飛呂彦の "My Treasure Box"

宅録、DAW、ギター、プログレ、ビートルズ、映画音楽など趣味の四方山話

2017 今年のサッポロ・シティ・ジャズは「野宮真貴」ライブへ

2017年07月22日 | ミュージック

 11回目を迎えた今年のサッポロ・シティ・ジャズも、小野リサ、土岐麻子、渡辺香津美、われらが寺久保エレナなど魅力的なラインアップが揃う中、私が選んだのは「野宮真貴」。昨日がその公演日であった。

 昨夜はソールド・アウトで超満員。特設のテント会場も熱気にあふれていた。野宮さんと言えば元ピチカート・ファイブで、オシャレな渋谷系サウンドが頭に浮かぶ。だが、映画「男と女」のテーマ曲をカバーするなどフレンチな要素もあり注目していた。そして、釧路管内音別町出身、子供の頃は札幌や室蘭にも住んでいたとのことで、とても親近感がもてるシンガーである。

 ステージでは、ピアノ・ギター・ベース・ドラムスというシンプルな編成のバンドを従えて登場。何と1曲目は写真撮影が可能で、ライブの模様を積極的にSNSで発信してもらいたいとのこと。(ブログですがそうさせて頂きました。)冒頭は夏向きの曲をカバーしたニューアルバムWonderful Summerからの曲を中心に進行。途中でテレビのCMソングをいくつか披露。この曲、実は私が歌ってました!との紹介にどよめきと拍手が。さらに圧巻だったのはご当地CMソング・コーナーとして歌われた「千秋庵の山親爺」と「狸小路商店街の歌」。前者はバンドのメンバーも含めてとても良い曲と大絶賛、後者は私も充分に口ずさめるお馴染みの曲だが、実は作詞・野坂昭如、作曲・いずみたく、歌・朝丘雪路とボニージャックスだと紹介され、そんなにすごい人達が関わっていたのかと再認識。そして、アンコールではピチカートのメドレーが演奏され、コアなファンも満足できたに違いない。

 全体的に大人の雰囲気いっぱいの落ち着いたライブだった。もちろん野宮さんのファッションも含めてオシャレ感もいっぱい。フレンチ系の曲が演奏されなかったのが残念だったが、次回に期待しよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナログ・コレクション: エ... | トップ | 創元文庫「夜歩く」新訳版ジ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。