飛呂彦の "My Treasure Box"

宅録、DAW、ギター、プログレ、ビートルズ、映画音楽など趣味の四方山話

ロジャー・ウォーターズ25年ぶりの新作 “Is This the Life We Really Want?” はプログレか?

2017年06月16日 | ミュージック

 ロジャーのことだから、恋とかロマンスなどではなく、現代社会の抱える問題へのアンチテーゼ、心の叫びが歌われているのではないかと思われるが、輸入盤が到着したばかりで歌詞をしっかり見ていない私はこの新作のサウンド面だけから述べたい。

 誰もが知るようにロジャーはピンク・フロイドのメンバーだった人。そして今現在もフロイド時代の曲をツアーで披露している。その辺がどのようにこの25年ぶり(!)の新作に生かされているのか興味はあった。反面、デヴィッド・ギルモアの’15年のソロやフロイドのラスト・アルバム発売時には予約してまで購入した私は、あまり期待せずにこの新作の到着を待ったのも事実。ところが、予想外に良かった。

 1曲目からアコギと歌にストリングスが加わりロジャーらしい雰囲気で始まる。THE DARK SIDE OF THE MOONで聞かれたようなダイアログが所々挿入されている。演奏面では決して派手な楽器のソロなどはないのだが、独特の歌世界に引き込まれる。6曲目のタイトル曲まではじっくり聴かせる曲が続く。7曲目のBird In A Galeは少しアップテンポの曲で、ロジャーの雄叫びがドラマチックだ。9曲目のSmell The Rosesもアップテンポの曲でプログレ風の緩急ある展開に引き込まれる。フロイドのアルバムでは「アニマルズ」が結構好きなのだが、それと同じように犬の鳴き声が入り、まるで「アニマルズ2」の装いだ。

 ギルモアのソロ・アルバムRATTLE THAT LOCKがフロイドとは離れジャズなどの要素もある自由な作りだったが、ロジャーの作品は一貫して従来のロジャー節が聞かれるようなアルバムである。(ボックス・セットのSOLO ALBUM COLLECTIONを持っているので、それと比較した個人的感想。)そしてこのアルバムがプログレかどうか…、ジャンルにとらわれないロジャー・ミュージックだと思うがどうだろう?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョン・バリー映画音楽集 "TH... | トップ | やっぱりオフコースはイイ、、、 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。