幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

【THE 強運の星】☆七海ひろこ☆が来高します。

2015-09-30 17:41:30 | HRPアイドル七海ひろこ

幸福実現党 七海ひろこ お嬢様系美女「前向き女子」の素顔

七海ひろこ 幸福実現党広報兼財務局長  

  ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

明日10月1日(木)、七海ひろこ(ななみひろこ)幸福実現党広報兼財務局長が、来年の参議院出馬予定の、「福山正敏さんを励ます会」のゲストとして来高します。

先日ご結婚なさった、福山雅治・・・ではなく(笑)、「福山正敏を励ます会」です。

 

福山正敏(ふくやま まさとし)http://kawashimatokubetsushibu.kofuku-no-kagaku.or.jp/

 

七海ひろこをご存じない?そうでしょうねぇ。(笑)

個人的に、私は大ファンです。(爆笑)

ですので、この記事を書くのに、とても手間取りました。

なぜかというと、この女史、良い画像が少ないからです。(笑)

この方、写真写りが悪すぎるんですねぇ。(爆笑)私が見た七海さんとは、どれも違うんだなぁ。

写真写りの悪さは、この女史の、唯一の欠点だと思いますね。(大笑)

七海さんは、何度か来高しています。私が最初にお会いしたのは、2012年、彼女が弱冠27歳のときです。

肩書きは、幸福の科学の「国際局長」としての来高でした。

当時弱冠27歳で、日本国内より海外信者数が多いと言われる、幸福の科学で国際局長。

これが意味するものは、この女史が、「とにかく仕事ができる」ということですし、七海ひろこは「任せられる女」なんですね。

 

「政界往来」という老舗政治ブログが、幸福実現党を支持してくださっていて、七海さんの応援記事を書いてくださってます。

ただ、まだまだこの女史の表面から垣間見える、ほんの一面しか紹介してくださっていないように思えるんですね。http://www.seikai.jp/category/extract/article_id/2421/


この女史、ほわほわほわ~っとした雰囲気(笑)をしていますが、それだけじゃぁないんです。

2012年・・・と言えば、どのような年だったか?

その前年11月から、大川隆法総裁は、南米ブラジルを皮切りに、フィリピン・香港・インド・ネパール・シンガポール・マレーシアそしてアフリカウガンダと、全世界を巡錫して回った年なんです。

どこにおいても、数万人単位でのご講演で、ネパールやアフリカ諸国においては、地元国営放送で生中継放送までされ、テレビ放映を含めて、億の人々が見た世界巡錫です。

それが今の、日本の信者数より海外の信者数が多い・・・と言われる幸福の科学につながっているのですね。

そう、今の幸福の科学は、世界で一番新しい世界宗教ですが、そのきっかけを作った世界巡錫を総括し、その切りもりしていたのは、この「七海ひろこ」です。

これって、凄いことだと思いませんか?弱冠27歳で・・・ですよ。

しかも女の子ですよ。この方、一見するだけなら、ホント、ただの女の子ですよ。(笑)

この方、「でもぉ。」とか、「それでぇ。」とか、そういう口調ですし(笑)、しゃべり方や佇まいは、今風のただの女の子です。(爆笑)

ですが、幸福の科学大川隆法総裁は、たった27歳(当時)の女の子に、全世界巡錫の統括と、切りもりをまかせたのですね。

 

          大川隆法総裁 アフリカウガンダ講演

人類で5大陸すべてで講演したのは、大川隆法総裁が最初で最後だろうと思います。

いくら大川隆法総裁の教えに国際性や普遍性があっても、実際に5大陸巡錫なんて、前人未到のことですよね。

マニュアルがあるわけでもなく、もちろん、参考になる前例などありません。

まかせちゃう大川隆法総裁も凄いけど(笑)、大役をまかされて実際に成し遂げた、この若い女史も凄いと、私は素直にそう思います。

しかしこの方・・・ ・・・ ・・・、か・・・カワイイです。(笑)

実は・・・、「自由人の集い」と言えば聞こえは良いけれども、全国一わがままとも言われ、「最も幸福の科学らしくない支部。」とか(笑)、「日本で似ている支部はなく、ブラジル支部と、最も雰囲気が似ている。」と、大川隆法総裁に言わしめたのが高知支部信者たちです。(爆笑)

普段は言いたい放題、口の悪い系の信者たち・・・。まぁ、その筆頭が私なんですけど(笑)、皆すっかり毒気が抜けちゃてた・・・ですね。(爆笑!)

「ほ・・・惚れてまうやろぉーーーーーーーーーーーーお!!」

と叫ぶのを、必死でこらえていたのは、私だけではないはずです。(笑)

事前に「豊かさオーラを持っている方が来る」とは聞いていたけれども、それだけでは、説明が付かないんですね。

何?この華やかさは?
これが豊かさのオーラなの?

この女史は、私を始め口うるさいわがまま信者の、毒気をすっかり抜き去った感があります。

誤解されてはいけませんが、毒気を抜かれたのは、男性信者さんだけではありませんからね。(^^;

高知信者の老若男女、すべての人たちが・・・です。

これは、彼女にお会いしたご経験のある方には、ご理解いただけると思います。

実は、七海さんの過去世は、岩崎弥太郎と言われています。

言わずと知れた、高知県出身の、三菱財閥の創立者ですね。

う~ん、なんとなく似ているような・・・(爆笑)

岩崎弥太郎のイメージと言えば、大河ドラマ「竜馬伝」で香川輝之氏が演じた、きったない郷士の風貌や、漫画「お~い竜馬」での、金に意地汚い人物というのが、現代では通例でしょうか。

残念ながら。(笑)

しかし、幸福の科学出版から発刊された書籍、龍馬降臨では、

「弥太郎は、可愛らしい奴じゃったぞ。」と龍馬霊から評されていましたので、これらは実際の人物像とは違い、巨万の富を築いた者への嫉妬心や、やっかみを含んだ、創出された弥太郎のイメージなのかも知れませんね。


実際に、七海ひろこさんは、実に可愛らしいお方でした。

「何でオッサンの魂(岩崎弥太郎)に、可愛いと思えるの?」と、大変失礼ながら、私はそう思っちゃいましたね。(爆笑)

七海さん、岩崎弥太郎の前の転生は、太閤秀吉の妻ねね(おね)さんだったとか。


秀吉の妻 ねね(おね)北政所

だとしたら納得です。(笑)

「ねね」さんと言えば、信長・秀吉・家康、戦国三傑に一目置かれる女性・・・。

まぁはっきり言えば、頭が上がらんかった女性ですね。(笑)

そりゃあ、私ら一般ピープルの魂では、クラクラするのは仕方ないですね。(爆笑)

七海さん、初の高知講話会の冒頭、開口一番で、「高知支部の皆様ぁ。○○○○、○○○○○○ぁ。」と挨拶なさって、高知支部信者一同の心を、ガバッとワシ掴みです。

で表記したのは、来高当日、ご本人がおっしゃるかも知れないからです。(爆笑)

まぁ、彼女が何を言ったか・・・が問題ではなく、この女史がたった一言で、聴衆の心を一気にワシ掴みできる人だということです。

つまりそれだけの、心使いができる・・・ということですね。

ねねも岩崎弥太郎も、共に這い上がってくる力強さ、バツグンの仕事能力、そして強運の星があります。

だからこそ大川隆法総裁は、ブラジル~アフリカへの海外巡錫という大仕事を、彼女に託せたのだと思います。

そしてこの方は、サービス精神がすごいですね。

対面してお話しするとき、ず~~っと、話相手の手を握っているんですね。(笑)

そうこの方、相手の手を握ったままお話ししてて、手をずっ~と離さないんですよ。

老若男女、もうメロメロですよ。(爆笑)

戦国三傑がメロメロの魂ですから、私ごときは、イチコロですよ。(大爆笑)

こんな感じです。 

【超わかりやすい!】幸福実現党 七海ひろこからのお願いm(__)m

高知で握手と共に、七海局長、私に曰く。

「海外の活動は、日本の皆様の、援助なしではできません。」
「どうか、よろしくお願いいたします。(ペコリ)」

「あんたにそう言われちゃぁな・・・・。おじさん・・・、がんばるよ。(照れ笑)」

偏屈猛毒信者(私)に、自然と、そう言わせちゃうんですよねぇ。(笑)

今回ホントは、参議院に出馬予定の福山正敏さんのことも書かなきゃいけなかったんですけど、私は七海ファンですので、記事が随分と長くなりましたし、書く時間もなくなりました。(爆笑)

福山さんの記事は、また改めて企画したいと思います。(笑)

とにもかくにも高知の多くの方々に、戦国三傑をクラクラさせた、繁栄のメロメロ光線(爆笑)を体験していただければと願います。

          (ばく) 

演題 「福山正敏を励ます会」

日時 10月1日 19時から

会場 幸福の科学高知支部精舎

〒781-8105 高知県高知市高須東町2-11  

TEL:088-882-7775 FAX:088-882-7779 

  

高知支部精舎
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【かなりヤバイ】琉球独立学... | トップ | 習近平の知性は、ナメクジ程... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。