六文錢の部屋へようこそ!

心に映りゆくよしなしごと書きとめどころ

雪! 天がつかわしたこの優雅のものよ!

2017-02-12 02:12:32 | 日記
 かつては雪が積もると何やらワクワクしたものだ。この平板な日常に、異形のものが差し込まれたようだった。遠い少年の日のことだ。

          

 今も目覚めて、一面の銀世界を見ると美しいと思い、すこしときめくものもある。
 しかし、次の瞬間、今日は出かける日なのに難儀なことだなぁ、と思ってしまう。
 ようするに美意識よりも機能性のほうが優先するのだ。

          

 そんな私を、芭蕉の句は叱責しているようだ。風雅というのはこうでなくっちゃぁ。

           いざ行かむ雪見にころぶ所まで

 
【後日談】などと書いていたら、友人から以下のようなコメントが・・・。

 《Yさん》いや〜、芭蕉先生はまだ我々より若かったですもの。転ぶことの危険をご存知なかったと思いますよーー。

 《私》 Yさん そういえばそうですね。先人たちは、私たちより古い時代を生きていただけで、いまの私たちより年長であったわけではないのですね。とりわけ芭蕉翁などといったりするものですから、つい錯覚してしまいます。

 Yさんが指摘する通りで、芭蕉は50歳でその生命を終えている。いまの私は、それを30年ほど上回ろうとしている。
 やはり、「ころぶ」までに杖が要るし、そもそも風雅ぶって危険なところへは出かけないのが正解かと。
 「年寄りの冷や水」はやはり歓迎されたものではないようだ。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「別れのワルツ」はまだ早い... | トップ | ヒッキー老人から脱出のために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。