はだんまりを決め込み、そこからは何もメッセージは出てきません。


王将戦では郷田、久保両氏のガラケーは封印されましたが、金属探知器は使われませんでした。(つまり、二日制でも持ち物検査はなし、、、ということです。)

対局者としてはそれでいいのでしょうが、「安心して対局できる環境を作る義務がある」連盟の態度としては落第であります。

そういう訳で、連盟はとりあえず対局が行われればそれでよく、本気で対局者を守ろうとはしていない様にみえます。


さて、電王戦ではプロ棋士は「地上最強」という看板を失いました。

そうして今回の竜王戦の騒動で、プロ棋士は「棋士たる者の矜持」を失った様です。

いや、言い方が正確ではないですね。

もともとそのような「棋士たる者の矜持」などは存在せず、そこにあったのは「作り上げられた虚構だけ」だったのかもしれません。

そうしてその虚構が破れてしまった。

「なんだ、社会人として、そうして人間としてはプロ棋士たちと言うのはいったいどういう人たちなのだ?」という疑問が提示されてしまいました。

衆人の目に明らかにされてしまいました。

それが見えてしまった現在、その虚構の姿をそれなりに受け入れていた将棋ファン、プロ棋士ファンの落胆、そうして怒りはとても大きいのであります。

その現実から目をそらして、単に「スポンサーさん大事」、「対局料大事」を続けるならば連盟には、プロ棋士たちには未来があるとは思えません。

連盟にとって、プロ棋士たちにとって、今が、ここが本当に正念場なのであります。

PS
さすがに囲碁界は将棋界のありさまを「他山の石」としていますね。

・囲碁対局中にスマホなど使用禁止 日本棋院が新規定<--リンク

PS
18日に連盟より公表された「第三者委員会レポート サマリ」です。

かなり真面目に仕事をされていました、三者委さん。

これは評価されるべきでしょう。

PS
日本将棋連盟の谷川浩司会長 辞任を正式に表明<--リンク

まあそれなりの組織なのですらか、騒動の責任は、けじめはやはりトップは取らなくてはいけません。

・将棋の三浦九段「とても残念」 谷川会長辞任で <--リンク

谷川さんの辞任で全て終了、という訳にはいきませんよ、という三浦九段のコメントでした。

『日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)が辞任を表明したことを受け、コンピューターソフトの不正使用を疑われて出場停止処分となった三浦弘行九段(42)は18日、「このような結論になってしまったのは、とても残念です。
将棋ファンのためにも、早く将棋界が正常な状態に戻ることを願っています」とのコメントを発表した。』

実際の所、「それで補償はどうしてくれるの?」、「今後はどうするの?」、という事が一切不明でありますから。

とても「これで正常にもどりました。」という訳にはいきません。

追伸

以下、やれやれな話です。

・将棋連盟、谷川会長が辞任会見で語ったこと <--リンク

追伸

・「三浦九段にご迷惑かけた」 渡辺竜王、不正問題で謝罪 <--リンク

会長辞任発表の一日まえの17日、竜王の就任式があった模様です。

そこで竜王が一言。

『渡辺竜王はあいさつの中で「メディアの取材に応じたことで三浦(弘行)九段、読売新聞社様、将棋ファンの皆様方にご迷惑をおかけしました。
申し訳なく思います」と謝罪した。』

まさかそれで全て。

三浦九段を地獄へ叩き落として、それだけ?

大いに疑問であります。

渡辺さん、竜王位は返上すべきでありましょう。

追伸

島さんも理事を辞めるようです。

まあ、妥当なとろろでありましょう。

・谷川将棋連盟会長が辞任 不正騒動「対応に不備」 <--リンク

PS
19日の理事会で谷川さんと島さんの辞任が承認された模様。

後任(2名)は2月6日の臨時棋士総会で選出の予定。

・日本将棋連盟、谷川会長らの辞任承認 臨時理事会 <--リンク

PS
連盟は2月6日に臨時総会を開催し新たな理事長に佐藤康光九段(47)を選出した。

・日本将棋連盟の新会長に佐藤康光九段<--リンク

さて注目すべきは以下の内容です。

一方、理事経験者を含む棋士28人から、職にとどまっている常勤の理事5人の解任を目的とした臨時総会開催の請求が出された。
連盟は27日に臨時総会を開き、この件を議論する。

さて結果はどうなることでしょうか?

ちなみに三浦九段の復帰第一戦は羽生さんとの対局で確か13日だったかと思います。

PS
・将棋の三浦九段が4カ月ぶりに復帰 羽生三冠と対戦<--リンク

羽生さん、三浦9段同様にボディーチェックを受けた模様です。

さすがに隙がありませんねえ、羽生さんには。

・午後6時に夕食休憩、三浦弘行九段は盤面から目を離さず<--リンク

・将棋の三浦九段、復帰戦で羽生三冠に敗れる 竜王戦予選<--リンク

・・・この日が誕生日だった三浦九段は、一時有望とみられた局面もあり、ブランクを感じさせない戦いぶりだった。・・・

残念でしたねえ、三浦さん。

まあでも復帰できて良かったです。

追伸
・朝日杯とか。<--リンク

・・・私に対して厳しい意見があるのは重々承知していますが、そもそも「剥奪でも構わない」という意思はないし、そんな言葉は使っていません。・・・

ほほう、そうでしたか。

しかし「やらかしてしまった事の責任」はどうやって取るつもりなんでしょうかねえ。

それともまだ「自分には責任はない」とでも言うつもりでありましょうや?

PS
以下、三浦九段、激白するの巻

・「どうしても言いたいことがある」 三浦九段が初めて語った騒動の内幕<--リンク

追伸
本日(2月27日)、臨時総会が開かれました。

以下その結果です。<--リンク

議案順
青野解任 可決
_東解任 否決
中川解任 可決
佐藤解任 否決
片上解任 可決

棋士の方々は首の皮一枚で、それなりに状況をつかんでおられる様です。

・将棋連盟の理事3人を解任 ソフト不正騒動の対応問題視<--リンク

そうして、これであとは竜王がどのように責任を取られるのか?ということになりました。

追伸
竜王は「怪文書PDF」や弁護士を使った工作でこの臨時総会を乗り切ろうとした模様ですが、それもうまくはいかなかった様です。

そうして、ギリギリの評決ではありましたが、棋士たちの常識が勝利した模様です。

・青野九段、中川八段、片上六段らの3人の理事が解任された2月27日の臨時総会<--リンク

PS
・「棋士の美学か」…森内九段フリークラス転出に<--リンク

森内さんは常に我々の思いの斜め上を行きますねえ。

PS
・将棋電王戦、佐藤名人がソフトに敗北 「読みの精度高く完敗」<--リンク

ポナにたまに勝てるソフトがあるのが現状。

もはや人とは別の次元の存在になりました。

・佐藤名人71手で敗北に「総合力でソフトが超えた」<--リンク

PS
・将棋の三浦弘行九段が復帰5戦目で初勝利「例のことがあって離席しにくい」<--リンク

三浦9段、ようやくの一勝です。


PS
・14歳藤井聡太四段、羽生三冠破る 将棋の非公式戦<--リンク

時代は容赦なく流れていくものですね。


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・竜王戦 誰が今回の騒動の絵を描いたのか?

2017-01-03 12:36:30 | Weblog
いろいろなところで陰謀説が噂されています。

さて、本当に誰かが、あるいは複数の人が絵を描いたのでしょうか?


仮説1・竜王が絵を描いた。

人気のある仮説であります。

このところ負けが込んでいた三浦9段を避けて丸山9段と対戦した。

そうして、結果的に竜王を防衛した、、、と。

表面上はその通りであります。

そうでありますが、それではあまりにも露骨すぎて、稚拙すぎてかえっておかしいですね。


それから、挑戦者変更の為に週刊文春まで根回しをして「挑戦者疑惑の記事が存在すること」にしてもらわなくてはいけません。

文春はその「存在しない記事を存在する」という事にした対価が20日の竜王独占告発記事のスクープとなる訳ですが、それでは文春が引き受けているリスクの方が文春が得ることになるリターンをはるかに上回っているように見えます。

それから、そのようなお願いを文春にした、とすると、さて竜王は一生の間文春に弱みを握られている事になります。

あるいは逆に文春が竜王に弱みを握られた、、、と解釈することも可能です。

たかだか一回の竜王戦のことでそれほどのリスクを両者が引き受ける、、、とはとても思えません。


仮説2・読売が絵を描いた。

10月3日~4日頃には文春のみならず他の週刊誌も新聞社もソフトカンニング疑惑の情報をつかんでいた、という情報があります。

それで、竜王戦スポンサーの読売新聞が「疑惑のある挑戦者では竜王戦開催はできない。」として「挑戦者交代の絵を描いた。」という仮説です。

これもかなりの人気がある仮設です。

しかし、読売とすればそれで竜王を介して連盟に介入して、なおかつ文春にまで手をまわしてこのような複雑な騒動を引き起こす必要性は全くありません。

単に連盟に対して「このような噂があるが、今回の竜王戦では世間から疑惑をもたれないように十分に注意して開催して下さい。」と言えばそれで十分なのであります。

後は棋戦の開催・運営責任のある連盟のお仕事、責任になるのですから、それ以上の余計な事は一切必要ありません。


仮説3・絵を描いた人は誰もいない。

これが竜王と連盟の主張していることになります。

現状の推移をみればなにやら竜王が主導しているかのように見えますが、それはそのように見えただけであって、その時々の「これが正当な、妥当な判断である。」と言うものが積み重なってこうなってしまった、、、というものであります。

そうでありますれば、そこには全体の絵を描いた人は存在せず、思いこみと判断ミスが存在したのみである、ということになります。

そしてそこには「悪意はなく、連盟のため、という大義が存在した。」という主張になるのですが、それでもその結果引き起こされた事態に対しては、結果に対しては、関係各位の方々の責任が免責されるという事にはなりません。

目的の、動機の正当性は手段を正当化せず、もちろん結果に対する免責も保障しないのであります。


以下仮説3の詳細になります。

「三浦弘行九段への処分・第八幕の3」で「そうしますとやはり「三浦9段はソフトカンニングしている」という確信を持ってしまった事が今回の騒動の決定的なことであった様に思われます。」と書きましたが、それだけであれば「金属探知器の導入」と「対局の監視」で十分に「クリーンな竜王戦」は実現できたはずです。<--リンク

そうして文春への独占告発は必要ないですね。

三浦9段はカンニングできずに実力で戦うしかなく、そうして「実力では自分が上」と竜王は思っているのですから。

5日の自らが提案した「金属探知器導入」とそれに対する三浦9段の「導入合意」をもって、この話は終了のはずでした。

しかしながら実際は7日になって島さんに「これでは対局できない」旨を伝えています。

なぜでしょうか?


どうやら7日までは「週間文春が竜王戦最中にソフトカンニング疑惑記事をぶつけてくる。」という情報は唯一竜王だけが連盟の中でつかんでいたと推定するのが妥当の様です。

そうであれば、実際にそのような状況になったときに、そうしてその文春の記事の中に「竜王はこの記事が出る事を知っていた。」とでも書かれた場合は、まずは理事さん達に対して言い訳ができません。

そうして、そのような状況となってしまった竜王戦を読売が「それでよし」とする保障はどこにもありません。

そういう訳で竜王は自分の持っているすべての情報、そうして「三浦9段はやっているに違いない」という自分の確信を島さんに伝えて相談したものと思われます。

この情報は直ちに主要な理事の間で共有されたと思われます。

そうして2日後の9日には「明日、会合を開くので出席よろしく。」の連絡が10日の秘密会合の出席者にだされたのでした。


この進行とは別にスポンサーである読売新聞に対しても、この竜王の情報は伝えられ、そうして相談がなされたと思われます。

しかしながら、棋戦の運営主体は、運営責任は連盟にあるのですから、読売は「対応の責任は連盟にありますよ。」という立場であったはずです。

そうしてこの相談の結果として、
案1・挑戦者を代える、
案2・週刊誌の袋だたきに(連盟が)遭う、
案3・竜王戦を延期していただく、
の3つの案が読売と連盟の間のある程度の共通認識になったと思われます。

こういう状況のもとで11日の常務会という名前の査問会が開かれたのでありました。


話が前後しますが竜王が文春の疑惑スクープ記事の情報を入手したのはたぶん4日ごろでしょう。

そのあたりから文春も本格的に疑惑の取材をはじめた様であります。

そうして同じころに「三浦9段がソフトカンニングしている様だ。」という情報も竜王にもたらされたのでありました。

その結果が5日の「竜王戦への金属探知の導入」に結びついたと思われます。


さて次に上記3つの案ですが、その内容について少々。

案1・挑戦者を代える

これは疑惑の挑戦者と名指しされることになるであろう三浦9段を連盟が擁護しきれるか、という問いかけへの答えが実質上「NO」である事と同じであります。

三浦ー丸山戦を監視し、問題がなかったという事実、そうして「金属探知器の導入」という対処をしてもそれだけの発表で週刊誌の疑惑記事を打ち消す自信が連盟には、その時の連盟にはなかった、理事さん達には持てなかった、ということであります。

それが秘密会合、そうして竜王の主張を聞いた結果としての、加えて当日の三浦9段からの事情説明を聞いた上での主要な理事さん達の判断でした。

したがって、中央突破にあたる、
案2・週刊誌の袋だたきに(連盟が)遭う、
という案、これは三浦9段の潔白を信じて、そのうえで今回の竜王戦の監視体制を主張することで疑惑報道をはねつける道ですが、この案をとる事が出来なかったのでした。


案3・竜王戦を延期していただく

この案はまずはスポンサーさんにかなり迷惑がかかること、そうして実はどうやったら今まで以上の事実をつかめるのか、そうして調査に何日必要なのかも連盟にはわからなかったでありましょう。

つまり、いつまで延期すればよいのかさえ決めることができなかったと思われます。


そして8日の日の竜王の文春へのメールは「我々が動くので、そちらは我々の結果を待ってくれ」というものだったかと思われます。

そうして12日の処分公表後に文春に対して「経緯詳細のインタビューOK」の連絡を、もちろん理事さん了解の上で入れたものと思われます。

それが以下の竜王の12日のブログの内容かと推察いたします。

「大変な事態になってしまいましたが、引き続き将棋界へのご声援を宜しくお願いします。
詳細は各種報道に任せて、ここでは省略します。」

こうして20日に文春の疑惑独自調査レポートではなく竜王の独占告発記事の公表となったと思われます。


以上のような経緯であろうとは推定できますが、何分とも関係者がこの話のキーポイントを話さない、話せない状況にあるかと思われます。

そうでありますれば、今回の騒動の真相は永遠に闇の中、、、ということになりそうです。

PS
時系列まとめはこちらの記事も参考になります。

・三浦弘行九段のソフト不正疑惑の時系列まとめ記事(その3)<--リンク

PS
「8日の竜王の文春へのメール記事」はあまり目新しい内容がない、というのが2ちゃんねるの評価だったかと記憶しています。<--リンク

そうですね、我々にとっては「7日に島さんに告発した」と言う情報がすでにありましたので、それを文春に連絡した、と言う意味しかなさそうです。

しかしながら、文春がこのタイミングでなぜこのような薄っぺらい内容の記事をだしてきたのか、と問いたくなります。

そうしますと、この記事は竜王と連盟に向けられたメッセージではないのか、、、などと思えてくるのです。

つまり「文春を悪く言う事は許さない。さもなければこのメールの発表していない残りの部分をばらすぞ!」などど。

でもまあ、こういうのを世間では「ゲスのかんぐり」というのでしょうかねえ。

PS
・将棋界が直面する未曾有の危機とは何か?<--リンク

今回の連盟対応は批判されても仕方のないものでありました。

追伸
・謹賀新年。2017年の将棋界は激動の年になりそうです<--リンク

田丸さんも引退されて割と自由に本音が言える様になりました。

追伸
・1月3日から平常運転の仲良しフットサルチームです。<--リンク

なにやら竜王らしい姿も見えるのですが、、、。

まさかねえ。

多分、人違いでありましょう。

PS
・三浦棋士は「灰色無罪」なのか 将棋ソフト不正使用疑惑<--リンク

第三者委員会、および連盟対応への批判記事であります。

PS
・<王将戦>不正対策のため電子機器預かり<--リンク

あれだけの騒ぎを起こしながら金属探知器を使わないという、この中途半端な対応というのはどうにも納得ができません。

不正が行えない環境を作ること。

その事に関して連盟さんは何も学習していない様にみえます。


PS
・三浦九段、スマホ不正使用疑惑晴れファンの前にサプライズ登場…高崎市でこども将棋大会<--リンク
(・三浦九段、スマホ不正使用疑惑晴れファンの前にサプライズ登場…高崎市でこども将棋大会)

おかえりなさい。
とりあえずよかったですね。
そうして、ヤマダ電機さん、ありがとう。

・不正疑い晴れた三浦弘行9段「少しは落ち着いた」<--リンク

・三浦九段、ファンの前に姿 調査委が不正否定後、初めて<--リンク
(・三浦九段、ファンの前に姿 調査委が不正否定後、初めて)

・三浦九段、地元のイベントに出演 ファンから拍手<--リンク

・疑惑騒動の棋士・三浦弘行九段がこども将棋大会に出席 「地元の声援ありがたい」<--リンク

タイトルを見るだけでも新聞各社のスタンスの違いが良くわかりますね。

そうして、読売がないのは何故でしょう?

PS
・1月5日指し初め式の風景。<--リンク

なお渡辺さんは参加、三浦さんは例年と同じく不参加の模様。

・羽生3冠「三浦九段の一日も早い復帰を」<--リンク
・拡大写真<--リンク


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・三浦弘行九段への処分・第八幕の3

2016-12-31 21:31:44 | Weblog
前回の「三浦弘行九段への処分・第八幕の2」は今回の騒動の後半、全ストーリーの半分です。<--リンク

そうして、未だに不明なのは、情報公開が必要なのはこの物語の前半部分なのであります。

そうやってようやく物語の全貌が明らかになるはずなのですが、キーポイントの部分が出てきておりません。

そうして、第三者委員会もそこのところは「調査対象外」としています。


以下の時系列まとめは2ちゃんねるからの引用になります。

今回の騒動についての2ちゃんねるの炎上は激しく、いまだに読むのが追い付いていません。

しかしながら、このあたりで中間まとめをしておきたいと思います。

そうしないと何が何やら、まったく状況がつかめなくなりそうですので、、、。

■時系列まとめ (2ちゃんねるからの引用:各位敬称略)
733 : 名無し名人 (ワッチョイ dfd4-g1cW)2016/12/28(水) 14:21:19.63 ID:ePtAmWBo0さんまとめに
346 : 名無し名人 (ワッチョイ af39-g1cW)2016/12/28(水) 13:15:06.58 ID:f3DU23kQ0(前スレID:jaZktZl50さんのをちょっと付け足し )
を追加、合体させたものに追記しました。

7/26 久保が三浦と対戦、30分の離席(実際は6.3.3分)
8月8日に連盟が長時間の離席を控える旨の通知書を全棋士に送る。
8/26 三浦対丸山 連盟が監視するもクロの証拠出ず
9/8 三浦対丸山 連盟が監視するもクロの証拠出ず
10月 3日 A級戦 三浦に敗北。渡辺は「三浦の研究手に嵌められて負けた」と発言、感想戦もそこそこに帰宅
10/3 渡辺が三浦九段と対局。後にクロだと確信
10月 4日 テレビで見ていた黒幕※に「三浦のカンニング疑惑」を教えられる。 
10月 4日 文春中村、この日くらいに情報を掴んだと10/20発売の文春に記述
10月 5日 渡辺提案で竜王戦の金属探知機導入が決定 (Byサンスポ)
10月 5日 12月14日より、電子機器は対局前にロッカーに預ける、対局中は外出禁止、等の規定を施行の旨公表
10月 7日 三浦とは対戦したくないと、島専務理事にねじこむ (電話連絡)
10月 8日 渡辺は文春記者に、告発の腹を固めた旨のメール送付 (bY12/28の週刊文春)<--リンク
10月10日 秘密会議 千田を連れて、羽生や谷川にカンニング疑惑を説明
10月11日 三浦、査問会に呼ばれ
10月12日 三浦、挑戦権を剥奪
10/12 連盟 処分発表 、渡辺ブログで「大変な事態、詳細は各種報道に任せて、ここでは省略。」
10月15日 竜王戦第一局
10月20日 週刊文春に、渡辺の独占告白が行われ、三浦の疑惑が大々的に報道される <--リンク

※10月4日、渡辺にチクった黒幕は、報道関係者(By朝日新聞)、棋士(By週刊文春)の二説あり <--リンク

2ちゃんねるからの引用になりますので、上記各位敬称略ということでお許しをお願いします。


7月26日の久保ー三浦戦の後で久保さんがたぶん千田さんにソフトでの解析を依頼したのではないかと思われます。

そうしてその結果とご自分の対局での三浦さんの離席時間の長さから「カンニングの印象をもたれた」のではないかと。(By週刊文春)

それらの情報が周囲に伝わりソフトカンニングのうわさが広まったと思われます。

連盟に対する久保さんの要求は関西の棋士の会合で出されたと記憶しています。

それを受けての8月8日の通達、そうして8月26日、9月8日の対局監視になったと思われます。

10月 5日 渡辺提案で竜王戦の金属探知機導入が決定 <--渡辺さん提案のソースは確認できていませんが、今回の竜王戦では金属探知器が導入されるという情報は公開されていました。

この提案は、渡辺、三浦両名によって承認されていたと記憶しています。(ソース2CH)


10月 8日 渡辺は文春中村に、告発の腹を固めた旨のメール送付 (bY今週の週刊文春)

このメールで渡辺さん、「先日の対局が最後になるやもしれない。」の決意を語っています。

これは島さんに連絡した内容がかなり厳しいもので、とらえようによっては「対局拒否と受け取られてもしかたがないもの」であった事をうかがわせます。

そして、プロ棋士にとって「対局拒否」はそのまま「除名処分」につながるものと理解しています。


問題はなぜそこまでのリスクを取ったのか?

金属探知器まで導入されるのであれば、実質上は今回の7番勝負はクリーンな環境で行えます。

そうであれば、巷で言われている様に「何事もなく挑戦を受ければよかった」のであります。

そうして、そこで仮に敗れたとしても来季に再度挑戦は可能です。

しかし「除名処分」となれば来期はありません。

それならば、ここは黙って挑戦を受けるのも確かに一つの方法、現実的な方法であったかと思われます。


そうしますとやはり「三浦9段はソフトカンニングしている」という確信を持ってしまった事が今回の騒動の決定的なことであった様に思われます。

そうして、そのような確信を持ってしまえば全ての事柄にその判断のバイアスがかかってきます。

そうしてそのような渡辺さんの「強い思い」に連盟の理事さん達が、トップ棋士の面々が飲み込まれていったように見えます。

その思いの前では、「連盟監視結果では三浦ー丸山戦、異常なし」という報告も「金属探知器導入」という決定も意味を持たなかった様であります。

ちなみに島邸での会合の際には「連盟監視結果では三浦ー丸山戦、異常なし」という報告はトップ棋士の面々にはなされていなかったと推察しています。

もはやこの段階では三浦9段に有利な情報は意識的か無意識的かは分かりませんが、会議の内容からは排除されていたものと思われます。


10月20日 週刊文春に、渡辺の独占告白が行われ、三浦の疑惑が大々的に報道される

この報道は「竜王戦挑戦者疑惑報道」との差し替え、バーター取引で、半ば連盟公認であったろうとおもわれます。

そしてこの記事は「疑惑の挑戦者を未然に排除した、竜王と連盟のヒーロー物語」になるはずだったものと思われます。


以上が公表されている情報と2ちゃんねる情報、そうして個人的な推測を積み重ねた、後日修正あるいは追記を前提とした暫定報告となります。
(本文は必要に応じて随時修正、追加されるものであります。)

PS
竜王が今回の竜王戦に金属探知器の導入を提案したという記事です。<--リンク

ここまでやって、それでも三浦九段との対局が納得できなかった竜王の思いと言うのは何なのでありましょうか?

PS
現時点での今回の竜王の告発記事への関係各位の評価はまるでリトマス試験紙のようにその人の状況を示す様です。

現状の将棋村の在り方から経済的、そうして社会的な利益、自分のプライドのよりどころを得ている方々は村の在り方の変化、変更をたやすくは受け入れないでありましょう。

それがとても名のある専門家の方々の忠告(第三者委員会の報告)を聞いた後でさえこのありさまですから。

そうして結局のところ村の掟(おきて)はとてもとても硬いものであるということが再確認されつつある状況であります。<--リンク

PS
ご参考までに。
渡辺さんの師匠にあたる方の様です。<--リンク


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・三浦弘行九段への処分・第八幕の2

2016-12-28 06:29:36 | Weblog
昨日(27日)は三浦9段の記者会見連盟の報告会とダブルで行われて、実に情報量が多い日でした。<--リンク

そうして、まだバラバラではありますが、この騒動についてのあらかたのピースが、はめ絵の小片が出そろった模様です。

さてそこで、ここではまずは情報の整理から始めることとしましょう。

とはいえ、事の真相は当事者にしか分からず、しかもその当事者間であってさえ事実認識、あるいは「言った、言わない」というように認識が異なる世界であります。

従いまして以下のお話は個人的な推察を加えながらの、それぞれのピースの配置作業となります。


さてこの物語の大筋。

やはり主人公は竜王と理事さんでしょうね。

そうして竜王と仲の良いマスコミ関係者、それからスポンサーさん、まあこんなところでしょうか。

それからもう一人の、悲劇のヒーローが三浦9段となります。

それ以外のおおくの関係者が登場しますが、まあそれはおいおいの話ということで。


さて、竜王戦が迫ってきたこの頃、挑戦者に連敗中の竜王はどうにも落ち着きません。

「なぜやつは急にこれほどに強くなったのか?」

まあそういう訳です。

そこに二つの噂が聞こえてきます。

「どうやら挑戦者は禁止魔法(将棋AI)を使っているらしい」というのが一つ。

もうひとつは「その事について、竜王戦開催中にあるマスコミがスクープ情報を出すらしい。」というものです。


そこで竜王は考えます。

「竜王戦の最中にそんな醜聞を発表されたら、竜王戦に傷がつき、スポンサーへの印象が悪くなる。」

「そうして対局料の値下げにもつながる話なので、これはまさに我が村の存続問題でもある。」

まあそんなところでしょうか。


さあ、問題の所在が明らかになったと思いこんだ竜王、さっそく村の顔役である懇意の理事さんにご相談であります。

「こうこうこういうわけだ。これはほってはおけまい。」

こうして理事さん邸での秘密会議の招集となりました。

出席者のみなさん、対局中の長時間の不自然な離席、そうして何より聞きなれない「将棋AIとの一致率」を駆使した説明におされぎみです。

そうしてなかなか「その一致率とは信頼性があるものなのか?」とは問いかけられません。

なにせ、世間ではやりの最新将棋AIについての話らしいので、ここは「しったかぶり」をするのが良さそうです。<--リンク

その結果、竜王と理事さんは「みんな分かってくれたな。」と思いこみます。


それで翌日三浦9段を呼び出しての竜王立会での10人で1人を取り囲んでの常務会(と言う名前の実質は査問会)の開催となりました。

ここで連盟側の主張と三浦9段の説明と、話しは鋭く対立します。

まずは連盟側の主張から。

「こういう疑惑があるがどうか?」と三浦9段に問います。

「そんな風に疑われた状況では竜王戦は戦えない。」

「そうか。それでは明日午後3時までに休場届の提出よろしく。」


次は三浦9段の今回の記者会見での説明から。

連盟は「こう言う疑惑があり、竜王戦が取りやめになった。」と。

ついては竜王と三浦9段には「今回の竜王戦はなし」ということで了承いただきたい。

竜王、おもむろにうなずきます。

そうなればしかたありません。

三浦九段も「分かりました。」となります。

そこですかさず理事さん、「そうか。それでは明日午後3時までに休場届の提出よろしく。」


ここで再び話が合流します。

三浦9段、家に戻って考えまするに、「使った覚えがない将棋AIの疑惑の件で、なぜ私が休場せねばならないのか?」と。

そういう訳で休場届を出すのをやめました。

さてそうなると連盟さん、「出すといった届が出てこない。これは処分せざるを得ないなあ。」

さて、第三者委員会のみなさん、連盟側の主張のみを取り上げればこの「出すといった届が出てこない。これは処分せざるを得ないなあ。」という所が「やむを得ないことだった」ということになります。

他方で、三浦9段にすれば、「これははめられた、だまされた」と思うような状況になる訳であります。


さて、事実はどうだったのでしょうか?

竜王から相談された理事さんはスポンサーさんに「こういう状況です。」と一報は入れていたと思われます。

そうして、「竜王が言われる「最悪の状況」を回避するためには挑戦者の変更というのが一つの方法である。」という認識はスポンサー側と共有されていたと思われます。

問題は挑戦者の変更が読売側の事前承認の下で行われたのか、あるいは事後承認であったのか、ということになりますが、これも当事者でなければ分からない話であります。

あるいは日本人お得意の「あ、うんの呼吸」で、そのあたりはどちらでもなかった、その中間の状況であったのかもしれません。


しかしながら三浦9段からすれば、そこのところは、開催中止とされた竜王戦が何事もなかったかの様に開催されたというじじつからすれば「開催中止というのはウソで、単に私から休場届を提出させるための作り話だった。」となります。


そうして、連盟からすれば「3か月の出場停止処分中だから三浦9段は竜王戦に参加できない。」

「竜王戦の開催はスポンサーさんとの契約事項だから、挑戦者を変更して竜王線を実施せざるを得ないなあ。」とこうなる訳であります。

そうして、第三者委員会はこの連盟側の説明を「やむを得ないものだった」と追認したのでした。


しかしながら第三者委員会は三浦9段の聞き取り調査もしているのですから、この三浦9段の「休場届不提出の経緯の説明」も聞いているのでした。

でも、報告書でその主張を取り上げれば「連盟側の手続きには重大な瑕疵があり、この処分は無効である。」ということになってしまいそうです。

そうして結局のところ「雇用主の意向に沿った仕事をしない弁護士さんは存在しない」のであります。

まあそういう訳で、あのような報告になったのでありましょう。

そうして「無効である。」と言う代わりに「損害の、損失の補償はきっちりとやってくださね。」ということにしたのでありました。


しかしながら第三者委員会の報告を聞いた連盟さん、そこのところを理解されていない模様であります。

「やむを得ないものだった」というのを「妥当なものだった」とご自分たちに都合のいいように解釈されておられる模様です。

極論すれば「手続き上に瑕疵はなかった。」、「自分たちは正しかった」とそういう理解になってしまっていそうです。

そうでありますから今回の騒動のけじめとして谷川さん、島さん、青野さんでさえ「3か月のあいだ、理事手当三分の一の減給」程度で十分だということになったのであろうと推察しております。

PS
竜王や島さん、谷川さんが「大事だと考えているものを守ろう」とした意図は良く分かりますし、それはあながち間違いとは言えないのでありしょう。

しかしながら今回は、手段、手続き、やり方が間違っていました。

そうして「目的の為には手段を選ばず」の道は、結局のところ「争い」につながります。

目的の、動機の正当性は手段を正当化しません。

そうでありますればこそ「目的のためには手段を選ばなくてはいけない」のであります。

PS
28日発売の週刊文春。 <--リンク

10/8に渡辺竜王が文春記者にメールしていた!!

PS
・読売にとって何が大事なのか、それが良く分かります。<--リンク

PS
・将棋棋士の三浦九段が将棋連盟に不満の意 「休場の申し出はしていない」「元の状態に戻してほしい」<--リンク

・三浦九段「つらく悔しい思いした」 会見で将棋連盟批判<--リンク

・三浦弘行九段会見詳報「うーん。まあ、無理なんでしょうけど、竜王戦をやり直してほしい」<--リンク

・法廷闘争の可能性も 三浦弘行九段の出場停止問題<--リンク

<将棋>「三浦九段につらい思いさせた」谷川会長が謝罪<--リンク

・第三者委員会調査結果を受けて谷川報告詳細です。<--リンク

・日本将棋連盟会見詳報「週刊誌に記事が…出場停止はやむを得ない判断だった」<--リンク

・離席発言「真偽の調査を怠った」 将棋連盟の説明詳細<--リンク

箸休め
気分転換にどーぞ。<--リンク

動画
・三浦会見 <--リンク
休場届提出のいきさつ
0:23:10から

・第三者委員会会見<--リンク


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク


PS
そうして・・・。
・疑惑が晴れた「将棋のソフト不正問題」と将棋連盟に対して望むこと

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・三浦弘行九段への処分・第八幕

2016-12-27 00:22:31 | Weblog
26日(月曜日)午後3時からの第三者委員会の発表でした。

・三浦九段の将棋ソフト“不正使用疑惑”は「証拠なし」 ただし出場停止処分は「妥当」<--リンク

1 不正の根拠とされた離席行為の事実がないこと

2 対局中の監視で不審行為は認められなかったこと

3 不正の根拠とされたソフトとの一致率が分析ごとにばらつき、不正の根拠とならないこと

4 三浦九段のスマホなどを分析。不正を疑われた対局で、不正をした痕跡は確認できなかったこと

上記4点などを挙げ、結論として不正行為に及ぶ証拠はないと説明した。


さて、この報告をうけて、まあこれぐらいはしていただかないと困ります、、、という一つの案です。

1 連盟としても、現時点では三浦が不正を働いた事実はなかったとの認識であるとの見解を示す

2 本件処分が三浦の名誉を著しく傷つけたことについて、連盟として、正式に謝罪する

3 今からでも日程調整可能な順位戦については不戦敗扱いを取り消し、屋敷、行方戦について日程を組む

4 既に本件処分を前提に進行してしまった竜王戦、王位戦、朝日杯の3棋戦については、金銭的な補償をする

5 今回の処分に関与した理事及び会長は、辞職ないし報酬の辞退をする


そうして今回の報告を受けて、27日には連盟、それから三浦9段もそれぞれ記者会見を開くという情報があります。<--リンク

PS
とりあえずは三浦9段の疑惑が晴れた様ですので、まずはよかったと思います。

次は、この件に関わった方々の、それぞれの責任の所在の明確化とそれへの対応、それから三浦9段への補償問題の解決が必要になるかと思われます。

追伸
以下の様な委員長コメントもありました。

・将棋のスマホ不正疑惑に「証拠なし」の判断 第三者委「不正認定の根拠とすることはできない」<--リンク

『全体の利益を守るために三浦九段が不利益を被る形となったことについて、但木敬一委員長は「(将棋連盟が)償う形でバランスをとり、公平な状態に戻すことが考えられる」とコメント。

また、将棋ソフトの実力が高まっている中で、疑心暗鬼を生じさせない合理的なシステムや不正行為に対する処分などを整備するべきと提言しています。』

以上の様な提言を受けて、連盟がどのような対応を取るのか、要注目であります。


記者会見で配布した調査報告書概要の1枚目~6枚目はこちらからどーぞ。<--リンク

・第三者委会見一問一答 「指摘された疑惑にはソフトの不正使用を疑う証拠能力はない」<--リンク

PS
竜王戦主催者の読売は連盟の今回の処分を「妥当だ」と思っているのでしょうか?

・三浦九段に不正の証拠ないが処分は妥当…調査委<--リンク

調査委員会は「妥当だ」とは言っていません。

「当時の状況ではやむを得なかった」と言っているのです。

従って「調査が終わった今からすれば、処分内容は妥当ではない。従って十分な補償が必要である。」というコメントになるのでありました。

そうしてそのような読売さんの記事から読み取れる事は、事ここに至っても「連盟と読売の判断は正しかった」という思いの様に感じられるのであります。

PS
「処分は妥当ではないが違法とまでは言いきれない」が事前予想。

実際は「処分は当時の状況ではやむを得なかった。しかし補償が必要。」というものでした。

そうして、連盟の意向をいれての「引き伸ばし委員会」としての仕事もきっちりとやりましたね。

報告の前半部分だけで終わりでしたら、「ああやっぱりおかかえ委員会」となったでしょうが、後半がしっかりと付いてきていますので「まあそれなり。」というところでしょうか。

委員会のお歴々はそれなりにご自分たちの名声を大切にされた模様です。


そうして、疑惑のもととされたそれぞれの案件に対しては、「やれるかぎりの調査をしたが、疑惑の痕跡がなかった。」ということでした。

この部分は予想のはるか上をいくものであります。

連盟さんのやったこと、判断にはいちおう「まあしかたなかったね」ということでしたが、三浦9段は事実上「白である」という結論です。

これは三浦9段の実質勝利でありましょう。

そうして、疑惑をもって告発し、秘密会議を開き、査問会議を開き、そうして処分を後押しした方々に対しては「あなた方は間違っていましたよ」という、非常に厳しいものであります。


こうしてボールはまずは連盟に投げ返されました。

そうして、関係された棋士の方々それぞれにも投げ返されたのであります。

そうでありますれば、それぞれの方はご自分の態度を明確にされ、それを公にする事が求められていると思われます。

PS
・読売にとって何が大事なのか、それが良く分かります。<--リンク


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加