幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

運命を変える、もう一つの世界。これは夢か現実か。

2017-05-20 00:45:46 | オープニングメッセージ

  お陰様でベスト10入りできました。これからも応援クリックお願いします! 

幸福の科学月刊誌オープニングメッセージ集「心の指針」より

「先入観を白紙に戻せ」

あなたを苦しめているものの正体は、
ある種の先入観ではないか。

まず最初に、
親が、あなたにそう教え込んだのではないか。

子供の頃に受けた教えやしつけは、
大人になっても、なかなか抜きがたいものだ。

真っ白い生地に刷り込まれた観念は、
そう簡単に洗い落とすことができないものだ。

その先入観によって、他人を裁き、
自分の成功、失敗、幸不幸を決めつけてはいないか。

ある時代の、
ある国の、
ある地域の、
ある人々によって創られた観念が、
世界に通用するわけではない。

親以外では、兄や姉、
教師によっても人生観は形成られる。

自分の先入観を、一度、白紙に戻すがよい。

人間、三十五歳を過ぎたら、自分の考えに責任を持て。


高度な教えを学び、先入観を白紙に戻して、
自分自身が納得する考え方を、
もう一度、創りなおすがよい。

「心の中の野獣」


自分の心の中には、野獣が棲んでいる。その事実を知ることは、
とてもつらいことである。

抑えることのできない食欲や情欲。
怠惰な睡眠欲。
他人の悪口を言い、けなす心。

肉体を持つ身は、
規則正しい生活すら、ままならない。

ああ、どうして、
五官煩悩を意識の支配下におくことが、こんなにも困難であるのか。

それはおそらく、
自由の制限に見えるからであろう。

杭に鎖で縛られたかに感じるからであろう。

鎖で縛られ野獣は、「自由」を得んとして暴れ、
全身傷だらけ、血だらけになる。

悲しいが、
真実は逆である。

肉欲で縛られることが魂の不自由であり、
自分の心の中の野獣を調教できることが、
魂の真なる自由である。

信仰なくば、
真の自由は得られないものだ。

「勇気ある人」

まいた種は刈りとらねばならない。

これは有名な言葉であるが、
その真実の意味を体得したならば、
悟りを手にいれたに等しいと言ってもよい。

この世界は、
二種るの人間で成り立っている。

一つは、

環境に流されて、
自分はこうなったと考えるタイプの人間。

もう一つは、

自分の意志の力で、環境を支配し、
成功や幸福を手に入れる人間。

前者は、
愚痴や不平不満、
嫉妬心や劣等感ね虜となる。

自分の失敗を、
自分の考え方や努力の不足とは考えない。

必ず人のせいや、貧しかったこと、
学歴不足や、生来体が弱かったせいにする。

救済を待っている人々だ。

だが勇気ある人は、
ひたすら苦難を乗り越え、
自己鍛練に打ち込む。

種をまいているのは自分自身だと、
信じて疑わないものだ。

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします! 

大川隆法総裁 講演会 「勇気ある決断」(北海道・苫小牧市民会館)より

熱意って何だろう ―大川隆法総裁 心の指針150―

 

STORY】
大学生の健太は、友人の朝飛(あさひ)に誘われ、夏休みに長野のペンション「たちばな」で住み込みのバイトをすることになる。そこで、以前に神社で出会った巫女のあかりと再会し、いっしょに働くことに。ある夜、不思議な現象に見舞われた健太は、ペンションに重大な秘密が隠されていたことを知る。そして、あかりとともに、その真相を探っていくのだが…。


 

映画『君のまなざし』
2017年5月20日(土)全国公開

 

梅崎快人 水月ゆうこ 大川宏洋 日向丈 長谷川奈央 春宮みずき 合香美希
手塚理美 黒沢年雄 黒田アーサー
製作総指揮・原案/大川隆法
監督/赤羽博
総合プロデューサー・脚本/大川宏洋
音楽/水澤有一
製作・企画/ニュースター・プロダクション
制作プロダクション/ジャンゴフィルム
配給/日活
配給協力/東京テアトル

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題です。トランプ大統領が... | トップ | The best of movie!『君のま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。