六文錢の部屋へようこそ!

心に映りゆくよしなしごと書きとめどころ

この女性たちの闘い! 映画「未来を花束にして」を観る

2017-02-24 15:19:17 | 映画評論
 映画、「未来を花束にして」を遅まきながら観た。
 私達はいま、曲がりなりにも基本的人権というものを手にしている。私のような戦前生まれは、それが天賦のものではなく、敗戦という代償のもと、戦後民主主義の一環として、新憲法と前後して与えられたことを知っている。
 
 ただし、そこには自ら勝ち取ったものではないという弱点もある。ようするに、それらの諸権利がいかにして私たち人類の財産になったのかのルーツが忘れられ、それを可能にした先人たちの労苦を思い浮かべることもない。したがって、せっかく得たそれらを、貴重なものとして保ち続ける意欲も希薄になっているのではなかろうか。

          

 それをあらためて思い知らせるのがこの映画である。婦人参政権や母権といった今では先進諸国では当たり前といった権利が、想像を絶する過酷な闘争の中で実現してきたことをこの映画はまざまざと知らしめる。
 しかもそれは、民主主義の先進国とも言われたイギリスにおいてであり、時代もわずか100年前のことなのである。

          

 しかも驚くべきことには、それをめぐる女性たちの闘いの戦術が、いまでいうところの過激派のそれと何ら変わることなく、特定の対象の爆破、通信網などインフラの破壊工作など、まさに非合法活動の連続なのである。したがって、ベテラン闘士たちの逮捕歴は、数回以上がザラというとになる。
 もちろん、はじめからそうした非合法の活動が行われたわけではない。議会の公聴会などの合法の場での主張は何度も繰り返されたのだが、ミソジニーに染まった男社会の議会や社会一般はそうした切実な声を一顧だにすることなく、無視し続けるのだった。

 それどころか、それを願う女性たちへの蔑視や迫害、さらには職業(それ自身が、待遇面などでの男女格差によるものなのだが)の剥奪すら行われたのであった。
 したがってこの映画を観ていると、彼女たちの非合法の活動の方がむしろ理にかなったものであり、男社会のいわれなき女性の権利抑圧こそが人道への犯罪であることが見えてくる。

          

 実際のところ、彼女たちの闘いは、弾圧や迫害にも屈せず、自らの命すら厭わないものであり、ラストシーン近くには、まさにその衝撃の死が描かれている。
 そこで画面は転換し、その事件で亡くなった女性を悼む集会やデモの当時のモノクロの記録映像となり、これまで描かれてきたものが単なるフィクションではない歴史的事実であったことが重く告げられることになる。

 ここからは私的な感想であるが、自分が男性であるということから、この映画に登場する二人の男性に注意を惹かれた。
 一人は、主人公、モード・ワッツの夫、サニー・ワッツである。彼は最初、割合ニュートラルな存在として描かれるが、当初まったく闘争にかかわらなかったモードが、ふとしたきっかけでそれへの関わりを強めるに従い、もっとも身近にいながらも、彼女を敵視し、抑圧する存在となる。
 彼女を家から締め出し、息子ジョージを彼女から取り上げ、自分で育てられないとして、彼女に断りもなく他家へ養子に出したりしてしまう。まさにここで彼女たちが要求しているもうひとつの要求、母権の承認に対する直接的な抑圧者、加害者として立ち現れるのだ。

          

 もう一人は、彼女たちの闘争を取り締まる側のアーサー・スティード警部のありようである。彼は当初、弾圧工作に長けた冷酷な取締官として現れる。事実、彼の硬軟(軟は懐柔工作)取り混ぜた職務の遂行は、この映画における敵役的な存在といってよい。
 その彼が、映画の後半に至って微妙な変化を見せる。主人公モードが収監されている場所で、彼女がハンストで抵抗するのに対し、収監者側が拷問もどきの荒療治をするのを知り、それを軽減するような動きをしたり、抗議のための活動で非業の死を遂げる仲間と行動を共にしていて、明らかに共犯者であるモードを目前にしながら、それを見逃したりもしている。

 そこには、彼の良心といったものよりも、彼女たちの熾烈な闘いに気圧されながらもある種のシンパーシーを覚えるにいたる男性社会の側の動きが象徴されているように思ったのは私だけだろうか。

          

 かくして、彼女たちの願いがかなって、英国で女性の選挙権が得られるのは1928年のことだった。私が生まれるわずか10年前のことなのだ。
 ちなみに、エンドロールでは、世界の各国で、女性の選挙権が得られた年が列記される。これをみると、その歴史は意外と新しく、またいまなお女性の選挙権がない国々も連想される。
 
 冒頭で述べたように、日本でのそれは戦前からの平塚らいてうや市川房枝らの運動があったにもかかわらず、その時点では実らず、やっと敗戦時に戦後民主主義の一環として実現したものである。
 しかし、女性たちはただ消極的にそれを受容したわけではなく、女性参政権実現の最初の選挙、1946年の第22回衆議院議員総選挙では、一挙に466人中39人(8.4%)の女性議員が誕生した。

 この数字が当時としてはいかに素晴らしかったかは、その後、2009年の第45回総選挙に至るまでの60年余の間、この数字を超える女性議員が実現しなかったことを見てもわかる。
 なお、この国の女性議員の比率は、2015年時点において、世界186カ国中146位と低迷し、韓国や中国にも大差をつけられている。女性議員の方が多いところが数カ国ある中においてである。

          

 こうした諸権利というのは諸機械や装置同様、メンテナンスが必要で、それを怠ると錆びつき機能しなくなり、さらにはそれ自身が失われることすらある。
 何もこれは、女性の参政権のみの話ではなく、私たちの基本的人権そのものが、種々の管理、監視体制の中で、単なる建前のものに形骸化されているのではあるまいかと危惧せざるを得ない実情があるからである。

 その意味では、私たちの権利が獲得されるその現場そのものを彷彿とさせるこの映画は、私たち自身の権利意識が希薄になり、やがてはそれが機能しなくなるのを防ぐためにも、大きな参照点というべきだろうと思う。

 映画の話としては幾分固くなったが、冒頭から最後までこちらの視線をそらすことなく、とても良くできた映画だと思った。
 ちょっとくすんだ色調も、時代を感じさせてよかったと思う。
 かくも不屈に闘った20世紀初頭のイギリスの女性たちに、敬意と拍手を送りたい。

なお、先にこれを観た私の友人が、この邦題が似つかわしくないのではといっていたが、全くそのとおりである。原題の「Suffragette」は参政権拡大論者といった意味らしいが、「未来を花束にして」では一般的抽象的で何にでもくっつけられるような題であり、この映画の実情をまったく反映していない。
 とはいえ、私にもいい邦題は思い浮かばないが、原題をカタカナにして「サフラジェット」でも良かったのではと思う。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正男氏と正恩氏 金王朝の行... | トップ | 瑞浪あたりがなんだかきな臭... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
女性はもちろんの事、男性にも多くの人にみてもらいたいと願っています。 (さんこ)
2017-02-24 16:12:16
的確に主題を受け止め、現実のこの国の状態にまで視線を届かせてブログに書いて下さって、嬉しいです。
サウジアラビアが女性参政権を獲得したのが、2015年とでて来る最後のタイトルクレジットに胸を突かれました。
ノーベル平和賞のマララ ユフサザイさんの事も、浮かんで来ました。まだまだ世界から不平等、人権無視が無くなりませんね。
権利と言えば義務ですが、 (くろあしまる)
2017-02-27 23:42:02
日本国憲法第12条にも「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」と国民の負うべき義務が謳われています。
多くの犠牲を払って得た権利は、国民が努力して保持しないと国・行政権力から踏みにじられると憲法が警告しているわけです。
この映画はまだ見ていないのですが、映画を見た一般の人の映画評を見たところ、「この女性たちの行為はテロではないか」という意見が散見されていたことに驚きました。映画で表現されている、イギリス国家の女性たちに対する暴力を理解せず、彼女たちの反対行動を敵視する人がフツーにいるなんて日本も北朝鮮の指導者の後ろで拍手をする名もない人々と負けていません。
一方、アカデミー賞でトランプ大統領の悪口を言いまくっていたアメリカの映画人たちに日本は完封負けです。
お二人にお詫びを! (六文銭)
2017-03-04 11:38:50
 コメントを付けていただいたことに気づかず、その承認、掲載が大幅に遅れました。
 申し訳ありません。
 これに懲りずに今後共、ご感想のコメントなどお願い致します。
 ご指摘の内容につきましては、お二人のおっしゃるように、世界には、そしてこの国においても、人権の侵害はまだまだ多く、それらは不断の努力で獲得、維持してゆくべきものだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。