杵屋六郎ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

再生装置

2017-01-25 22:25:26 | 日記


室内で聞く時はスピーカーから音を出して聴くようにしています。工事などで外がうるさい時は無線ヘッドホンや骨伝道ヘッドホンを使います。有線イヤーホンは高音質で聞きたい時に使っています。SHURE SE535 Special Edition はとても
良い音で聞きたい特別な時に使っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人椀久 山田先生踊地の採譜が完成

2017-01-24 04:19:36 | 日記

src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/46/9b/a51e35169db9bc2ecf0e220ef328225c.jpg" border="0">


40年以上の課題としてきた山田先生の踊地2種類を両方完成出来た。普通の踊地のように同じ手順を繰り返すパターンの踊地ではなく、演奏するたびに同じタマは弾かない。それでいて椀久の狂った様を見事に表現している。無理な手順は使わず新鮮な音を組み合わせ普段は使わない文化譜22まで使ってコミカルに表現されているタマは何度弾いても素晴らしいです。作曲力の素晴らしさが随所に出ていてワクワクします。
練に練ったタマで変化があるから他の追随を許さなかっただろうと思います。
譜面が完成しても椀久が狂っているように表現するのは難しい、工夫のいるとこです。
40年前は舞台の幕が開く瞬間が楽しかったが今では舞台に向けて稽古している瞬間がとても好きになり、歳と共に物事の感じ方が変化することも分かった。
書き終わった瞬間に途方もない達成感を得られた。過去2回清書しているが今まで聞き取れなかったことを手順の予測から導き出すことが出来た。清書をするときに徹底的に聞くことも楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き出しの整理

2017-01-22 02:09:32 | 日記

数多くの引き出しに見出しをつけないで中身をすべて覚えるのは大変だ。整理術はとても参考になる。考え方を自分なりに工夫すればさらに便利だ。
定位置にものを置き、その中身はすべて書き出してパソコンに保存する。調べたい探し物は検索すればすぐに見つかる。無数の引き出しを管理するにはこれは便利だが、写真に文字を入れて中身をわかりやすくしておくことも有効な整理術と言える。
戸棚の中身も同様にして書き出すか中身の写真を撮ってパソコンに保存すると便利だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音源の保存

2017-01-21 00:14:03 | 日記

以前はカセットテープを10年ごとにダビングを繰り返して保存していたが、現在ではデジタル化してmp3かwavファイルにしてSSDやハードディスクに保存している。さらにSDカードやUSBドライブに加えてCloudにも保管している。10年前からデジタル化を始めたがパソコンの買い替えに伴い何度もコピーを繰り返すうちにファイルの壊れているのを発見した。知らないうちに壊れていたものは約2000ファイル中の5ファイルであったが、コピーで壊れることもあるのがわかった。やはり重要な音源はアナログにも残しておくべきだと思う。
デジタル化して取り込むにはエディロール UA-3FX USBオーディオ・キャプチャーを使っていたが最近ではTASCAM DR-07を使っている。DR-07ではSDカードに記録できるのでUSBでつないで録音するよりも簡単であり、パソコンにも簡単にコピーできる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽への動機

2017-01-19 00:05:01 | 日記
自分を見つめ直すと音楽への動機がはっきり理解できるものです。自分が一番にしたいことは何なのか。何をしている時が最も幸せな時間なのか。このように分析して考えることで音楽への動機を自覚できるようになります。無意識で時間を過ごすより自分の動機を良く理解して意識的な時間を過ごす方がはるかに有意義です。
人間にとって生きがいはなくてはならないものです。芸術はすべて生きがいに通じています。勿論、音楽も同じです。
人間の生きられる時間は限られています。元気で活動できる時間も限られています。人生を有意義にするには芸術と共に生きることが必要不可欠です。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
動機
どうき
motive
心理学用語。行動生起の内的な直接因の総称。要求,欲求,願望,意図などと同義に用いられることが多い。特に動因と混用されるが,内的な有機的不均衡に起因する場合には生理的動因といい,生理的動機とはいわない。
本文は出典元の記述の一部を掲載しています。
動機
どうき
motif; motive
音楽用語。「モチーフ」とも呼ばれる。音楽の楽曲形成における最小の性格的独立単位。旋律,リズム,和声などにおいてなんらかの特徴をもち,楽曲展開の核となる。ホモフォニーの音楽では2小節で1つの動機を構成することが多いが,さらにその内部が小さな部分動機に分れることもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加