飛呂彦の "My Treasure Box"

宅録、DAW、ギター、プログレ、ビートルズ、映画音楽など趣味の四方山話

ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル / ザ・ビートルズ

2016年09月19日 | ザ・ビートルズ
 Hollywood Bowlのライブ盤は1977年にリリースされたとのことで、ビートルズが解散してからかなり経っての初ライブ盤お披露目となったわけだ。私自身はなかなかこのアルバムを耳にする機会がなく、2年ほど前にようやく中古でレコードを手に入れた。そしてこの度、本アルバムがCD化され今月9日に発売となった。

 そもそもレコードを聴いた時に、ビートルズの演奏とずっと鳴り止まぬ歓声が全く別物で、まるで両方を無理矢理合わせたように感じたものだが、実際にはビートル・マニアといわれた黄色い歓声は彼らの演奏中途切れなく渦巻いていた。その中でPAシステムもない状況で演奏していたライブである。時には「カン」に頼って演奏していたのではないだろうか。もしそうだとしても、本当に素晴らしい演奏を彼らは聞かせる。さすがデビュー前も百戦錬磨のライブ活動を重ねただけのことはある。ビート・バンドとしての実力を発揮している。そんなことを感じさせる生々しいサウンドがリミックスとリマスターされたCDから飛び出してくるのだ。今回はLP盤の13曲に4曲がボートラとして加わった。いずれも未発表とのことだが大ヒットした「抱きしめたい」や大好きな Baby’s In Blackなどが含まれ私としては大満足である。

 ところで、ライブ盤というと、大方のアーティストは会場の臨場感をだすためかヴォーカルにリバーブやエコー処理をする場合が多いのだが私はそれがあまり好きではない。本アルバムもその処理は同じで、やはり声にリバーブが加えられているのが、CDの方ではまた違った響きのように感じられる。少し違和感を感じながらも全体を聴き通したわけだが、結論としては「やっぱりビートルズはイイ!」のである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バーブラ・ストライサンドの... | トップ | ジェネシスの A Trick Of The... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。