(新)緑陰漫筆

ゆらぎの読書日記
 ーリタイアーした熟年ビジネスマンの日々
  旅と読書と、ニコン手に。

時評 石巻市大川小学校の津波への対応について

2016-10-30 | 時評
(石巻市大川小学校の津波へ対応につい)
  この記事はさる27日にフェイスブックで掲載しましたが、その後大幅に加筆し、一部修正したものです。

2011年3月11日午後2時46分、東日本に巨大地震が発生し、石巻市も想定超える津波に襲われました。海岸から約4キロ離れたところにある大川小学校では、地震発生後児童54名をを校庭にあつめ、50分以上もそこに待機させました。その後近くの堤防に避難しましたが、辺り一帯は津波に呑み込まれ尊い命が失われました。この責任問題で仙台地裁は学校側に過失あり、との判断を下しています。この判決文を読んで、また学校や市、また住民などの関係者の反応をニュースで知って、少し違和感を感じました。

 まったくの部外者が何をいうか、と思われるかも知れません。しかし、明治から昭和にかけて繰り返し三陸沿岸を襲った大津波の歴史と事実を知るに及んで、過去の歴史に学ぶべきとの思いからから思いをひとこと書き留めておきたくなりました。またこの現場には昨年の夏に足を運び、大川小学校の校庭にある慰霊碑にお参りをしてきました。友人とともにその碑の前に佇んだ時は、幼い子供たちの顔が浮かんでくるようで、涙がこぼれる思いでした。結論を申し上げましょう。校庭にすぐ裏手に小山があるのです。樹々が密集し、学校側がいうような倒木や崩落の危険性は感じられません。ここに駆け上がって救助を待てばよかったのです。そうすべきでした。私が子供であったら、そうしたでしょう。事実子どもたちのうちの数名は教師の手を振り切ったそうしたのです。彼らは助かりました。どうして、そのような行動を取ったのでしょうか。彼らは祖父母から、古老たち先祖の教えでそうするように叩き込まれていたのです。

     

 実は記録文学者の吉村昭さんが1970年に『三陸海岸大津波』という題名で明治29年、昭和38年、昭和35年にこれらの地域を襲った大津波の実態を各地方をあるき回り、綿密に資料を集め、多くの人々に聞き取りをすることによって、津波の様相を描き出しています。これを知っていれば、地震のときにどういう現象がおこるか、津波はやってくるのかこないのか、どうすべきかなどを知り得たのです。

     


(『三陸海岸大津波』の教えるところ)吉村氏の著によれば、近年三陸海岸を襲って津波は三度を数える。これに加えるに安政3年7月の津波があるが、ここでは省略する。

 (1)明治29年6月15日:宮古から東南方で海底地震が発生し、それによって起こった大津波は三陸沿岸を徹底的に破壊した。その時次のような前兆がみられた。
    ・少し前にマグロや鰯などの大漁があった。安政3年の津波でも、そのような現象があった。
    ・夜になると沖合に青白い火が出現した。
    ・潮流の乱れ
    ・井戸水が濁りはじめた
    ・午後にはまれなほどの大干潮がみられた。

   地震が起こって20分を経過した頃から海水が乱れはじめ、海岸線から徐々に引きはじめ、引いた海水が沖合でふくれあがると、満を持したように壮大な水の壁となって、海岸方向に動き出した。沖合からドーンという大音響があり、音響と前   後して海上に火箭(かせん、提灯の大きさ)も見られ、怪火が沖合に揺れた。これはジャワ島付近のクラカトウ火山の爆発による大津波であった。津波の高さは、平均10~15メートル。この押し寄せる津波は、湾の奥に進むに連れて高くな   り、最大で50メートルにも達している。

 (2)昭和8年3月3日の津波:岩手県釜石市東方200キロの海底を震源とする地震が発生し、三陸沿岸に点在する村落は、再び壊滅的な打撃をうけた。津波襲来の前には、明治29年の折と同様な前兆が見られている。地震が起こったのは午前   2時32分、よく晴れた厳寒の夜であった。強震に驚いた人々は家から、走りでた。しかし震動が止むと、家の中に戻り布団の中に潜り込んだ。じつは、三陸沿岸の住民には、ひとつの言い伝えがあった。それは冬季と晴天の日には津波の来襲   がない、ということであった。しかし、その頃海上は急激にその様相を変え、海水がひきはじめ、やがて沖合の海は盛り上がり、壮大な水の壁となって、始めはゆっくりと、やがて速度を増し海岸へ突進して行った。津波は、3回から6回まで   三陸沿岸を襲い、多くの人々が津波に圧殺され引きさらわれた。その上、厳寒のしかも深夜のことであったので凍死する者も多かった。

    過去に学ぶからと言って、単なる伝聞とファクト(事実)を混同してはならないという教訓でもある。

   この地震の後、いろいろな反省がされ、県庁からは「地震津波の心得」というパンフレットが一般に配布された。それにはまず津波を予知する必要が説かれてきる。
    ”一、緩慢な長い大揺れの地震があったら、津波のくる恐れがあるので少なくとも一時間くらいは辛抱して気をつけよ。

     一、遠雷あるいは大砲のごとき音がしたら津波のくる恐れがある。
     一、津波は激しき干き潮をもって始まるのを通例とするから、潮の動きに注意せよ。また避難方法としては、
     一、家財に目をくれず、高いところへ身ひとつでのがれよ。・・・

 (3)昭和35年5月24日のチリ地震津波:5月21日気象庁は南米チリの大地震をとらえ、ついで23日4度目の地震が極めて激しい地震であることも観測した。これはハワイ沿岸にも広がり、60名の死者を出した。しかし、気象庁では、チ   リ地震による津波が日本の太平洋沿岸に来襲するとは考えず、津波警報も発令しなかった。その後大船渡湾にいた漁師などから海面の異常な動き~潮が強い力で引きははじめた~などで異変を知ったのである。これは、明治29年、昭和8年の   大津波とは根本的に異なる奇妙な津波であった。つまり津波は、地震にともなって起こるものとされていたのだ。人々は悠長に構えていた。潮の動きを訝しんで、高潮らしいとの報が海岸  の各所から消防本部に入るようになった。 しか    し、それを津波と結びつけるものはほとんどいなかった。しかし、海面の上昇は想像以上のものがあり、陸にあがった海水は人家をのみこみ、奥の方に進んでいった。この津波は三陸海岸全域を襲った。「地震がなても、津波が来    た」のである。

  このような地震は例外的なもので、予知はできなかったのであろうか? いや、ここにも学ぶべき過去の歴史があったのである。詳しいことは省略するが、はるか遠く離れた地域の地震によって起こった津波の来襲が過去にもあった。元宮古測候  所長の二  宮三郎氏は、旧南部藩の古記録やその他の史料をあさって行くうちに、津波の記録にも接した。今から220年前の宝暦元年に大槌地方を襲った津波の記録である。それによれば、地震の記載がまったくみられないこと、また津波の  時間がかなり長く、緩やかであることなどから、後に昭和35年の津波の実地調査にあたった折、あらゆる点で宝暦元年の津波と酷似していることに気づいた。また外国の地震史を調査した結果、宝暦元年の津波来襲の前日に、チリ津波の元と   なった地震の震源地と同一海域で、巨大な地震による大津波が発生していることをつきとめた。この二宮氏の比較調査は、チリ津波が決して珍しいものではないことを立証したが、その襲来を予知し警告を発しなかった気象庁はひとつの大き   な過失を犯したことになる。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ここで本論の仙台地裁判決に戻ります。石巻市側や学校関係者は、浸水想定区域外であったため、津波は予見できなかったと主張しています。しかし、想像を超える地震が発生したのです。だから、想定を超える事態が起こってもおかしくないのです。それに、”たいした津波もこないだろう”という希望的な甘い判断です。見たくないことには、目を向けようとしない、という感じすらします。これは私たち日本人の体質のようにも思います。

 大川小学校の校庭に児童を集めて、引率した女性教師は地元の人ではなく、区域外からこられていたと聞いています。おそらく津波の恐ろしさを十分に承知していなかったのではないでしょうか? そのため地震による建物の崩落から逃れるために校庭に児童を集めたのでしょう。いたずらに彼女を責めることはできません。学校全体としてこれまで繰り返された大津波の過去の歴史を系統的に学んでいれば、的確な判断ができたものと思われます。
     

 机上の空論のようなマニュアルを作るより、過去の歴史に学んで、現場の人たちが自己判断ででも行動を迅速に取れるようにすべきでしょう。また、それぞれの住民も、何処に過失があるのかなどという責任のなすりあいではなく、自らも過去の歴史に学んで、言われずとも各々で行動できるように勉強すべきでしょう。吉村さんの本は今は改定され、文庫本(文春文庫)で読むことができます。薄い本です。これを小学校の教材あるいは副教材として、必修すべきかと思います。

 最後になりますが、大川小学校の一部遺族や有志は震災の記憶を伝え残そうと「大川伝承の会(仮称)」を立ち上げたそうです。その会で津波で多くの犠牲者が出た名取市閖上(ゆりあげ)地区の資料館「閖上の記憶」を視察した時のことです。

 地区で息子を亡くした女性が1933年の昭和三陸津波について記した石碑が地域に残っていたことを紹介。”私たちは先人の学びを知ろうとしなかったのかもしれない。記憶の伝え方が重要だ”と訴えたそうです。


追記)平安時代の後期、869年には貞観地震と呼ばれるマグニチュード8.1の超巨大地震が発生しています。東京電力が原発の津波対策として、このことを十分に読み込んでいたのか疑問が残ります。やはり、過去の歴史には学ばなければならないと思うのです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エッセイ 秋に思う(続)~... | トップ | エッセイ 明るい笑顔を »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一言 (龍峰)
2016-10-31 19:05:15
ゆらぎ 様

小生も震災の後4年目に福島市から仙台の手前で海岸線に降り、仙台、石巻、雄勝、気仙沼、陸前高田、大船渡、釜石、大槌と海岸伝いに行き、引き帰した。随所に生々しく爪痕が残り、被害の甚大さに言葉をうしなった。当然この大川小学校にも寄り、手を合わせた。涙ぐむと共に無性に腹が立って仕方がなかった。何故、運動場に接している小山に登らなかったのかと。余りにも頭でっかちの先生方の判断能力の稚拙さにただただ呆れ、怒りがこみ上げた。日本人の咄嗟の判断力の弱さを見せつけられ、建前と前例主義の横行にやりきれない思いで一杯になった。今後も日本中、色々な場面でこの様な現象が生じる可能性があるのではないかと深く危惧している。
先日の判決後の関係者の言い分を聞いていても今一納得しがたい発言が多い。余りにも痛々しい多くの犠牲者には万言のお悔やみも、何の癒しにもならないだろう。そこで残された者、生き残った者の使命は何であろうかと考えてみる。それは繰り返し襲ってくるこの種の大津波に対し今回の数々の教訓を後世に伝え、極力将来の犠牲を防ぎ、愚かな判断がなされない様にするのが残った者のミッションだと思う。それには通り一遍の碑や説明文を残すのではなく、飽くまでも実際の被害を受けた遺物を残し、正しく百聞は一見に如かず、100年経っても見る者に、常識を超えた現実に起きたことを認識させることである。従っていろいろ意見はあろうがこの小学校も当然残し、後世に長く語りつがされるべきで物である。以前TVで、40年ほど前の津波で道路脇に建てた碑が現在は道路が移動し、道路脇から15mほど離れた藪の中に埋もれており、行政は無論知らないし、誰も気づきも見向きもしない。これでは何の意味もない。しかし数十年経てばこの様に現実の世界は変化して行く。今回の地震も数十年経てば、この様な例と同じ様になる碑も多いのではなかろうか。広島の原爆ドームを残すことも最初は反対の声が大であったが、残した。これがなかった場合、世界の広島として、人はこれほどまでに広島を訪れることはなかったであろう。今でもこみ上げる怒りに少し心乱れるものがあり、失礼しました。
悲しい事件です (九分九厘)
2016-11-01 07:06:30
 本件の第一審の判決内容の詳細をみていないのであるが、地方議会決議及び昨日の宮城県村井知事の記者会見によれば、津波は当該地域にとっては想定外であって、地方行政団体にとっては責任は取れないと言う結論である。そして控訴に持ち込むこと知事は明言している。恐らく、この事件は最高裁判所に持っていかれることになると思う。同じ被害の地域での裁判争いだけに、この裁判事件は双方にとって、まことに痛ましいことである。私も現地を訪れただけに本当に心の痛みを感ずるものである。
 憲法第12条は「すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、律法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」と規定されている。裁判はこれを原点として進められるはずであるが、問題は憲法の国の責任が、想定外の事件に対しては猶予されることが許されるかどうかの判断になるのであろう。憲法とそれに基づく法律は近代国家形成期、特に資本主義の伸長に伴う時期に作られたものである。裏を返せば人口増加と社会構成の複雑化に対する一種の社会倫理規定である。そこには人間の自由に対する多くの禁止事項や資本主義社会を保持するための打算的な規定が盛り込まれている。それでも日本憲法は現在のグローバルな社会に対応しかねないとして、その改正が論議されている最中である。
 まことに、痛ましい問題であるが最高裁判所にまで行って、この問題が全国民の新たな問題意識に曝される方がいいと思っている。ブログに書かれてある古来からの地震の記録は、当然地裁判決に詳細に検討されたことに相違ないと考える。問題は三陸地方のアリス海岸の各地域での被害想定に違いがあることである。今回の東北震災復興に於ける、土地嵩上げ高さに対してもその基準が各地域において異なり、このことが復興予算実施の線引になることから、いろんな問題が発生している。将来の大津波に対して今回の復興基準をオーバーする地域が出ると、想定外と言う問題を繰り返すことになる。
 釜石は古来から被害が大きくかつその記録状況から、群馬大学片田教授は東北震災の発生数年前から現存のハードの防御施設より避難そのものの考え方を変えるべきとして、釜石の学校生徒を中心に徹底した教育を行った。地震が発生したら、親も子供も先生も各自の自己責任で速やかに高台に非難する事を教えた。お互いに各自が自己責任で避難活動を起していることを信用することが第一とした。そして中学・小高校生には身近にいる年寄りを助けることを訓練する。その結果釜石では99.9%の生存率を残した事実がある。過去の災害に学ぶ事と、それを学び得なかった結果「想定外」と言わしめた重要な問題点、これをえぐり出したこの岩手県釜石の事実を、今後の高裁や最高裁がどのように取り扱うのか。もう一つの問題は、今の憲法や法律が近世以前の社会倫理を組み込んでいないことである。即ち、この種の災害の裁判は行き着く所「賠償」の問題となり、その責任論が現在の法律で解釈処理されることである。私は法律を勉強したことはないが、最高裁においても住民敗訴になる可能性もあると思う。そのときにはまた大きな社会問題を生み出すことになる。
重い一言です (ゆらぎ)
2016-11-06 09:39:08
龍峰さま
 万感の思いのこもったコメントをありがとうございました。深い共感を覚えつつ
拝読させていただきました。40年前の石碑が、いつのまにか”藪の中”という話はびっくり。ショックですよね! こういう事が再び起こらないためにも、大川小学校のエリアはすべてそのままに遺構として残すべきですね。これなら、どこかへ移すなどということはできないでしょうから。」
遅ればせのお礼 (ゆらぎ)
2016-11-06 10:10:23
九分九厘様
 この津波対応の問題について深く考えていただき、丁寧なコメントをありがとうございました。ご指摘の”最高裁判所にまで行って、この問題が全国民の新たな問題意識に曝される方がいいと思っている。”にはまったく同感です。その裁判の過程でいろいろな問題も俎上に上るでしょうから。「想定外」といっても、誰が、どんな基準で「想定外」と判断したのなどなど。ついでにいうと、法律論にはなじまない問題も出てくるでしょう。さらに言えば、法律は所詮後追いで、時代が変われば、また人々の考えが変われば変化すべきであって、過去の法律論をいつまでも墨守すべきではないような気がします。それからご紹介いただいた釜石の津波対応は見事ですね。いたずらに訴訟に持ち上げ、行政責任などと争うのでなく、行政・住民一体となって将来また起こりうる津波への対応をどうすべきか検討すべきでしょう。ご一緒して、防潮堤や盛り土、また交通手段再構築などもこの目で見ましたが、すこし違和感も残りました。

 いつもながらのご賢察に敬意を表しつつ・・・。

コメントを投稿

時評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL