杵屋六郎ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

すべてに余裕を持つ

2016-11-08 00:09:10 | 日記
演奏力を高めていくには演奏の重要な要素を良く理解し、それらのすべてに余裕を持てなければなりません。曲の内容や言葉の理解、話の展開、細部の心情表現や何を捨ててどこを演奏の主題にするかを決めておかねばなりません。出たとこ勝負では良い演奏はできません。
三味線のこしらえを十分にしておき、安定した調子で覚えた曲を余裕をもって演奏する姿勢が大切です。
余裕が持てるかどうかの確認は以下のように行うと判断できます。
①何も見ずに弾きながら唄える。
②いろいろなお手本に楽に合わせることが出来る。
③低い調子から高い調子まで変えて演奏できる。
④いろいろな速度で演奏できる。
⑤覚えたものを楽譜に書ける。
技術が安定すると一見、機械のように精密に演奏できるようになります。しかし、機械的な演奏を目指してはいけません。三味線という楽器は調子と勘所を正しく保ちながら弾くという難しい命題があるからです。三味線の糸に自分の息を吹き込むように生きた音楽を紡いで行くにはすべての技術が安定していて、余裕を持っていなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咽喉の手入れ | トップ | 糸の狂いを予測できるか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事