幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

【映画・君のまなざし】手塚理美さんが、マジで凄いらしいです。

2017-05-14 19:52:18 | 映画情報

※大変ご好評いただいている記事の更新です。

  お陰様でベスト10入りできました。応援クリック応援お願いします! 

5月20日(土)から、幸福の科学の映画「君のまなざし」が上映されます。

高知では老舗「あたご劇場」で、6月9日(金)まで上映です。

地方によって、上映期間等違いますのでご注意を。

さて先日の3日に、徳島で試写会があって、と言っても、「前半部だけ」という異例の試写会でして、これがこの作品の性格を現わしているとも言えますね。

どうやら、「謎が謎を呼ぶ」そう、ミステリー作品のようです。

私は当日、仕事で参加できなかったのですが、参加なさった方に伺っても、「どうも皆さん口が固いな」と思ったのは、そういう経緯が影響しているのかな。

そんな中、Mさんという女性信者さんから伺った情報によると、「とにかく、手塚理美さんがスゴイ!」と。

「何がスゴイの?」とお聞きすると、「演技が凄くて怖い」と。

PVを拝見すると、手塚理美さんは幽霊役のようですね。

なるほど、でも幸福の科学は霊界情報が盛りだくさんの教団でして、霊界情報が多いと、意外に幽霊を怖がる人は少ないんですね。

不成仏霊と言っても、「怖い」というよりは、「可哀そう」と思えてしまう人が増えるんです。

なぜなんだろうと思うんですが、やはり、「理解できる」という前提があるのかなと思います。

いろんな方を観察してみると、どうやら、宗教とか霊界とか信じない方、無神論的、唯物論的な思想信条をお持ちの方のほうが、幽霊などの心霊現象を怖がる傾向にあるようですね。

やはりそのこころは、「わからない=怖い」という論理が垣間見れます。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12872

そしてこれは、とある信頼できる筋からの情報ですけれども、どうやらこの映画の凄さは、「リアルなあれ」にあるらしい。

これまでの幸福の科学映画の大きな大きな特徴は、霊界を含めた真理に関する、超リアルな情報にありました。

たとえば、第1作「ノストラダムス戦慄の啓示」では、当時の最先端CGを駆使した、予言と光と闇のメカニズムの映像化がリアルでした。

「太陽の法(アニメ・2000年)」では、宇宙創生、生命の創生、そして私が印象的なのは、法華経が説かれた場面の、緻密で具体的な描写でした。

「永遠の法(アニメ・2006年)」では、再現不可能と言われていた霊界、特に、高次元霊界の描写が見事で、今でも「最も美しい幸福の科学映画は永遠の法」と仰る方は多いです。

最近では、「ファイナルジャッジメント(2012年)」では、私見ですけれども、現代版新約聖書、つまり、イエス・キリストの物語の完全現代版と言える内容であったかと思うのです。ファイナルジャッジメントでは、「聖書を読んでいる人の方が、一般的な幸福の科学信者さんより理解が深い」という、究極の外向き作品(笑)でして、トランプ革命など、それは少しづつ、現代に影響力を発揮しつつあります。

一昨年の「UFO学園の秘密(2015年)」は、これまたリアルな宇宙情報、ならびに、世界の大国の国家機密に至るまで、その筋の方が見れば仰天の内容でした。

昨年の「天使にアイムファイン(2016年)」も、これまたリアルな、「天使の日常」を描いた作品だったと思います。

様々な要素がある幸福の科学映画ですが、要するに「何かがリアルだ」ということが大きな特徴だとすれば、最新作「君のまなざし」は、何がリアルな描写かというと・・・。

う~ん、苦しい。

うまく表現できる自信がないですねぇ。

お聞きして、びっくりしましたし、「これは、霊的な情報が豊富な、幸福の科学でしか、絶対にできない!」と思ったのですが・・・。

どうしよう。(苦笑)

http://are-you-happy.com/2016/6174/

ええいままよ!

どうやら、リアルな降魔が描写されているようです。

そう、CGとか演技ではなく、リ・ア・ルなそれです。

つまり、実際に出演者に悪霊を入れ、それを自身で降魔するのか、他の誰かなのかはわかりませんが、どうにかして実際に降魔するらしいのです。

これは幸福の科学においても、秘儀に属することですが、であるからこそ、俳優としては無名である3人が、主役としてキャスティングされているらしい。つまり、「この3人なら、降魔ができる」という基準であるらしいのですね。

ああ、言っちゃいけないこと、言っちゃったかも。(^^;

ということで、5月20日(土)、高知あたご劇場でお待ちしております。

私の独り言だけでは、布教になりませんので(笑)、幸福の科学の経典『幸福の科学とは何か』から、意外な霊界情報をお届けいたします。

              (ばく)

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします! 

映画「君のまなざし」キャストインタビュー

天使の幸福-Crystal Version 音楽:水澤有一

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=204

霊界と言ってももちろんいろいろありますが、大きな意味で言うならば、この地上世界を去った世界のこと、すなわち、私たちの肉体が死したあと、私たちの魂とも言うべきものが赴くところということになりましょう。

ただ、ここでだいじなことは、どうか、目に見えぬ雲の上の世界とか、そういうところに霊界があるように思ってほしくないということなのです。

じつは、私たちが生きているこの同じ空間のなかに、霊界もまた存在するのだと知っていただきたいのです。

もちろん、霊界についての説明をいろいろ読むと、それが何段階にも分かれていて、上下の差があるように言われています。

その意味においては、高級霊界と言われるところが、地上何千メートルとか、何万メートルのところにある感じだと言われておりますが、あくまでもそれは、地上にいる私たちがわかるような範囲で説明し、比喩をすればそのようになるということであって、じつは霊界の霊界たるゆえんは、この物質世界と共存しているというところに意味があるのです。

ですから、遥かなるかなたにあるものではなくて、私たちが住んでいる世界に、同時にそうした世界があるというふうに考えていただきたいのです。

それはちょうど、私たちのこの世界に、目に見えない電波が飛び交っているのとよく似ています。

たとえば、テレビを置いてそのチャンネルを回せば、一チャンネルから十二チャンネルまでいろんな映像が映りますが、これと同じように、その映像相応の電波が空間を、またこの地上を飛び交っているのです。

同じように霊界というのも、言ってみればそうした電波や電磁波の波長のようなものであって、波長が違い、周波数が違うから違う世界を創っているだけであって、実際はまったく別なところにあるわけではないのです。

つまり、テレビのチャンネルのように、その波長を受信する装置があれば、あるときは地獄界という世界が映り、あるときは霊界となり、あるときは高級霊界という景色が映るということになりましょう。

経典『幸福の科学とは何か』P34~36

関連記事 手塚理美・黒沢年雄・黒田アーサー 次の映画は、ミステリー⁉

振り向けば愛~「ファイナル・ジャッジメント」挿入歌

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国新大統領=ムッソリー... | トップ | 大川隆法総裁 講演会「永遠な... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (英)
2017-05-08 01:09:05
確か、君まなの本の中に、
新たな秘儀が、2つも、
あるそうな。
それかな?
Unknown (デーグー)
2017-05-08 19:28:25
かつての映画、題名、忘れた_(._.)_
で、
「この映画でエルカンターレファイト」
を公開して善いのか!?
と言ったのが、、大川ひろしその人
だと、、何処かの本で読んだ
デス、、、楽しみデスばい(゜_゜)
Unknown (でーぐー)
2017-05-08 21:27:43
面白いことに
幸福実現党の与国ひであきさんが
5月13日に
復活とのこと・・何処かで
現実に戦う・・・
戦う男は戦う。
ふたつも!? (ばく)
2017-05-09 20:07:49
英さん、「新たな秘技がふたつも!」ですと!
これはスゴイ情報です。

コメント、ありがとうございました。
与国さんが。 (ばく)
2017-05-09 20:11:21
デーグーさん、与国さん、尊敬します。

まるで現代に、三島由紀夫が降臨したかと思うような方ですね。

大川宏洋は、映画つくりは上手いです。
キャスティングが作れるようになれば、大作をつくれます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。