杵屋六郎ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

でんでん虫

2016-09-19 22:48:08 | 日記
「でんでん虫 」8世竹本綱大夫 著 布井書房
義太夫が全盛の時代の最後に登場した8世竹本綱大夫の芸談について書かれています。最も印象に残った言葉は師匠の山城少掾から言われた言葉ですが「稽古で自分の声を探しなさい」というものです。
とても意味深い言葉でありますし、一言で核心をついています。人の真似をしていると声色になってしまい、本来の自分の声になりにくいものです。本当の自分の声に到達するには想像を絶する義太夫の修行がないとできません。言い換えれば自分の声を見つけることが大事です。
この一言だけでも「でんでん虫」の価値は大いにあります。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修行過程の違い | トップ | 山城少掾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事