幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

清水富美加(法名・千限美子)超一流の雑談力と、『君のまなざし』CM問題

2017-05-26 00:52:48 | TV番組・芸能・スポーツ

  お陰様でベスト10入りできました。これからも応援クリックお願いします! 

映画初出演3人が主役なのに、大反響を呼んでいる映画『君のまなざし』

な、なんと、Yahoo!映画の「泣ける映画ランキング」1位を獲得したそうです。

そう言えば、昨年春の映画『天使にアイムファイン』も、号泣映画でした。

「天使』と『君の』は、同じ泣けると言っても、ちょっとタイプが違う感じですね。

『天使』は、雰囲気が明るいのに、なぜだか観客が号泣している、しかも、偶然通りすがりに、映画館に入ってきたオジサンとかが泣いているという、実に不思議な作品(笑)でした。

かく言う私も、れっきとした由緒正しきオジサン(笑)ですが、見るたびに毎回泣いちゃうので、その都度、「なんで俺、泣きゆうがやろうかぁ?」と。(爆笑)

涙腺は、とっくに枯れ果てたと思っていたけれども、「俺にもまだ、ちゃんと涙が残っちょった。」と。

『君のまなざし』は、ジーンとくる感じで、自然に涙が浮かぶ感じですね。

さて、この映画『君のまなざし』高知では、テレビCMが流れています。

他の地域でも、”地方”では・・・テレビCMが流れているようですね。

ただ、伺った情報によると、東京そして東京周辺の関東地域の大部分では、『君のまなざし』のテレビCMは流されていないらしいです。

この現象には、どうやら、この冬話題になった、清水富美加(法名・千眼美子)さんが所属していた、某事務所が絡んでいるらしい。噂ですけど。

どうやらその、某レプロ事務所が、東京のキー局に、『君のまなざし』のテレビCMを流さないよう、働きかけをしているらしいんですね。

ですから、芸能タレントさんの影響力が小さいところでは、芸能事務所の影響力も小さいようです。

テレビ局、特に東京のキー局だと、売れっ子タレントを出さないと視聴率が取れないので、実質、大手芸能事務所の言いなりになっているのは、清水富美加出家騒動で、我々一般ピープルが知りえたことで、彼女は日本に巣くう、大いなる闇をあぶりだしました。

その清水富美加(法名・千眼美子)さん、お元気になって、旧事務所との関係も無事に解消されて、晴れて復帰となるようです。

Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000002-dal-ent

それも、幸福の科学の”新”芸能プロダクションから復帰ということで、芸能プロダクション立ち上げ2作目の映画で意気上がる、ニュースタープロダクションではなく、「アリ・プロダクション」からだというから驚きです。

アリ・プロには、千限さんの他にも、『天使にアイムファイン』の主役を好演した、雲母(きらら)ちゃんも加わるそうで、それは楽しみなことです。

幸福の科学は今後、6作ほど新たな映画構想があるようで、どうやらニュースタープロダクションだけでは、手が回らないということらしい。

まぁ大川宏洋社長の仕事は早いが、本格派作品が多いので、大量生産には向いていないかもですから、「もう一つ必要」とあらば、そうかも知れませんね。

しかしもうこうなったら、「幸福テレビ」でも開局していただきたいものですね。

ところで件の千限さん、復帰直前に収録された、大川隆法幸福の科学グループ総裁との対談の公開放送を、高知支部精舎で拝見いたしましたが、古い信者の私はびっくらこいてしまいました。

何に驚いたかというと、”雑談力”です。

千限さん、さらっと2時間ほど、大川隆法総裁と雑談をしておりました。

 https://happy-science.jp/info/2017/26046/

何度か大川隆法総裁は、公開トークをやっておりますが、大川隆法総裁と”雑談”ができるだけの人物というのはとても珍しいです。

私の記憶では、故・渡部昇一さんくらいではないかと思うんですね。

最近、新年度になりましたので、私の職場(病院)にも新しい人が入ってきましたけれども、さらっと雑談ができはしないです。できるとすれば、他の医療施設で、同じような仕事をなさっていた人だけです。

「若いのに、スッゲーなぁ。」と感心しまくりでした。

そしてどうやら、千眼美子として、本日夕方のフジテレビのニュース番組に、独占インタビューで出演するらしい。

内の偉大なる嫁様が、録画予約をしていたので、明日ゆっくり見てみようと思う。

なにかと幸福の科学は動きが激しいが、それは「必要とされる時期に間に合わせる」という概念があるから。

ただ宣伝効果を狙うなら、今なら映画期間ですので、「ニュースタープロ移籍」とする方が、テレビ系も報道しやすいというものです。

幸福の科学は常に先手先手ですので、今、タイムリーなら、「なんで?」と思うこともあるが、それは必ず、数年後、ピタっと合う時期がくるから不思議です。

ともあれ本日は、1994年東京ドーム公演『永遠の挑戦』の抜粋を。

今年は、超久しぶりに、東京ドームで講演しますので、この情報もまたお知らせできたらと思います。

                (ばく)

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします! 

 

映画「君のまなざし」キャストインタビュー

悪魔からの防衛術【CM動画】

「自由」という言葉は、確かに、尊い響きを持っているが、自由には方向性が必要である。

「天に向かう自由」か、
「地獄の底に向かう自由」か──。

もし、それが今の世の人たちにわからないのであるならば、それを教えなければならない。

(中略)

人間の身体や、この世のものごとを、すべて物質として考えれば、
何ら問題がないように見えるかもしれない。

しかし、人間の本質は肉体ではなく「魂」であり、
その魂の中枢である「心」こそがすべてなのである。

いま地上にあっては、身体と魂は不離・不可分になっているが、
やがて死を迎えるにあたっては、
魂だけが、
あなたがたの、実際の、実在の存在となる。

その時に、
あなたがたは、いったい、どのような存在であるかというと、
心に思ったことの集積がすべてとなる。

地上を去った世界である地獄界には、
さまざまな地獄があるが、
そのなかの一つに、「色情地獄」というところがある。

古来、「血の池地獄」と言われているところである。

男性が女性を恋い慕い、女性が男性を恋い慕うことは、人間としての本能であるが、
そこに、人間としての尊厳に基づくルールというものがある。

そのルールを守っているか否かが、
天国と地獄を分けることになる。

貪る心のままに、欲情のままに、その人生を生きたとき、
人は、死後、色情地獄というところに堕ちる。

(中略)

恥ずかしいという心、羞恥心を失ったとき、
人間は動物と同じとなる。

そして、死んだのち、
ある者は「畜生道」へ、
そして、ある者は、いわゆる「血の池地獄」へ堕ち、
本能のままに、数百年の人生を、そこで送ることになる。

それを止めたいのである。

それは、昔話ではなく、現に今も現実化し、
日々、起きていることである。
『永遠の挑戦』(幸福の科学出版)P12~20

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サブキャラクターがバツグン... | トップ | 清水富美加(千眼美子) 出家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV番組・芸能・スポーツ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。