幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

【規制緩和】増税するくらいなら、法律を減らせ!

2016-10-16 22:23:51 | 幸福実現党の願い

   ランキングに参加中。クリック応援お願いします!  

かつて民主党政権発足時、行政の仕分けをしていましたね。
無駄の廃止が目的だったと思うのですが、大した節約にはならなかったようです。

当たり前です。
根本的な問題を解決していないからです。
なぜなら、法律の仕分けをしていないからです。

法律を実行するのには、予算が必要です。
事実上、法律の数だけ、予算が必要なのです。

ですから、本気で行政の仕分けをし、無駄の廃止の成果を得たいのなら、まず、いらない法律の仕分けをしないといけません。 

   ◇東京10区 幸福実現党 吉井としみつ候補 (抜群の経済通) 

増税するなら、行政の無駄を排してからです。
それは、法律を少なくすることです。
法律を排さずして、予算をケチっても、行政の質が悪くなるだけです。

安倍政権に限らず、既存の政党が、すべて増税路線です。

法律=予算ですから、消費税を10%にまで上げるくらいなら、法律を1割仕分けするべきです。

いらない法律が1割減れば、その分規制が緩和されて、新産業が生まれ、予算も効率よく市場に流れます。

ですが、法律には予算が付きまとうので、政治家や官僚は、なくしたがらないのです。

法律があることで、予算が生まれ、そして既得権益が生まれます。
その結果、政治化には政治献金と票が入り、官僚には、天下り先が手に入ります。
 
日本は民主主義国家であり法治国家。
高知国家の為政者や役人にとって、法律は合法的なパワーであり、事実上の権限なのです。
 

 

   ◇福岡6区 西原ただひろ候補 (お悩み相談の達人)

為政者の方々、そして国政を預かろうとする方々、消費税を10%にするおつもりなら、まず法律を1割減らしなさい。
それができないと言うなら、税金にたかる寄生人です。

国民の皆様、法律を減らす=規制緩和を高らかに訴えない政治家を、今の財政厳しい日本国の代表として、今後は選んではなりません。
それは、日本国民の税金にたかる、寄生政治家です。 

減税・規制緩和・新産業創出の、幸福実現党のご支援をよろしくお願いいたします。
 
           (ばく)

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします! 

2016幸福実現党TVCM(全26種)

吉井としみつ候補と学生部とのコラボ街宣 in 池袋駅  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【幻の名車S360】役人が... | トップ | 『希望の発明』『経済的苦境... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。