六文錢の部屋へようこそ!

心に映りゆくよしなしごと書きとめどころ

写真とおしゃべり センチメンタルな5・7・5風に

2016-12-10 10:37:34 | 日記

           
                 先立たれ白さ目に滲む枯尾花

           
                 独り身になりて師走の乱れ雲

           
                 戸惑うて冬の樹影は捩れけり
ジャンル:
かなしい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺された詩 | トップ | ナンキンハゼに逢った。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心情が (さんこ)
2016-12-10 10:49:53
今の貴方の心情がとてもよく伝わってきます。

写真もまた。どうぞこれから先もたくさん、お詠みになられますように。
ただし・・・ (六文銭)
2016-12-10 10:57:56
>さんこさん
 ありがとうございます。
 ただし、感傷的なだけで中身が空洞のような気もします。そしてそれ自体が私のいまの心象かも。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。