杵屋六郎ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

松の緑

2017-04-29 21:06:37 | 日記
演奏時間が短いので初心者の習う曲として適しています。松の緑に始まり松の緑に終わると言われるようにこの曲を極めるのは難しいことです。
以下の点に注意して練習しましょう。
①正しいテンポで前弾きの合方を弾くように心がける。
②唄に入る手前でテンポを緩める。
③唄は歌詞が言葉に聞こえるように心がける。(日本語に聞こえるように)
④暗譜しやすいので、この曲をきっかけに暗譜する癖をつけましょう。
⑤合方は覚えやすいが唄の部分は覚えにくい。口三味線を言えるようにしましょう。
⑥短いので弾き唄いの練習にも適している。
⑦廓の情緒を三味線や唄で出すことが難しい。そこが腕の見せ所にもなります。
現代人にとっては江戸時代の廓は想像する以外に知りえない世界であり、知らない世界を表現するところに演奏の難しさがあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の演奏に絶対的な自信を持つ | トップ | 再生速度の変換ソフト(MeRu) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。