君の友達

日頃思っていること、感じていることを書いていきます。

面接

2017年04月25日 | 日記

桜餅


今日は初夏並みの暖かさだそうです。

暖かくなると体がほっとするのか、体調を崩す方が私の周りにもちらほらいらっしゃいます。

よろしくご自愛の上、お過ごしください。


今、太郎君を駅まで送ってきました。

今日はある会社の最終面接。

予測、つきませんね。

私もこのブログの「人間力って何?」のネタにしようと思って、内定が出ても、万有引力の法則によって、地球に引き寄せられても、

太郎君の言動と、面接官の言葉(これは太郎くんを通じての情報なのでいささか曖昧)をしっかり観察することにしています。

が、会社によって、方針はいろいろなので一概に言えることではないですし、私は当事者ではないから、

太郎君の感想をそのまま(黙って)書いているところが多いです。

とりあえず前回の同社の面接後の太郎君の様子。


私 「どうだった?」

太郎君 「お祈り。」(ちょっとうつむき加減)

私 「・・・・・。」(「お祈り」とは就活生の間で使われている隠語で、我が家で言うところの「万有引力の法則によって地球に引き寄せられる」という意味です。←説明をしたつもりですが余計にわからなくなってしまわれた方は、先週の記事のどこかに書きましたので、探してみてください。)

太郎君 「あの会社とは合わないから、仕方ないと思うよ。」

私 「ふーん。」


その後の太郎君の報告を要約すると、

その会社(専門商社)の考えとしては協調性を重視しているとのこと。

はじめにそれを言われて、太郎君としてはやはりわかりましたと言えませんでした。

「大きな案件で、コンセプトもしっかり納得がいったうえでのことであれば自分として協調することもあり得ると思いますが、

ぼくの中での優先順位は協調性よりも主体的に動く方なので、あらゆることに対して協調性を第一に動くというのは僕にはできません。」

私の心の声「・・・確かにそうだ。」

その後、志望順位と、志望している会社名を聞かれ、太郎君は包み隠さず全部言ったうえで、

「この会社の志望順位は5番目です。」と、言い放ったとか。

私の心の声 「せめて2番とか3番にしろよ」

その瞬間面接官が(何人いたのかは知りませんが)下を向いてしまったと。


話を聞いて私もこれはだめだと思いました。あまりに正直すぎるのも相手を馬鹿にしていることにつながりかねません。

私 「やっぱりその会社、太郎君には向いてないよ。

みんなで仲良くワイワイガヤガヤやって、上司に言われたことはそのまま右向け右、なんて、太郎君には無理でしょ。」

なんて、励ましましたけど、半分・・・いえいえほとんどが本音。太郎君には向いてない。

「そんな会社、こっちから願い下げだぁ!」なんて、勝ち気な私と輪をかけて勝ち気な太郎君で、ビール飲み干しました。


が、数日後、またその会社から次の面接予定日の連絡がきたので、なんか、キツネにつままれたよう。

その面接が今日です。おそらく今この瞬間が、面接時間です。

太郎君頑張れ!


さっき、車の中で言ったこと、

私 「ひょっとして、説得にかかってくるかもしれないから、絶対負けるな! 内定につられるな。譲れないことは譲れないとはっきり言っておいで。」

太郎君 「わかった。」

この頃の良太郎君、素直過ぎて涙がちょちょぎれます💛


こんな感じで後何社かと面接がすすんでいます。

太郎君の本命はほとんどが6月以降に内定が決まります。

今ここで内定をえさに第一志望にしろと言われても・・・。でも内定ほしい・・・。


結局、どこが悪くて万有引力の法則によって地球に引き寄せられるのか、どの部分を評価されて内定が出るのかなんて、

私なんかには最後まで分からないかもしれません。(ちょっと弱気)

今のところ、就活が楽しそうで、嬉々として面接に向かっていますので、それが最後まで続けばいいなって思います。

以上。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 父の入院~その後 | トップ | 面接2 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面接官が (雄陽丸)
2017-04-25 23:58:45
下を向く姿が、
それに似ているから
「お祈り」と称するんでしょうかね?
では又(^^)/
お祈りとは (ROKO)
2017-04-26 15:20:50
面接官に他の会社を頑張ってくださいと言われるところからだと思います。
成程 (雄陽丸)
2017-04-26 21:39:29
「次の所でのご健闘をお祈りします」と言うわけですね。
でも就活生としては、「要らぬお世話だ、御祈りなんかして貰いたくぁ無いよっ<`ヘ´>」
と言いたいですよね。
安達祐実なら(古っ)「お祈りするより内をくれ」
と言うところでしょう、では又(^o^)丿。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。