窓際日記・福島原発

窓際という仕事の雑感

北朝鮮代表団が陸路訪韓 文氏会談へ、保守派反発

2018-02-25 14:16:26 | Weblog
・北朝鮮代表団が陸路訪韓 文氏会談へ、保守派反発<--リンク

北の攻勢が続きます。

・米、国連対北制裁に追加要求 33隻 27社 日本も支持<--リンク

アメリカも負けじと対抗措置を提出です。

さてこれに対して、中国とロシアはどう反応するのでしょうか?


PS
「北朝鮮の核とミサイル」にはこちらから入れます<--リンク

「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

ビットコイン・コインチェック、580億円強奪される。

2018-01-29 12:55:39 | Weblog
・仮想通貨下落、日本の取引所から通貨NEM580億円相当が不正流出<--リンク

仮想通貨自体の偽造はできませんが、保管にまだ穴がある模様です。

これではまだまだ通常の貨幣に太刀打ちできませんね。

・コインチェック、580億円分の仮想通貨“NEM”が流出 社長が謝罪「人材が不足していた」<--リンク

『仮想通貨ではこうしたトラブルを防ぐため、ネットからのアクセスを遮断したコンピューターでデータを保管するなどより安全な対策をとっている取引所が多いが、コインチェックはNEMについて対応していなかった。

「(ネット遮断した)オフライン(で保管)にするには技術的な難しさがある。人材が不足していた」(和田社長)』

要するに、お金を儲ける事が第一優先で、「顧客資産の安全管理」は2の次、と言う事です。

つまり「両替商」であって「バンク」ではない、そういうことですね。

従って「強盗による強奪が発生する」のであります。

結論:仮想通貨はまだ「西部劇の時代」なのである。

追補:したがってゴールドラッシュの時のように「採掘業者全盛」なのである。

・焦点:コインチェックの巨額流出、匿名通貨や安全性の問題点が噴出<--リンク

さて、取引をする、としても金融庁に正式登録された業者を使うのが良い様です。

27歳の社長さんの両替所では、やはり無理があった模様です。

PS
・甘い管理体制、流出招く 仮想通貨市場に冷水 <--リンク

コインチェックの継続情報です。

『コインチェックは28日未明、不正流出した仮想通貨「NEM(ネム)」の全保有者約26万人に対して自己資金を使って約460億円を返済すると発表した』

この両替商、Mt。ゴックスの様に廃業になるかどうか、要注目であります。

・コインチェックのハッキングについてNEMのインタビュー翻訳<--リンク

なるほど、これはすごい!!

『ハッカーは500億円のXEMを市場で売ることができないのは確か。
大手の取引所はすでに対応している。
コミュニティーやパートナーも迅速に対応している。』

それに対してコインチェックのセキュリティーに対する甘さは恥ずかしいぐらいだ!!

PS
・金融庁、コインチェックに改善命令=仮想通貨流出、安全対策に不備<--リンク

こうやって、おばかな業者がばかをやるごとに規制が厳しくなります。

・仮想通貨流出、17歳女子ハッカーが犯人特定?謎の人物出現にネット沸騰<--リンク

NEMのネットワークにいた人でしょうね。

どこかの27歳よりは頼りになる17歳でした。

追伸
ホワイトはいつでもブラックに変わり得ます。

ですから、企業のセキュリティー対策が必要なのですよ。

PS
・金融庁、仮想通貨のシステムを緊急調査 全取引所対象 <--リンク

不思議な事に金融庁は仮想通貨の後押しを積極的にやっています。

そうしてこれは日本政府の意向の様でもあります。

つまり「もはや金融IT後進国となってしまった日本の起死回生の一打にしたい」というような想いがそこにはうかがえるのです。

・コインチェック“580億円相当”流出の問題点、他の仮想通貨への影響は?<--リンク

『NEM財団は各取引所にしるしがついた人に変えさせないよう通達を出している。

ただ、これはあくまでもNEMを使えないようにする手段で、返してくれるかどうかはわからない。

そのNEMが小分けに色々な人に送られてしまうと色つきの人ばかりになる」と懸念点を挙げた。』

『そのNEMが小分けに色々な人に送られてしまうと色つきの人ばかりになる」と懸念点を挙げた。』

つまりNEMを持っている人の大半の人がその不正なNEMを受け入れると、それは「悪貨としてではあるが流通する」と言う事になります。

逆に大半の人が「不正なNEMは受け取らない」とすればNEMの社会は健全なままで成長するでありましょう。

これはつまり「この仮想通貨というものは、人々のモラルの上に成り立つもの」という事になりますね。

大事な事なのでもう一度言います。

国の権力の下に、その裏ずけの下に成り立つのではなく、人々のモラルの上に成り立つのです。

PS
・コインチェックの仮想通貨流出、犯人が通貨移動を画策=NEM財団<--リンク

『NEM財団の広報担当者、アレクサンドラ・ティンスマン氏は、ハッカーが盗んだNEMを100XEM(約83ドル相当)ごとに無作為の口座に送金し始めたと明らかにした。』

そこらじゅうに色つきの財布が存在する事になり、どれが犯人のもので、どれが無関係の人のものであるのか、分からなくなります。

それが犯人の狙い目で、無関係の人が自分の口座に振り込まれた正体不明のNEMを現金化するのにまぎれて現金化をしようとしている、という話です。

さてこの勝負、ハッカーが勝ちますやら、NEM財団がかちますやら?

推移を見守りたいと思います。

・流出仮想通貨、新たに別口座へ分散 監視かく乱狙いか <--リンク

『分散したネムについては、ネムの管理に関わるプログラマーなどが「もし正体不明のネムが送り込まれても手をつけず、そのまま保管しておくように」とネット上で呼びかけている。』

さて、1万円程度のNEMを送りつけられた無関係の第三者はどのように行動するのでしょうか?

送られる前に自分のNEMを持っていたら、それは最悪でありましょう。

自分のNEMを換金所に持ち込んだら「それは不正なNEMだ」といわれたとしたら、本当に迷惑な話であります。

PS
・コインチェック巨額流出で被害者団体 顧客ら、返金求め3日結成会議<--リンク

さてきわめて正常な反応で、、当然こう言う事になります。

・76億円相当盗まれた「NiceHash」、ユーザーへ全ビットコイン返還開始<--リンク

マイニング ギルドからも盗み出すのですから、本当に安全管理というのは難しい事だという事がわかります。

PS
・コインチェックに立ち入り 仮想通貨流出で金融庁 報告前に異例措置<--リンク

コインチェックは金融庁が我慢できるレベルを超えて出来が悪い、ということであります。

もう一つの理由は、世界で最初に法的な規制を、登録制度を作ったのに、実際はそれがザルだった、という事が見えてしまった事に危機感を持ったものと思われます。

PS
・コインチェック常時監視 仮想通貨流出で金融庁 取引所3つの穴<--リンク

・金融庁が監督強化 コインチェック立ち入り<--リンク

『検査では、資金が十分にあるのか財務内容を詳しく調べる。

さらに、1月29日の業務改善命令で求めたセキュリティー強化などの実行状況も、社内に検査官を常駐させて直接把握し、監視を強める。』

顧客の資産を安全に管理する。

これが金融業のボトムラインでありましょう。

それが出来ないのなら、そこにあるのは単なるマネーゲーム場、ギャンブル場であります。

「日本の次の新しい産業だ」などというのは、とんでもない誤解でしかありません。

・コラム:コインチェック不正流出「真の教訓」=村田雅志氏<--リンク

PS
・コインチェック事件から1週間、よく聞かれた疑問と今後の論点<--リンク

『NEM財団が推奨しているマルチシグはスマートコントラクトとして実装されており、マルチシグを使っているかどうかはブロックチェーン上で容易に確認できる。

コインチェックがウォレットをマルチシグで保護していなかったことは外部から観察できた。

夜間や休日深夜も頻繁に出金があったことから、コールドウォレットではなくホットウォレットであることも推察できたはずだ。

残念ながらブロックチェーンの透明性が仇となって、不正アクセスするまでもなく、コインチェックがNEMを扱うメインウォレットがマルチシグで保護されておらず、ホットウォレットであることや、多額の残高までもが犯人側に全て筒抜けだったと考えられる。』

さて、上記よりここには明らかな情報格差がある事がわかります。

もっといえば、情報強者と情報弱者です。

「強者」は取引所とハッカー、そうして金融庁です。

「弱者」は顧客、金融庁にミスリードされた消費者達であります。

我々一般消費者は「金融庁が公的規制をしたのだから、残った業者は大丈夫だ。」とミスリードされました。

「審査を合格した所」と「見なし業者である所」の情報さえ公開されませんでした。

どこがセキュリティが大丈夫なのか、そのキーポイントは公開されず、消費者は業者がおこなっている「CM」でしかその情報を得られませんでした。

ようするに、金融庁は「消費者保護、顧客保護よりは業界の成長、業者育成を優先した」のであります。

その結果、一般消費者が食い物にされた、というのが今回の事件の真相であります。

PS
・焦点:仮想通貨「みなし業者」の抜け穴、自主規制も機能せず<--リンク

『金融庁は17年9月に仮想通貨取引所の登録第1弾を発表。
登録業者を公表し、利用者に対しては、利用しようとしている取引所が、登録業者か確認するよう注意喚起してきた。
だが、結果として仮想通貨NEM流出の被害に遭った利用者が約26万人に上ったことは、利用者が登録の有無よりも利便性や扱う通貨の多さなどで業者を選んでいる実態を浮き彫りにした。』

違うよ。
業者が行っている説明は「うちはセキュリティは万全です。」というもの。

だから消費者はそれを信じて、あとは利便性でチョイスしていたにすぎない。
しかしながら、コインチェックは全くセキュリティ対策をしていなかった!!!
これは詐欺に限りなく近い状況だ!!!

『コインチェックからの仮想通貨流出後、複数の仮想通貨取引所の幹部は「仮想通貨の100%安全な保管方法はない」と異口同音に唱え、ネットから隔離された「コールドウォレット」や複数の電子署名からなる「マルチシグ」を施せば、安全との見方に疑問を呈した。』

あのねえ、100%安全は無理かもしれないが、それに向けての「不断の努力」が必要でしょ!!
その努力の跡がゼロだよ、ゼロ!!

PS
・コインチェック盗難NEM、匿名コイン「DASH」で資金洗浄か ダークウェブで交換持ちかけも<--リンク

犯人は日本語が分かるハッカーの模様。

いずれにせよ、敵もさる者、引っ掻くものです。

PS
本日のレート  1ビットコイン=>7989.0 USD

かつて20000ドルまでいった事を思い出せば、半値以下になりました。

さて、ビットコインの価値は、そのコストでいえば、電気代、ハードウエア代、ソフトウエア代、人件費、時間というところでしょうか。

それらを使って偽造不可能でネットでどこにでも転送でき、それが誰からも見れる、そのような記号列を作り出している、というものです。

それがまだ8000ドルの価値を有していると人類は評価しているのですから、これはこれで驚くべきことかと思います。

PS
・コインチェック、円の出金を13日再開と発表 <--リンク

さて、コインチェックがこのまま廃業にならずに業務が継続できるのかどうかが焦点であります。

ちなみに当方の予想では「廃業になる」とは読みましたが、、、。

PS
・仮想通貨、現金やクレジットカードの対抗手段として台頭せず=NY連銀エコノミスト<--リンク

同意。

PS
・仮想通貨「NEM」交換の日本人男性を聴取<--リンク

闇サイトで交換しても追跡可能の模様です。

但し、交換した人が罪に問われる事はないでありましょう。

加えて、
『これまでに、5億円相当のNEMが匿名性の高いインターネット空間「ダークウェブ」のサイトを介して、他の仮想通貨に交換された疑いがあることが分かっていますが、・・・』
とのこと。

どうやら犯人は有効な資金洗浄方法にたどり着いた模様です。

追伸
警察からのメッセージは「NEMの交換に応じると事情聴取しますよ」というもの。

つまり「警察と付き合う、という面倒に巻き込まれたくなかったら、交換に応じるな」と言う事でありましょう。

PS
・イタリアの仮想通貨取引所で、約211億円分の“Nano”が流出⇒取引所CEO「全額補償は不可能」<--リンク

『いまや仮想通貨窃盗は犯罪者にとって最も効率的な仕事になりつつあります。
取引所はユーザーに誠実なのは当然として、不正アクセスに対する鉄壁のセキュリティ体制構築もしっかり徹底してほしいところです。』

同意。

PS
・コインチェック:1日で401億円の出金依頼-金融庁に改善報告<--リンク

まあ当然そうなります。

そうして、いつつぶれるのか、それが焦点ですね。

あるいは、金融庁がいつつぶすのか、それともゾンビのように生かすのか、それが注目すべき点です。

PS
・コインチェック、事業継続へ資本提携検討 商社や金融機関など候補<--リンク

今ここでコインチェックがつぶれると金融庁のメンツが立ちません。

したがって、形の上だけでも「コインチェックはつぶさない」という事でしょう。

つまり、顧客の保護は今回は何らかの形で行われる、、、と言う事であります。

・ネム交換、100億円超か 匿名サイト介し<--リンク

流出NEMの20%に相当する量が交換された模様です。

つまり、「流出した仮想通貨は元には戻らない」ということですね。

PS
・ベネズエラで仮想通貨流通 財政危機の打開図る<--リンク

これは仮想通貨のキラーアプリになるやもしれません。

要注目であります。


PS
 ビットコイン論にはこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

金正恩氏「核のボタンが私の机に」 新年演説で威嚇

2018-01-12 11:13:49 | Weblog
・金正恩氏「核のボタンが私の机に」 新年演説で威嚇 <--リンク

酔っぱらってボタンを押さない様に願います。

・北朝鮮、ICBM実戦配備か=五輪で南北対話も-金正恩氏が新年演説<--リンク

ICBMは実戦配備されたのでしょう。

しかしながら、再突入技術が完成したかどうかは不明であります。

アメリカはそれでも「イチかバチかの勝負」にでるのでありましょうか?

PS
・韓国、南北会談を提案 9日、板門店で高官級<--リンク

この後、北がどのように動き、アメリカがどうするのか、要注目であります。

・「私の核のボタンは大きく強力で、しかも作動する」トランプ氏が投稿<--リンク

今年も新年早々の「言いあい」によって「口喧嘩劇場のスタート」であります。

これはお互いに「本年も口喧嘩よろしく」と言いているのでありましょうか?

・北朝鮮の対話姿勢「非核化するまでは真剣に受け止めない」<--リンク

アメリカにとっては、これは従来路線の単なる繰り返しであります。

しかしながら、韓国と中国は北の対話提案に乗り気の模様であります。

PS
・トランプ米大統領、パレスチナに援助停止を警告 エルサレム首都承認への反発で<--リンク

アメリカは「太っ腹」でありましたが、トランプさんは「やせっぽち」の模様です。

・米報道官、金正恩氏の「精神状態を懸念すべき」<ーーりんく

『「大統領はすくんだり、ひるんだりしない。米国民を守る約束を果たそうとしている」と強調した。』

トランプさんの本音は「アメリカが守られればよい」というもの。

その現実から我々は目をそむけてはいけませんね。

・北朝鮮、南北通信チャンネルを再開 当局者が電話で対話<--リンク

対話のチャンネルは多いに越した事はありません。;

PS
・中国、北朝鮮への原油輸出など制限 6日から実施、安保理制裁の履行アピール<--リンク

公海上の原油積み替えの件はどうなるのでしょうね?

・9日に南北高官級会談開催=北朝鮮が受諾、文政権で初-平昌五輪参加協議へ<--リンク

北朝鮮は対話路線に変更したのでしょうか?

・南北会談「五輪のみ議題」=韓国との足並み強調-米国防長官<--リンク

何にせよ顔を突き合わせて話す事は一歩前進であります。

PS
・トランプ氏、南北「五輪以外も協議を」=正恩氏との対話拒まず<--リンク

前の日に政府高官が行ったことをひっくり返す。

トランプさんお得意の「ちゃぶ台返し」の炸裂であります。

・トランプ大統領「私は精神が安定した天才」暴露本に対抗しツイート<--リンク

面白い人だ。

但し、核のボタンを握っているので、「面白い」だけで済まないのが悲しいところ。

PS
・南北会談、閣僚級が出席へ 北朝鮮が韓国に通知 <--リンク

北は本気の様です。

PS
・南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」<--リンク

相当に強硬な意見であります。

・南北会談、米「前向きな動き」と評価 北朝鮮は非核化の対話拒否<--リンク

『北朝鮮は今後の南北会談で核兵器を議題に取り上げることを拒否。
核兵器は米国だけを対象としており、「同胞」である韓国は対象外であるためと説明した。』

コトバというものは、何とでも言える、便利なものでありますなあ。

PS
・全米騒然!トランプ暴露本に潜む3つの疑問<--リンク

なかなか面白い記事でありました。

・トランプ大統領、金正恩氏とは「非常に良い関係」 米紙インタビュー<--リンク

「精神の安定している天才」のいう事は、我々凡人には理解不可能であります。

PS
・プーチン氏、金正恩氏は「熟練政治家」「勝者だ」<--リンク

ロシアの態度がはっきりとわかります。

PS
・トランプ氏の「金正恩氏と非常に良い関係」発言は誤引用、米大統領報道官<--リンク

前の報道は誤りだった模様です。

・トランプ大統領、金正恩氏とは「非常に良い関係」 米紙インタビュー<--リンク

PS
・核搭載ICBM、パレードに登場か 正恩氏、誇示を指令<--リンク

オリンピックを宣伝に利用する、想定内の話であります。

そうして、そのことに喜んで手を貸している文さんの気持ちが分かりません。

PS
・米軍 新型MD実験失敗…現地報道 2回連続<--リンク

ICBMの迎撃はトランプさんが言う様には楽なものではなく、やはり難しいのであります。

PS
・米韓が軍事演習すれば「静観しない」北朝鮮 国連事務総長あて書簡で警告<--リンク

軍事演習にはICBMの発射実験で対応するぞ、という宣言です。

・日本、米の核新戦略を歓迎 「抑止力確保が明確」と評価<--リンク

いったいだれがそんな馬鹿な事をいうのでしょうか?

言って下されば選挙で落として差し上げますよ。

PS
・安倍晋三首相、文在寅大統領に五輪後の米韓軍事演習の実施要求へ 9日の日韓首脳会談<--リンク

どうやら、どこかの国の首相は北のICBMの発射を見たい模様です。

PS
・安倍首相 韓米軍事演習「予定通り実施を」=文大統領「内政問題」と反発<--リンク

安倍さんと文さんは「そりが合わない」模様です。

・北朝鮮、文大統領に訪朝要請 「条件整え実現を」と返答<--リンク

文さん、金さんに会いたい模様です。

PS
・米国は北朝鮮と対話の用意-ペンス副大統領がWP紙に語る<--リンク

北の「微笑み外交」に負けてアメリカは方針を変更した模様です。

PS
・北朝鮮有事は「最も差し迫った脅威」 米国家情報長官<--リンク

これらの人たちは「アメリカのみ安全であれば、その手段は問わない」と言っているかの様であります。

そうして残念ながら、「世界が安全になれば、アメリカもそれを享受できる」という思想はお持ちではない様です。

PS
・核放棄まで米政策変えず 副大統領、対北朝鮮で表明 <--リンク

ペンスさん、批判をされたのでしょうか、早速軌道修正の模様です。

PS
・北朝鮮「米国に対話求めず」=南北首脳会談の準備示唆<--リンク

南北が融和していったらまた違う局面になるでしょうね。

まず、北が軍事力、そうして南が経済力です。

この二つが合わさると、さてどうなりますことやら。

PS
・米朝会談、北朝鮮が直前キャンセル 五輪で訪韓時 <--リンク

これがあって

こうなりましたとさ。

・核放棄まで米政策変えず 副大統領、対北朝鮮で表明 <--リンク

さてここにきてアメリカは何故このような情報を出してきたのでしょうか?

それは北と南がアメリカ抜きで事を進める事に危機感を覚えたのでありましょうね、多分。

PS
・最大の敵対国は「北朝鮮」=2年前から3倍増の51%―米世論調査<--リンク

このようにして、今も昔も国民は政府のプロパガンダにたやすく影響される、と言う事が分かるのであります。

・【フロリダ高校乱射】トランプ氏、教師が銃で戦えば「たちまち終わる」<--リンク

やっぱり「武力を信じる人」でありますなあ、トランプさんは。

つまり「外交」よりは「戦争」だと、そう言っているのであります。

・韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%<--リンク

さて、そういう訳で南は北に懐柔されやすいのであります。


PS
「北朝鮮の核とミサイル」にはこちらから入れます<--リンク

「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

ビットコイン・ダイモンさん、悔い改める

2018-01-10 09:58:56 | Weblog
・「後悔している」ダイモン氏、ビットコインは詐欺発言で <--リンク

ダイモンさん、悔い改めた模様です。

参考リンク
・JPモルガンが「ビットコインは詐欺」と明言した事情<--リンク

そりゃモルガンさんはビットコインでは1セントも儲かりませんものねえ。

ところで、「オランダのチューリップの様にはじける」とか。

はじけない方に1ドル賭けますが、さて、モルガンさんはどうします?

本日のレート  1ビットコイン=>3775.4 USD』

本日のレート  1ビットコイン=>14124.0 USD

ここの所、仮想通貨は軒並み下げている模様です。

それでもかつてのレートから見れば十分に高いのです。

PS
・ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ<--リンク

傾聴に値する記事かと。

PS
・仮想通貨の規制強化嫌気し中国離れも<--リンク

電気はもっと生産的な事に使え、、、と。

PS
・独自仮想通貨 三菱UFJが取引所開設へ<--リンク

ふむふむ、しかしながらどうなりますことやら。

PS
・わずか4%が、ビットコインの97%を所有<--リンク

『比較すると、わずか1%の富裕層が世界の富の半分を所有していると、2017年11月、クレディ・スイスのアナリストは記した。』

・・・似たようなものであります。

PS
・ビットコインなど仮想通貨が急落、規制強化への懸念で<--リンク

むしろ価格がゼロにならない事の方が驚きであります。

本日のレート  1ビットコイン=>10079.0 USD

・地域仮想通貨が続々発行、地方の救世主となるか?<--リンク

固定相場制のビットコイン、MUFJがやろうとしている物と同じであります。

PS
・仮想通貨「MUFGコイン」についての疑問・論点と考察<--リンク

一読に値する資料かと。

特に「固定相場制(ぺッグ制)」についての考察が良いですね。

PS
・インタビュー:ビットコイン、金融政策に影響ない=日銀・山岡氏<--リンク

この方はなかなかの見識をお持ちの様です。


PS
 ビットコイン論にはこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

アメリカは核武装した北朝鮮との共存を選ぶ???

2017-11-30 01:43:39 | Weblog
・北朝鮮、射程延長急ピッチ <--リンク

北朝鮮の計算では「全米が射程内に収まる」と。

まあこれは計算上の話ではありますが、、、。

・アメリカは核武装した北朝鮮との共存を選ぶ<--リンク

私もそう思いたいですね。

・「フェーズが変わった」 日本政府、米軍事行動への対応も視野に<--リンク

こちらは「軍事行動あり」の立場です。

PS
・北朝鮮が新型ICBM火星15号を公開、9軸18輪の大型移動発射機に搭載<--リンク

どうやら新しいICBMの様です。

つまり、「制裁は何の効果ももたらしていない」という事であります。

・北朝鮮ミサイル 米「関係断絶を」 安保理緊急会合<--リンク

毎度お決まりのやり取りです。

・北朝鮮ミサイル 改良型でなく完全な新型 防衛省など分析<--リンク

日本もようやく新型である事を認めた様です。

・日本政府、米政府「海上封鎖」発言に困惑 手足縛られ協力できず「圧力強化」方針と矛盾<--リンク

海上封鎖は武力行使、うん、そうでありましょう。

日本はそれをやられて戦争に突入しました。

そうしてアメリカは海上封鎖に協力しない日本を「弱腰」として非難し、戦争に突入した際の言い訳に利用するでありましょう。

PS
・中国に北朝鮮との戦争を警告した米国の危惧<--リンク

自分の国にミサイルが飛んでくることになるとすぐに「その前に戦争だ」というのがアメリカの本音であります。

・ロシア、米国による北朝鮮との関係断絶要請を拒否<--リンク

ラブロフさん、ウクライナの事はさておいて、何故か今回は同意見でありますなあ。

・北朝鮮のミサイル、米全土が標的 数回の実験で実戦配備も=専門家<--リンク

なるほど、それで金さんガッツポーズですか!

PS
・北朝鮮、ロ参加の交渉なら検討<--リンク

ロシアが中国に代わって北朝鮮の後ろ盾になりそうです。

PS
・大気圏突入技術、未確立か 北朝鮮、弾頭分解とCNN<--リンク

何事も「やりっぱなし、行きっぱなしではだめ」という事でありますなあ。

・武力衝突に「どんどん近づいていく」米補佐官危機感<--リンク

さて、アメリカがブレーキを踏めば、それでお終いの話では?マクマスターさん。

PS
・米韓が「史上最大」訓練 対北朝鮮、核開発牽制 230機参加<--リンク

北がICBMを撃てば南は「史上最大」訓練。

どちらもブレーキが壊れている模様です。

・「軍事衝突近づいている」米共和党重鎮「在韓米軍の家族退避を」<--リンク

在韓米軍の家族退避を始めたら、いよいよ、という事になります。

・トランプが「エルサレム首都」認めれば中東は火薬庫に逆戻り<--リンク

トランプさんの考え方「自分たちだけが良ければそれで良い」というのが試されております。

PS
・キャセイ航空乗務員、北朝鮮発射のICBM目撃か 「爆発してバラバラになった」<--リンク

再突入は難しい、、、という事であります。

PS
・アメリカも北朝鮮のミサイルすべては迎撃できない<--リンク

まあせいぜいが50%の撃墜確率。

とすると99%にまで撃墜確率をあげるには、7発の迎撃ミサイルを撃てばよろしい。

デコイが2つで爆弾が1つなら21発撃てばいい。

ICBM5発なら105発の迎撃ミサイルでOK!

ただし、そんなにいっぱい迎撃ミサイルがあれば、の話。

で、実際は40発しか迎撃ミサイルはないそうな。

北のICBMが2発までなら対応可能かもしれないが、3発以上打たれたら、お・し・ま・い という話です。

・パレスチナ、強く反発 「エルサレム首都」遠のく和平<--リンク

やはりトランプさんは「自分たちだけが良ければそれでいい」という人の様であります。

これでは「東アジアの平和」などというのはとても望めそうにありませんよ、安倍さん。

PS
・米国のエルサレム首都認定、中東・ヨーロッパ各国が一斉に非難<--リンク

何でも自分の想い通りにいく、と信じ込んでいる人は危険であります。

PS
・北朝鮮、米との直接対話を要求=ラブロフ露外相<--リンク

そうなって頂きたいものですなあ、トランプさん。

・パレスチナで衝突拡大、ロケット弾も 170人けが<--リンク

こうなる事がみえみえでも意に介さないのがトランプさんであります。

そうして同様に対北も危ういものです。

PS
・トランプ政権 パウエル大統領副補佐官が辞任へ<--リンク

いよいよアメリカ一国主義への第一歩を踏み出したのでしょうか?

PS
・国連事務次長「対話窓口の設置が急務」 北朝鮮に要求<--リンク

 国連事務次長「一つの判断ミスが戦争の引き金に」 訪朝で警告したらしい。

そういうのは勘弁してほしいのですよ、トランプさん。

PS
・国連事務総長「北朝鮮、対話」を──孤立するアメリカ...そして日本<--リンク

こんな記事もありますよ、ということで。

日本が孤立しようが何しようが、北ー米戦争だけはご免であります。

PS
・ティラーソン米国務長官「前提条件なしで北朝鮮と対話」<--リンク

政治とは希望を見据えながら現実的な対応を必要とするものです。

・国連事務次長「交渉の扉、少し開いた」 訪朝結果報告 <--リンク

国連の継続的な関与を期待しておりますよ、フェルトマンさん。

PS
・米政府、北朝鮮が「根本的」に態度改めない限り交渉行わず=当局者<--リンク

さて当局者とはいったい誰のことでしょうか?

いずれにせよ綱引きが続く様であります。

PS
・米朝、非難の応酬 核開発巡り安保理会合 <--リンク

ティラーソンさん、早くも「後戻り」のご様子です。

PS
・北朝鮮ICBM「まだ脅威でない」 マティス米国防長官<--リンク

「まだ脅威でない」の前の省略されたコトバは「アメリカにとって」でありましょう。

「だから叩くのは今のうち」というロジックならとても危険であります。

PS
・トランプ流安保、「力」を信奉 <--リンク

ブッシュさんの流れを継承するとしたら、戦争始めるやもしれません。

くわばらくわばらであります。

・北、ミサイル発射示唆か…「宇宙開発権」主張<--リンク

今度は軌道に乗せられそうです。

PS
・朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる<--リンク

潜在的にはそういう見方になるのでしょうね。

・中国は「悪意ある中傷は徒労に終わる」と猛反発<--リンク

ロシアは「いまさら何を」というところでしょうか。

PS
・北朝鮮、「炭疽菌ICBM」実験か 米韓に情報<--リンク

北はやれる事は何でもやる、なるほど「ならずもの」に指定してもよさそうですね。

PS
・国連総会、エルサレム巡り米非難決議を採択 米の脅しに屈せず<--リンク

なんでも自分の好きなようにする。

これが「ならずもの」の定義だとすると、「トランプ政権のならずもの性」は北といいとこ勝負であります。

そうして喧嘩というものは、同じ様なレベルの2者間で発生するのです。

あな、おそろしや!!

・金正恩氏「米に核脅威」=労働党会議で誇示-北朝鮮<--リンク

予定の行動、言及であります。

PS
・国連安保理、北朝鮮追加制裁決議を全会一致で採択 <--リンク

『同決議は北朝鮮への石油精製品輸出を年間50万バレルに制限することで同国への輸出の約90%を禁止するほか、北朝鮮の海外出稼ぎ労働者の24カ月以内の本国送還を求める。』

いよいよまじで「兵糧攻め」を始めました。

・朝鮮半島有事には中国の軍事介入に備えよ<--リンク

そのような時にあのロシアが黙って見ている訳がありませんよ。

PS
・安保理制裁決議 新たな挑発に罰則 石油制限で米中攻防<--リンク

『一方で中国は原油禁輸に強硬に反対している。
今回の決議では現状維持ながら、原油供給に初めて数値による上限が明記されており、米中間の激しいせめぎ合いをうかがわせた。』
・・・
『だが、原油供給の全面停止や海上封鎖などの強硬措置によって北朝鮮が暴発する事態を強く懸念する。
中国紙・環球時報(電子版)は23日の社説で安保理決議について「もしも米国の草案をそのまま受け入れたら、次は戦争という選択肢しか残されなかった」と指摘した。』

・北朝鮮、安保理の制裁決議は「戦争行為」「全面排撃」<--リンク

こうして状況はほとんど「戦争前夜」の様であります。

PS
・「宇宙開発進める」=衛星打ち上げ示唆か-北朝鮮党紙<--リンク

一応の筋の通った説明であります。

しかしながらミサイルにしろロケットにしろ所詮は同じ技術であることは、ドイツのV2とアメリカのロケット開発を見れば分かる事です。

・北朝鮮の一般市民に打撃-国連の追加制裁<--リンク

どうやら{現状維持」ではなく90%カットは行われる様です。

PS
・金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由<--リンク

朝鮮半島の歴史は、なかなかむごいものであります。

そうして、怨念は消えることなく新たな争いを生み出すのであります。

・ロシア、米朝間の対話仲介する用意=大統領報道官<--リンク

アメリカは「なんだかんだ」といって現時点での対話には応じないでありましょう。

・クリスマスは精神的アヘン――中国グローバル化の限界<--リンク

北の事を考える上で、中国を理解しておく事は重要な事になります。

PS
・北がミサイル発射準備か 米報道 米軍は軍事演習の情報公開を制限する方針<--リンク

情報を公開しない方が危険度が高い様にも思われます。

一番安全なのは「軍事演習をしない事」なのですがねえ、トランプさん。

PS
・陸上イージスを非難=「条約違反」とロシア高官<--リンク

状況はどんどんと複雑になるばかりです。


PS
「北朝鮮の核とミサイル」にはこちらから入れます<--リンク

「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

電王戦・第5回将棋電王トーナメント結果/

2017-11-14 16:46:43 | Weblog
11月12日決勝トーナメントの結果は下の通り。

<決勝トーナメントの結果>
1位 平成将棋合戦ぽんぽこ
2位 Shotgun
3位 Ponanza
4位 読み太
5位 Qhapaq_conflated
5位 elmo

優勝はやねうら王ライブラリ採用の「平成将棋合戦ぽんぽこ」

決勝戦は準決勝でPonanzaを破った「平成将棋合戦ぽんぽこ」と新鋭のshotgunの戦い。
コンピュータ将棋ならではの並列3番勝負を制したのは、3勝全勝の「平成将棋合戦ぽんぽこ」の手に。

「ぽんぽこ」を開発したのは、野田久順・河野明男の両氏。
なぜかぽんぽこたぬきの着ぐるみに身を包んで優勝コメントを行った野田氏は、「3チームに分かれて参加した他メンバーと協力して開発を行い、他の開発者が公開した手法を取り入れながら強くしている」ことを強調。
「いずれの支援も無かったらここには立てていなかったと思います」で大会を締めくくっています。

さて、優勝したソフトは「やねうら王ライブラリ」を使用。
それもあってか、今回の特別賞はやねさんが受賞しました。

3位Ponanzaは引退表明

Ponanzaは予選・決勝Tを合わせて負けたのがぽんぽことの一戦だけで、優勝チームと同等の強さを持っていたようには見えました。
表彰式の時に開発者の山本氏が引退する旨を伝えていました。
電王戦時代では、最も優秀な将棋ソフトを作ったプログラマーの一人です。

ここで少々ソフト開発の歴史を振り返ってみれば、

一人で開発

チーム(2人以上)で開発

オープンソース化(平岡氏が最初)

3チームで開発

結局のところ「集合知の力というのはすごい」と言う事でありました。


ちなみに前日、11月11日に第5回将棋電王トーナメントの予選リーグが行われ、決勝トーナメントに進出する12チームが決定しました。
決勝トーナメント進出の12チームは下記の通り。

<予選リーグの順位>
1位 Ponanza(7勝0敗1分)
2位 Yorkie(6勝1敗1分)
3位 elmo(6勝2敗)
4位 やねうら王(6勝2敗)
5位 ぽんぽこ(5勝1敗2分)
6位 HoneyWaffle(6勝2敗)
7位 Selene(6勝2敗)
8位 Apery(5勝3敗)
9位 Qhapaq_conflated(5勝3敗)
10位 Shotgun(5勝3敗)
11位 読み太(5勝3敗)
12位 大将軍(5勝3敗)

PS
残念ですが、プロ棋士とのかかわりがなくなってしまった初めての電王トーナメントでした。
ソフトが人をはるかに超えてしまったのですから、仕方がないといえばそれまでであります。
そのようなこともあってか、山本さん・ポナンザは引退。
一つの時代が終了した感があります。

PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

トランプの強気が招く偶発的核戦争

2017-11-01 20:15:09 | Weblog
・トランプの強気が招く偶発的核戦争<--リンク

『世界最強の軍事力を持つアメリカに対峙するのは、貧しくて世界から孤立し、核兵器しか持たない北朝鮮だ。
強い側のアメリカは、北朝鮮など敵として取るに足らない相手だとタカをくくっている可能性がある。
トランプが先週、アメリカのミサイル防衛はほぼ完璧に敵のミサイルを撃墜できると豪語したのがいい例だ。
技術面でまだ課題が残っていることを知らないのだろうか。
・・・
1960年代、ケネディ元大統領とジョンソン元大統領は、当時核実験を始めたばかりだった中国が核兵器を持たないよう、奇襲攻撃で核施設を破壊することを真剣に考えたという。
結局攻撃しなかったのは、中国が猛然とベトナム戦争に介入してくることを恐れたからに過ぎない。

今のアメリカと北朝鮮の関係は、当時のアメリカと中国の関係に似ていると、ゴールドスタインはいう。
中国(当時)も北朝鮮も一見弱く、先に仕掛けたくなる「無防備さ」を持っている点が。』

アメリカが「先制攻撃という誘惑」に落ち込まない事を祈ってますよ、トランプさん。

追記
・「核のみが平和を保障する手段」、韓国野党代表が主張<--リンク

『保守系最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホンジュンピョ)代表は、「韓国に戦術(核)兵器を配備することによってのみ、我々は北朝鮮と対等な立場で交渉できる」と語った。』

戦時作戦権すらお持ちでない国がどうして核を管理出来ましょうや?

どうにも「現実が見えておられない発言である」としか思えません。

PS
・朝鮮半島衝突、確率25% 元高官がトランプ氏批判<--リンク

トランプさん、自覚的な行動ならいいのですが、自分に自信がありすぎると危険です。

・米国務長官「貿易・南シナ海で中国に圧力」 WSJ紙に <--リンク

それに対してティラーソンさんの方がより安定している様にみえますね。

追記
・米空母が日本海で韓国軍と合同演習、北朝鮮に圧力<--リンク

これでは金さんの血圧は上昇する一方であります。

・北朝鮮の核開発、米は「最終段階」も想定 CIA長官<--リンク

アメリカは核クラブへの新規参入は決して認めません。

しかしながら、イスラエルが核を持つ事は問題なしとしている様です。

PS
・核の標的は「米国のみ」 訪露の北高官が対米牽制<--リンク

まあ、そう言うでしょうね。

実際の所は不明ではありますが、、、。

追記
・北朝鮮の「核は米のみ照準」は「信用できる」 核専門家<--リンク

さて、モスクワで開かれた会議でありますから、ロシアの意向に沿った内容になるのは仕方がないことであります。

PS
・トランプ氏、北朝鮮の脅威に「万全の準備」 衝突に含み<--リンク

トランプさん、絶好調でありますなあ。

そうして「好事魔多し」と古人は言っております。

・トランプ米大統領、対北朝鮮で「あらゆる準備できている」<--リンク

追記
・北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」<--リンク

さてこの話、単純に喜んでいいのかどうかは疑問が残りますね、安倍さん。

PS
・朝鮮有事想定、米軍核搭載爆撃機26年ぶりの臨戦態勢へ準備<--リンク

どうしても行きたいところまで行くつもりでしょうかねえ、トランプさんは。

周りの迷惑というものにはあまり関心がない様ですね。

PS
・トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない<--リンク

同意します。

・西太平洋、空母3隻態勢に=対北朝鮮圧力強化-米第7艦隊<--リンク

そんなに軍事圧力を増大させてどうしようというのでしょうか?

たんに戦争に突入する危険度を増やしている様にしかみえませんが、、、。

PS
・太平洋上空での水爆実験警告「額面通り受け止めろ」 北朝鮮高官、米TVに語る<--リンク

『高官はさらに、北朝鮮と米国との間に外交チャンネルは存在しないと述べ、「米朝間の対話のパイプは開かれている」と繰り返し表明してきたティラーソン国務長官の見解を否定した。』

アメリカは「外交交渉が手詰まりになったので、しかたなく軍事攻撃した、というシナリオにしたいのだろうが、そうではない」といっているのであります。

・トランプ氏、習近平氏の権力強化を「歓迎」 対北で指導力に期待<--リンク

トランプさんは当面アメリカの利益になりそうなことなら何でも「ウエルカム」でありますなあ。

追記
別の記事によれば、

『外交関係筋によりますと、ユン特別代表と北朝鮮外務省の崔善姫北米局長が、ノルウェーのオスロで今月下旬に会談することが決まっていました。
ところが、直前になって北朝鮮側が米韓軍事演習の内容などを理由に取り止めを求めたということです。

崔北米局長は、訪問先のモスクワで、22日、「核放棄を迫るアメリカ側とは対等な対話にはならず応じない方がよいと判断した」と話しています。』

とのこと。

PS
・北朝鮮「米韓への脅威」=米国防長官、文大統領と会談<--リンク

『マティス氏は板門店で「われわれの目標は戦争ではなく、完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化だ」と述べた。』

マティスさん、その言い方では50点です。

「朝鮮半島の非核化」を「世界の非核化」に変えてもらえれば100点満点なんですがねえ。

PS
・ロシア疑惑、最初の容疑者訴追 近日中に拘束も CNN<--リンク

アメリカは透明性が高い国でありますなあ、トランプさん。

・マティス米国防長官の「軍事オプション」の中身とは…戦々恐々の韓国を“行動”でなだめる<--リンク

『マティス氏は会見で、「米国は核武装した北朝鮮を容認しない」と明言した。』

主張が正面衝突しています。

それで、この先どうするつもりなのでしょうね。

・「核戦力目標達成の段階」初報道 対応変化示唆か<--リンク

何をどう達成したのでしょうか?

太平洋上の水爆実験は中止でしょうか?

不明であります。

・米韓連携に「新たな緊急性」、北の脅威増大で 米国務長官<--リンク

『「米国や同盟諸国に対するいかなる攻撃も撃退し、北朝鮮が核兵器を使用した場合は大規模かつ効果的、圧倒的な軍事行動で対応する」と警告した。』

北朝鮮が核兵器を使用した場合は・・・・

これ、太平洋上での核搭載ミサイルによる水爆実験を含むのかどうか、微妙なところであります。

PS
・北核実験での放射性物質拡散予測 北海道到達も韓国海域には達せず<--リンク

ほほう、そうですか。

それで日本ではどこの部署が計算して報告してくれるのでしょうかねえ、安倍さん。

・北朝鮮対応で不支持51% トランプ氏手法に疑問符 支持率も最低<--リンク

サンプル数が1000を超えていないのが気になりますね。

これでは調査結果の信頼性がいまいちです。

・トランプ陣営元選対本部長を起訴 マナフォート氏ら2人、資金洗浄20億円超<--リンク

さてこれがトランプさんのいう「魔女狩り」の成果ですか?

なかなかピンときませんね、これだけでは。

PS
・ロシア疑惑、元選対会長ら無罪主張 3人起訴 <--リンク

これでトランプさんに「火の粉はかからない」のでしょうか?

・金正男氏息子の殺害計画か 中国で北朝鮮工作員拘束と韓国紙が報道<--リンク

北はもはや「仁義なき戦い」でありますなあ。

PS
・北朝鮮、追加核実験なら放射能漏れも <--リンク

核実験も放射能も日本はいりませんよ、金さん。

PS
・中国軍がグアムを標的に軍事演習、太平洋進出を米警戒<--リンク

中国はやはり太平洋での軍事的なプレゼンスを増強してきています。

PS
・石破氏「核兵器を作る技術、持っておくべき」<--リンク

「知っておくべき」に留めておくべきかと。

「持っておくべき」ではすぐに「それでは作りましょう」になってしまいます。

PS
・邦人退避の日韓協議「具体的なところはできていない」 小野寺五典防衛相が明かす<--リンク

結局は各個人の自衛が優先されそうです。

PS
・トランプ氏、強硬姿勢崩さず 対北朝鮮、中国を意識 韓国演説 <--リンク

「力による平和」ですか。

北で暮らす人々の事は念頭にはない様です。

PS
・トランプ氏、北朝鮮・貿易で協力要求 米中28兆円の商談成立<---リンク

・対北朝鮮、圧力強化で一致=28兆円、大規模商談に署名-米中首脳会談<--リンク

結局北朝鮮は何もせずにこのまま終わるのでしょうか?

少々信じられませんね。

PS
・挑発60日停止なら直接対話=北朝鮮核問題、外交解決条件か-米紙<--リンク

これが事実なら11月15日で60日到達です。

その間にアジアをトランプさんが一回り。

まあそういう訳ですね。

・北朝鮮に米軍が地上侵攻したらどうなるのか<--リンク

だから、それだけは勘弁していただきたいのですよ。

PS
・空母3隻、米韓が演習 北朝鮮「理性失ったトランプ」<--リンク

『軍事関係筋によると、北朝鮮の地上レーダーでは米空母打撃群の全ての動きを把握できないため、北朝鮮は米韓の行動を誤解して、先制攻撃に出る恐れもあるという。』

こう言う事があるから嫌なのですよ、挑発行為は!!

PS
・北朝鮮、米大統領演説を非難「核完成へ疾走」<--リンク

これが今回のトランプ外交に対する北朝鮮の回答の様です。

・海自艦と米3空母、日本海で共同訓練 韓国は参加見送り<--リンク

日本とは行動を共にしない、という韓国のメッセージでありましょう。

PS
・対北朝鮮「深刻な懸念表明」 ASEAN議長声明案 <--リンク

議長声明には注目であります。

PS
・金正恩に"対話"も"圧力"も意味がない理由<--リンク

なるほどねえ、という話です。

しかしながら、もうすでにアメリカの日本に対する核の傘は破れている様にも思えるのです。

PS
・核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい<--リンク

だからいやなのです。

PS
・北朝鮮が開発を進めるICBM「限界に直面している」と韓国の情報機関が分析<--リンク

北の技術者に協力者でもいて、情報がリークでもされないと、こんな事は言えないはず、、、なのですが。

PS
・米軍高官、核攻撃違法なら大統領命令であっても従わず<--リンク

そうあって頂きたいものですね、ハイテンさん。

・核のボタン 論争再び 「違法なら拒否」米軍司令官発言<--リンク

PS
・米本土に届く弾道ミサイル、年内開発完了も<--リンク

これは従来からのアメリカの予測と同じですね。

・米、北朝鮮をテロ支援国家に再指定 追加制裁も発動へ<--リンク

アメリカは自分にとって都合の悪い国はテロ支援国家に指定する模様です。

・北朝鮮、中国特使を冷遇 正恩氏との会談は?報道なし<--リンク

中国の調停もうまく行きそうにありません。

・元海将が明かす、核戦争前提で北を先制攻撃する「5015作戦」の全貌(上)<--リンク

対北は看板、本当は対中国、という話は現実感があります。

PS
・「強盗のような手段」北朝鮮、テロ支援国家再指定を非難<--リンク

アメリカの考えている正義と北朝鮮の考えている正義がぶつかっています。

さて、日本はどちらの正義にくみするのでありましょう?

その上での問いと言うものは「この世に唯一の絶対正義というものは存在しうるのか?」というものであります。

PS
・北朝鮮のテロ支援国家再指定、世界的な「大惨事」招く恐れ ロシア<--リンク

ロシアも反対の模様です。

トランプさんのスタンドプレーにしかみえないと。

PS
・北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本のEEZに落下か<--リンク

事前に報道されていた通りでした。

ICBMの完成に近づいている模様です。


PS
「北朝鮮の核とミサイル」にはこちらから入れます<--リンク

「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

核攻撃なら死者210万人、東京・ソウルで 米大推計

2017-10-16 12:03:33 | Weblog
・核攻撃なら死者210万人、東京・ソウルで 米大推計 <--リンク

『米軍が北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃したり、核・ミサイル関連施設を攻撃したりし、北朝鮮が報復した事態を想定。

北朝鮮が15キロトンから水爆規模の250キロトンまでの核弾頭を25発配備、全25発を弾道ミサイルで人口密集地の東京とソウルに発射したと仮定し、被害規模を算出した。』

いやだから、そういう目に会うのはごめんだ、と言っているのですがねえ、トランプさん。

あなたが先に手を出さなければ、「北朝鮮は吠えるだけ」ですから、、、。

PS
・北朝鮮、長距離ミサイル計画? 訪朝の露議員「米西岸に到達可能」と説明受ける<--リンク

まあそれが最低限の達成目標ですから、いつかはそれを実行するでしょうね。

追記情報です。
・北朝鮮が東京とソウルを核攻撃すれば、犠牲者は最大380万人<--リンク

・ミサイルだけではない北朝鮮の攻撃力 実際はどれくらい?<--リンク

PS
・機能する手段「一つだけ」=北朝鮮への圧力強化か-米大統領<--リンク

北朝鮮が暴発しないように、くれぐれも慎重に圧力をかけてくださいね、トランプさん。

・韓国軍が「停電爆弾」の開発技術確保 北朝鮮の電力網を無力化<--リンク 

発電所が軍事施設かどうか、民生部分を、インフラを攻撃するのは国際法に抵触しないのか?

このような攻撃方法には相当に疑問がのこります。

PS
・麻生太郎副総理「北朝鮮には危なそうな人がいる」<--リンク

さて、北朝鮮には確かに危なそうな人がいますが、負けず劣らずアメリカにも危なそうな人がいます。

そうして、麻生さんはアメリカの危なそうな人の事は一切話さないのでありました。

・金正恩氏、核開発推進を指示 党中央委総会開催、妹の与正氏が政治局員候補に<--リンク

北朝鮮は想定された通りの道を一直線に進んでいます。

・「国難」強調する安倍政権 自衛隊からは疑問の声も…<--リンク

使えるものは何でも使う、そういう訳ですね、安倍さん。

でももり・かけ、忘れていませんよ。

PS
・軍事選択肢「準備を」=対北朝鮮、当面は経済制裁-米国防長官<--リンク

マティスさんは北朝鮮を挑発するのがお仕事のようですね。

トランプさんは良い部下をお持ちの様です。

PS
・米爆撃機、朝鮮半島周辺で演習 射撃想定、北朝鮮に圧力<--リンク

自衛隊とも仲良く訓練したそうです。

これでは北朝鮮から見れば「日本、許すまじ」となりますね。

・米駆逐艦、西沙諸島近くを航行 対中国で「自由作戦」<--リンク

他方で、南シナ海では中国に一定の配慮を見せました。

対北をやっている限り、中国の協力は必要ですからねえ。

・IQテストで白黒つけよう トランプ氏、「ばか」呼ばわり報道のティラーソン国務長官と勝負?<--リンク

上司を「バカよばわりする」のは部下の特権ですよ、トランプさん。

追記
・16年米大統領選でロシア諜報員がグーグルに広告、米紙<--リンク

結局のところ、国と言うものは自国の国益になりそうなら何でもやる存在、と言う事になります。

要するに「人からは見えないと思っている所では、節操などは見当たらない」のであります。

PS
・戦争の導火線、トランプ氏が点火ー北朝鮮外相=タス通信<--リンク

なぜロシアのタス通信からそのようなメッセージが流れるのでしょうか?

ロシアと北朝鮮は共同戦線を張っている模様です。

そうして、北は戦時体制下にある、ともう一度の確認であります。

加えてこれは例の夜中のB1B訓練への回答にもなっています。

・トランプ米大統領、「核兵器を10倍に」の報道否定<--リンク

10倍!

正気の沙汰ではありませんね!

・米大統領がNBCの放送免許剥奪を示唆、「偽ニュース」と批判<--リンク

メディアと大統領のけんかであります。

日本でもよくやりますね。

でも日本の場合は放送免許がどうとかは言いませんがね。

追記
・北朝鮮労働者を酷使 「最悪の条件」で死者も ロシアW杯会場建設<--リンク

いつの時代でも搾取されるのは弱者であります。

・中国の「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか?<--リンク

中国の北への侵攻は想定されるシナリオの一つであります。

追記
・日本政府、核禁条約にふれぬ方針 国連への核廃絶決議案<--リンク

毎度のことでありますが唯一の被爆国の政府が出すメッセージとしては「なんだかなあ」というのが素直な感想であります。

PS
・首相、籠池被告を「詐欺働く人物」 「無罪推定」どこへ<--リンク

安倍さん、「こういう詐欺を働く人物の作った学校でですね、妻が名誉校長を引き受けたことはやっぱり問題があった。こういう人だからだまされてしまったんだろう」とご発言です。

つまり、「安倍家には問題はない。問題なのはだました方だ。」とそういう訳です。

そのような「自分たちは悪くない」というような、「責任は他にある」と言うような方には総理大臣というお仕事は荷が重すぎる様に思えます。

・自民党広報のツイートに物申す<--リンク

「みんなこのインチキに気付いてくれ~」とのこと。

この記事内容が事実であるならば、政府は、自民党は国民をミスリードしている事になりますね、安倍さん。

・日本の「破綻」は、もはや杞憂と言い切れない<--リンク

追記
・「北朝鮮、平昌パラリンピック参加の意向」韓国外相 <--リンク

硬いものと柔らかいものと、2つを同時に投げてくるのは外交の基本でしょうか。

追記
・ジャーナリストの田原総一朗氏が会見(全文1)全党がリベラル、保守党がない <--リンク

日本の国の政治家は本当に国民に危機が迫っている時には、その事については一切情報を出さない。

理由は簡単。

1、自分たちがその危機をコントロールする能力をもたないから。

2、そうして、危機を知ってしまった国民が暴動を起こすのを、政府のコントロールが利かなくなるのを何よりも恐れているから。

3、くわえて、不幸にも危機が起きてしまった場合には、その惨劇の最中には「皆さん、落ち着いて行動しましょう。」というだけ。

これは現状の日本では「自分たちは無能です。」と言う言い方の別の表現方法でしかありません。

PS
・トランプ氏、対イラン強硬戦略を表明 核合意の認定撤回<--リンク

『・・・同国の「狂気の体制」を抑止するためのより強硬な戦略を打ち出すとともに、核合意はいつでも破棄できると警告した。』

アメリカという国はいつも「自分の気に入らない国」についてはむごい表現を使うのであります。

そうして上記撤回はイランのイスラエルに対するミサイル攻撃能力の獲得に対する報復であります。

・ロシアの工作、「ポケモンGO」悪用=昨年の米大統領選介入疑惑<--リンク

いやはや、使えるものは何でも使う、、、というなんともおそろしい国でありますなあ。

PS
・北、ミサイル搭載の移動式発射台に動き 米空母、原潜、爆撃機…続々集結<--リンク

さて、「選挙だ!」、「再結集だ!」などと言ってる場合でありましょうか?

以下の文章が上記記事に追加されました。
『ただ、米韓軍の対北優先攻撃目標は750カ所以上ある上、把握し切れない核・ミサイル拠点も多いとみられ、北朝鮮との開戦には、5つの空母打撃群が必要だとも指摘されている。』

追記
・イラン核合意 トランプ氏発言に英仏独が異例の批判声明(ヤフー)<--リンク
・イラン核合意 トランプ氏発言に英仏独が異例の批判声明(毎日)<--リンク

トランプさんをほめる国があれば非難する国もあります。

そういう訳で世界は本当にモザイクですね。

PS
・米韓合同軍事演習始まる 原子力空母・潜水艦など参加<--リンク

・米韓が演習開始 北朝鮮を牽制、「斬首作戦」要員も動員か<--リンク

まあ本当に「緊張を高める」事しか頭にないのでしょうか?

・米国務長官「大統領は戦争望まず」 対北朝鮮で <--リンク

『外交努力「最初の爆弾落ちるまで続く」』そうです。

さてそれで、その爆弾は北朝鮮に落ちるものを指すのでしょうか?

そうですね。

アメリカの場合であれば「最初のミサイルが云々」という文言になるはずですからねえ。

ということは軍事行動をする場合は「アメリカは先制攻撃をするぞ!」と言う事になりますね、ティラーソンさん。

PS
・日米韓、北ミサイルの追跡訓練へ<--リンク
「米韓演習には空母ロナルド・レーガンなど40隻参加」

追跡訓練がどのように日本でのミサイルの迎撃に結びつくのか、疑問であります。

・北「米東海岸に到達可能なICBM開発するまでは米と対話せず」CNN報道<--リンク

当然予想されるシナリオです。

そうして、軍事行動を選択肢からはずさないアメリカは、そうなる前に何らかの理由をつけて軍事攻撃に出るのでしょうか。

・北朝鮮亡命幹部「制裁、完全に市場封鎖」 米で講演 <--リンク
中国との関係「過去最悪」

さて北朝鮮、残された時間はあと約1年ということの模様です。

PS
・新型の弾道ミサイル潜水艦を建造中か 最大級、排水量約2000トン 米誌など分析<--リンク

ミサイルの発射手段の多様化が目的です。

これによってアメリカの先制攻撃に対する抑止力が向上します。

・米国務長官、中国の海洋進出批判 「周辺国の主権侵害」<--リンク

ティラーソンさんの方が大統領らしい発言をしますねえ。

・「中国は秩序を乱す搾取国家」、米国務長官が非難<--リンク


PS
「北朝鮮の核とミサイル」にはこちらから入れます<--リンク

「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

人工知能(AI)・2

2017-10-05 01:37:44 | Weblog
・<AI>IQは6歳児以下!? でも2年前より大幅向上<--リンク

『 研究のベースとなる調査は昨年実施され、それによると、IQは人間が18歳で97.0▽12歳で84.5▽6歳で55.5となる一方、AIはグーグル製が47.28▽中国の検索大手バイドゥ製が32.92▽米マイクロソフト製「ビング(Bing)」が31.98▽アップル製「シリ(Siri)」が23.94--だった。

 14年の調査では、AIでトップのグーグル製でもIQが26.5と、6歳児の半分以下だった。このことを考えれば「過去2年間でAI(の知能)は著しく向上した」(研究)とも言え、今後の開発動向が注目される。』

問題なのはIQの伸び方でしょうね。

将棋や碁の様に「自分で学習のフィードバックを回し始める」様になると、もう止まりませんからね。

全文はYahoo版にてご確認ください。
↓↓
・<AI>IQは6歳児以下!? でも2年前より大幅向上

PS
・Google Assistantの「リアルな機械音声」 作ったのはDeepMind<--リンク

『囲碁AI「AlphaGo」などを開発したDeepMindが、「Google Assistant」の機械音声を新たなアルゴリズムで開発した。』

あの連中なら、そのくらいの事はやってしまうでしょうね。

PS
・アルファ碁、さらに進化=自己学習のみで最強に-グーグル<--リンク

すごいですねえ、このシンポ!

DeepMindがまたやらかしました。

碁では自己学習のみで完全に神レベルに到達です。

PS
・焦点:世界初、AIで日銀総裁の表情解析 政策予想に応用も<--リンク

ふむ、大変な時代になったようですよ、黒田さん。

PS
・ネットのグニャグニャ文字認証、AIが楽々突破<--リンク

やっぱりモデルは人の脳の様です。

そうして結局は人の脳みそもAIと同じような処理をしているということになります。

PS
・【驚き】ロボットライダー「モトボット2」対MotoGP天才ライダー!どちらが最速!? 自立して転倒しないバイク「モトロイド」、ヤマハが東京モーターショーでロボット展示<--リンク

ヤマハの発想は、すごいですね。

PS
・ピロリ菌胃炎を画像診断 専門家並み正答率、即座に<--リンク

本当にAI,特にディープラーニングの威力はすさまじいものがあります。

PS
・8惑星持つ恒星系、AIで発見 太陽系と並び最多、NASA<--リンク

なるほど、天文学への応用ですか。

PS
・NASAは人工知能で「月の地図」をつくっている 宇宙で民間技術が飛躍する理由<--リンク

大量のデータ、それも画像データの処理にはAIはとても有効である様です。

と言う事は、セルンでも有効に使える、ということになりそうです。

PS
・アリババのAI、成績が人間上回る-スタンフォード大の読解力試験で<--リンク

それなりに実用に近づいてきた模様です。


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の核とミサイル

2017-10-01 06:08:06 | Weblog
2017年8月14日~

1・ミサイルによるグアムの包囲攻撃について、それぞれの思惑など。

・水爆の開発(北朝鮮をめぐって)

・チキンレース第三幕のはじまり

・太平洋上での水爆実験/

・核攻撃なら死者210万人、東京・ソウルで 米大推計

・トランプの強気が招く偶発的核戦争

・アメリカは核武装した北朝鮮との共存を選ぶ???

2018年

・金正恩氏「核のボタンが私の机に」 新年演説で威嚇

・北朝鮮代表団が陸路訪韓 文氏会談へ、保守派反発


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

この記事をはてなブックマークに追加