杵屋六郎ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

爪弾きのすすめ

2015-12-25 02:08:29 | 日記
撥で練習するには限界がある。練習しすぎると撥では左手の爪が減るだけでなく、指も痛くなって練習をする気がなくなる時がある。そのようなときは練習方法を見直すべきだ。
一つの方法として爪弾きが良い。それでも痛いときは調子を低くして練習する。
爪弾きの良い点は以下の通り。
〇左手の手順を把握するには爪弾きで十分。
〇両手とも糸に皮膚が触れることで三味線の音を体で感じる。
〇何回練習しても爪や指が痛くならない。
〇お手本と一緒に弾いてもはみ出さずに弾ける。
〇お手本の調子が高いときは1オクターブ低い水調子でも稽古できる。
〇夜中でも練習できる。
〇忍び駒よりも右手の小指が駒に当たらずに弾きやすい。
弾く指の位置は撥皮よりも下方に取り、胴の真ん中くらいの位置を弾くようにする。
糸を押える方は棹につけても良いが、痛いときは糸に乗せるだけでも音が出せる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5世 清元延寿太夫名演集 | トップ | 4分音符の変形 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。